【秀麗伝】37話と38話のネタバレ感想。麗華を引き止めるために……。 | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【秀麗伝】37話と38話のネタバレ感想。麗華を引き止めるために……。

「秀麗伝」しゅってん:Amazon.co.jp

Writer: Kino

秀麗伝しゅうれいでん~美しき賢后と帝の紡ぐ愛~】37話と38話のネタバレ。入宮した麗華は、劉秀と過珊彤の子どもを目にして動揺します。一方の過珊彤も、寵愛される麗華への恨みを募らせていました。この記事では、ストーリーの詳細と感想をお届けします。

©China International TV Corporation All Rights Reserved.

動画配信U-NEXTdTVFOD

「秀麗伝」の記事一覧

スポンサーリンク

【秀麗伝】37話のネタバレ

天下のために恨みさえ捨てる男

逃亡中の麗華たちのもとに、陰興いんきょうが助けに駆けつけました。

麗華は「一緒に陰家へ行きましょう」と趙姫を誘いますが、陛下の郷里へ行くと言うのでここで別れることにします。

久しぶりに故郷に戻った麗華は、家族との再会を喜びました。

一方の馮異ふういは洛陽を攻めていましたが、戦上手の朱鮪しゅいを相手に苦戦し膠着状態にありました。

そこで劉秀は、配下に文を届けさせ朱鮪に降伏を勧めます。

“共に春陵で蜂起した日々を思う。我らの願いは漢を再興すること。劉玄亡き今、洛陽を死守する意味はない。かつての恨みを捨て投降せよ。そちと兵は罪に問わない。天に懸けて誠だと誓おう”

引用:【秀麗伝】37話

劉秀は、兄の劉縯を殺した朱鮪を恨んではいるものの、天下太平のために許したのです。

朱鮪の降伏により洛陽を奪還した劉秀は、さっそく洛陽を都に定めると 麗華を呼び戻す準備をはじめます。

元侍女(臙脂)の恨み

過珊彤かさんとうと母親の過主は、馬車に乗っていました。

過主が「2人目を懐妊したお前が皇后に選ばれるはずよ」と期待を口にすると、過珊彤もまんざらではない様子です。

一方、その馬車を目にした臙脂えんじは、「陛下の奥方」だと聞いて麗華のことだと早合点しますが、別人だと知りほくそ笑みます。

「陰麗華、可哀想に。こんな日が来るとはね」

臙脂は麗華の元侍女。
かつて、麗華に置き去りにされたせいで悲惨な目にあったため恨んでいるのでしょう。

伯姫の謝罪

麗華は劉秀のもとに戻るつもりはありませんでしたが、親族たちに説得されて心が揺らぎ始めます。

伯姫に至っては、これまでの数々の悪態を頭をさげて謝罪してきました。

「李通と夫婦になってから愛を理解したの。義姉上(麗華)がいつも私を許してくれたのは、兄上を愛しているからでしょう?なぜ兄のところに戻らないの?」

「過珊彤の存在がつらいの。夫が妾を娶ったら、あなたは我慢できる?」

「愛していれば」

劉秀に会う決心がついた麗華は、「洛陽へ行くことにした」と兄の陰識いんしきに伝えます。

すると陰識は望むとおりに行動しろ。後始末は私がすると言ってくれました。

しかし、洛陽で入宮した麗華を待っていたのは、“貴人”という屈辱的な待遇でした。

劉秀はすぐに配下を下がらせ2人きりになると、後ろから抱きしめて「私にとっての妻は麗華だけだ」と想いを告げます。

【秀麗伝】37話の感想

劉秀は、兄の劉縯を殺された恨みがあるはずなのに、大局のために朱鮪を許しました。

これで朱鮪も心を入れ替えて、もう2度と劉秀を裏切らないでほしいです。

今回衝撃だったのは、いつの間にか過珊彤が2人目の子を懐妊していたこと。

跡継ぎの息子が生まれたのだから 子どもはもう十分なはずなのに、劉秀が2人目を作っていたのが不自然な流れのように感じました。

ただ、これについては史実に沿わないといけないため、ある程度不自然になるのは仕方ないのかもしれません。

それにしても、陰識兄さんは本当に頼りになる存在です!

「お前は好きに行動しろ。後始末は私がする」

このセリフに惚れ直した視聴者もきっと多いはず。

彼は目立った活躍をするタイプではありませんが、裏で確実に堅実に麗華を守ってくれる心強い存在なので、最後まで存命でいてほしいものです。

また、あれだけ意地悪をしていた伯姫が改心したのも嬉しい展開。

退場する人もいれば、改心して味方になってくれる人もいて、これぞ歴史ドラマという感じがします。

【秀麗伝】38話のネタバレ

2人の妃

劉秀に連れられて宮中の行事(追儺ついな)を見に行った麗華は、過珊彤と劉秀の“子ども”を見せつけられて動揺します。

周りからは皇后になることを勧められますが、麗華にその気はありませんでした。

もしも自分が皇后になれば、劉秀を支えてきた河北(過珊彤一派)の諸侯が不満を抱いてしまうためです。

何より、劉秀を誰かと分け合うなんて自分にはできないからと、宮殿を去るつもりでいました。

それを悟った劉秀に引き止められるも、去る意志が変わることはありませんでした。

「私情は捨てて天下と国のことを第一に考えて」

一方の過珊彤は、麗華を「お姉様」と敬うフリをしながら、内心では寵愛される彼女を恨んでいました。

実のところ、過珊彤は劉秀の心だけを得られればいいと思っていましたが、母親に「地位がなければ麗華に潰される」と言われ心も皇后の座も手に入れると決意します。

さっそく、伯父の劉揚りゅうようが劉秀に「皇后を選ばれては?」と提言。

しかし、劉秀に却下されたばかりか、続く論功行賞で恩賞にあずかれなかったことに激昂して謀反を画策します。

陰識の助言

麗華の部屋に陰識が訪ねてきた直後、劉秀も現れます。

さきほど恩賞を賜った陰識は、大きな功を立てていない自分には不相応だとして、劉秀に“恩賞の取り下げ”を願い出ました。

劉秀はそれを承諾した後、「兄妹でゆっくり話すが良い」と言って部屋を去ります。

2人きりになると、陰識は麗華に言いました。

「劉秀は切れ者ゆえに、外戚は必ず排除する。陰家も例外ではない
劉秀は腹の内が見えない男だ、お前は劉秀の心が本当に読めるといえるか?
読めないならば、陰家も劉陽と同じ末路をたどることになるやもしれん」

そして、おそらくは劉秀が麗華を立后するために画策しているだろうことも伝えます。

麗華を引き止めるために……

陰識の予想どおり、劉秀は麗華を宮中にとどめるための策を講じていました。

麗華の前で寝たフリをし、“劉揚が天下を狙っている”と書かれた奏状を麗華が見るよう仕向けたのです。

劉秀は、こうすれば麗華が自分を助けるために宮中に残ってくれると考えたのかも?

劉秀は耿純こうじゅんに、劉揚の腹を探ってくるよう命じます。

それを知った麗華は、尉遅峻うっちしゅんを同行させ「耿純を守りつつ、劉揚のことも探ってきて」と指示しました。

ところが……。

劉揚が参内を拒んだため、耿純がその場で劉揚を殺してしまったのです。

【秀麗伝】38話の感想

いくら麗華が”愛する人のためにすべてを犠牲にできる”女性であっても、劉秀と過珊彤の”子ども”を見せられれば平常心ではいられないでしょう。

一方の過珊彤も、寵愛されている麗華を見て心穏やかではないはず。

今のところ過珊彤は穏やかに振る舞っていますが、何をしてくるか分からない怖さがあり油断できません。

もしかすると、劉秀が劉陽に恩賞を与えなかったのは、わざと怒らせて謀反を起こさせ心置きなく排除するためでしょうか。

劉陽が失脚すれば、過珊彤を皇后にしたがる臣下が朝廷からこぞっていなくなるため、麗華を立后しやすくなると思っているのかもしれません。

劉秀は善人ではありますが、聖人君子なだけでは天下は治められないので、これからは策を弄する必要も出てくるでしょう。

*次回39話と40話のネタバレ感想は(こちら)から。