【秀麗伝】23話と24話のネタバレ感想。伯姫が結婚!? | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【秀麗伝】23話と24話のネタバレ感想。伯姫が結婚!?

「秀麗伝」しゅってん:Amazon.co.jp

Writer: Kino

秀麗伝しゅうれいでん~美しき賢后と帝の紡ぐ愛~】23話と24話のネタバレ。河北へ行くことになった劉秀は、危険から遠ざけるために麗華を実家に帰そうとしまが、彼女は聞き入れずに同行。そんな中、伯姫の結婚が決まり……。この記事では、ストーリーの詳細と感想をお届けします。

©China International TV Corporation All Rights Reserved.

動画配信U-NEXT 、dTV 、FOD

「秀麗伝」の記事一覧

スポンサーリンク

【秀麗伝】23話のネタバレ

河北行き

劉玄は、趙姫の口添えにより劉秀を河北へ行かせることにしましたが、兵を与えるつもりはありませんでした。

兵を持たずに平定できればそれで良し、平定できずに河北の流賊に殺されれば“より好都合”だと考えたのです。

さらに、劉秀と懇意にしている馮異ふうい密偵として同行させることにしました。

馮異は家族を人質にとられたため、表向きは劉玄に従うしかありませんでした。

同行

劉秀は、河北行きは自分でも望んだことだとはいえ、兵を持たずに乱戦状態の河北に赴くという危険に麗華を巻き込みたくはありませんでした。

それゆえ彼女には実家に帰るよう促しますが、なかなか聞き入れてくれません。

麗華としては、劉秀の力になれるのならばどんな危険もいとわず、生死を共にしたいとさえ思っているため同行するつもりなのです。

しかし、頑なに同行を拒まれた麗華は怒ってしまいました。

伯姫の結婚

李家を訪ねた伯姫はくきは、李軼りいつから「麗華の陰謀で劉縯が殺された」と吹き込まれます。

帰宅し麗華を問い詰めると、居合わせた劉秀にこっぴどく叱られ 叔父の家に行かされることに……。

道中で馬車から飛び降りて李家へ向かった伯姫は、そこで「劉秀の暗殺計画」を耳にしてしまいます。

物音を聞きつけて外に出てきた李軼は、伯姫を屋敷に招き入れて慰み者にしようとしますが、李通が来たため逃げるように去っていきました。

その後、伯姫を送り届けた李通は、劉秀から「伯姫を娶ってほしい」と頼まれ了承します。

【秀麗伝】23話の感想

麗華の性格からしてストレートに口添えを頼むかと思いましたが、ずいぶん遠回しな上に、趙姫を利用したような感じになっていました。

どうも趙姫は純粋なようなので、今後も誰かしらに利用されてしまうかもしれません。

一方、伯姫の身に起きたことがとても可哀想でした。

彼女は麗華には意地悪ですが、李軼に乱暴されかけたのは流石に気の毒ですし、意に反して李通に嫁がされるのも不憫。

とはいえ、善良な李通ならば安心して伯姫を任せられるという劉秀の兄ごころも、この時代ならごく自然なことなのかもしれません。

【秀麗伝】24話のネタバレ

劉秀との合流

河北への出立前、劉縯の腹心だった朱祐に会いに行った劉秀は、「伯姫が無事に嫁げるよう手を貸してほしい」と頼みます。

朱祐は「仇の李家に嫁がせるなんて」と反対したものの、土下座までして頼まれては了承するしかありませんでした。

人質として宮中に軟禁された麗華は、趙夫人(趙姫)の手引きで脱出し、劉秀の軍と合流しました。

宮中に残された丁柔ていじゅうは、北の牢獄にいる馮異の家族に会わせてほしいと趙夫人に頼みます。

邯鄲の地

邯鄲に到着した劉秀一同は、太守から手厚いもてなしを受けたものの、飢えに苦しむ民にこそ食糧を与えてほしいと言います。

そこへ、山賊に妻子をさらわれたという男が助けを求めにやって来ました。

妻子を助けることにした劉秀たちは、兵を募り、馬を調達します。

兵に志願してきた中には、麗華に馬を買われたせいで買い逃した呉漢ごかんという男もいました。

その後、劉秀らは烏合の衆ながらも山賊を捕らえることに成功し、妻子も無事に解放されます。

捕らえた山賊の中には、呉漢の知人もいました。

呉漢がその者の命乞いをすると、劉秀はあっさりと聞き入れて山賊たちを仲間に引き入れました。

呉漢はそんな劉秀の人柄に一目置くようになっていきます。

しかしその一方で、軍から抜けて離れていく者もたくさんいました。

呉漢の正体

ある夜、劉秀は黙って去ろうとする呉漢たちを見かけて理由を問います。

すると呉漢は、漁陽の彭寵に仕えていることを明かした後、言葉を続けました。

「平定のために来た劉秀がどんな人物なのか。それを探るために近づいた。黙って去ろうとしたのは、匈奴が攻めてきたからだ。漁陽に戻らねばならん」

それを聞いた劉秀は、呉漢たちを引き止めずに行かせました。

【秀麗伝】24話の感想

劉秀はいつも麗華を危険から遠ざけようとしますが、麗華の気性からして大人しく待っているわけもなく、やはり今回も同行しました。

道中では、意外にも麗華と馮異が衝突。

馮異は家族を人質にとられているとはいえ、本当に劉玄の密偵になってしまったのか?

そのあたりはまだ描かれていないので分かりませんが、馮異には最後まで劉秀の味方でいてほしいものです。

それにしても、このペースだと劉秀が皇帝になるのはまだまだ先になりそう。

*次回25話と26話のネタバレ感想は(こちら)から。