【秀麗伝】41話と42話のネタバレ感想。再び後宮へ……。 | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【秀麗伝】41話と42話のネタバレ感想。再び後宮へ……。

「秀麗伝」しゅってん:Amazon.co.jp

Writer: Kino

秀麗伝しゅうれいでん~美しき賢后と帝の紡ぐ愛~】41話と42話のネタバレ。麗華を姉のように慕い、時に子どものように無邪気だった鄧奉が、一時の感情で起こしてしまった謀反……。その末路は果てしてどうなるのか。この記事では、ストーリーの詳細と感想をお届けします。

©China International TV Corporation All Rights Reserved.

動画配信U-NEXTdTVFOD

「秀麗伝」の記事一覧

スポンサーリンク

【秀麗伝】41話のネタバレ

鄧禹の一途な思い

麗華は、鄧奉とうほうにもう1度謀反をやめるよう説得しますが、聞き入れられず新野に送り返されます。

同じころ、兵権を返上した鄧禹とううも新野に戻ってきており、再会した2人は久々に語り合いました。

話は劉秀のこととなり、鄧禹は「劉秀は柔和で包容力がある。だから個性の強い武将たちを従えられたのだろう」と賞賛。

しかし麗華は不安気に「でも、彼ですら鄧奉を救えないかも……」と口にします。

鄧禹は麗華の手を取ると「君も劉秀も天下を思っている。だが私の心を占めるのは君だけだ。一生そばにいさせてくれ」と改めて想いを告げました。

麗華はその手をそっと離し、やんわりと気持ちを拒みます。

謀反の末路

劉秀が自ら南陽に出征すると、鄧奉はようやく降伏します。

しかし、劉秀の臣下たちは鄧奉を処刑すべきだと強く主張し、劉秀もその主張を退けることはできませんでした。

そこへ、麗華がやってきて鄧奉の助命を懇願。

劉秀は臣下たちを下がらせると、麗華に「許せ」と言いました。

彼は皆の怒りを収めるためにも、天下のためにも鄧奉を殺すしかないと結論づけたのです。

それでも鄧奉を助けたい麗華は、処刑の前日に鄧奉を救出しましたが、逃げている途中で劉秀たちに追いつかれてしまいます。

すると、鄧奉はその場で自害し、謀反の責任を取りました。

劉秀の謝罪

陰家にやってきた劉秀は、麗華の心を取り戻すまで屋敷に置いてほしいと陰識に頼みます。

翌日。

劉秀は、手が傷だらけになるまで“草の鳶”を作って屋敷中に飾り、心からの謝罪と愛を麗華に伝えました。

それでも麗華は彼のもとに戻るつもりはありませんでしたが、のちに陰識に説得されて心が揺らぎます。

【秀麗伝】41話の感想

鄧奉はようやく冷静になれたものの、時はすでに遅く、死をもって謀反の罪を償いました。

あんなに無邪気で子どものようだった鄧奉が、こんな形で死亡するのは心が痛みますが、謀反は史実なので仕方ないのかもしれません。

一方の劉秀も、こたびの件はかなり苦しい選択を強いられたはずです。

鄧奉の命と天下太平、どちらも守れればそれが最善なのは間違いありませんが、どちらかしか選べないのなら、皇帝として鄧奉を犠牲にするしかないのが辛いところ。

これでまた、麗華との溝が深まってしまいました。

ただ麗華は、陰識の説得で心が揺らいでいたようなので、もしかすると近いうちに後宮に戻るかもしれません。

【秀麗伝】42話のネタバレ

再び後宮へ

陰識に説得された麗華は、劉秀を許して再び後宮に戻ることにし「永遠に一緒」だと誓いあいます。

劉秀は、隠居中の鄧禹の元を訪れ「朝廷に復帰して、朕を補佐してほしい」と頼みました。

その後、宮中に戻った麗華は、臙脂えんじの懐妊を知り複雑な気持ちになります。

しかしその夜、麗華のために劉秀が書き溜めたという書の山を見て、愛の深さを改めて嚙みしめました。

過康の執着

過珊彤かさんとうは、寵愛を一身にうける麗華の存在がどうしても気がかりでした。

母親の過主に「麗華に少しでも非があれば罰すればいい」と言われましたが、そう簡単に手を下せるとは思えないと言葉を返します。

すると過主は、「自分で手を下さずとも、身近な者(琥珀)を利用すればいい」と言います。

さっそく、過康は琥珀に接近し、物で釣ろうとしますが彼女の気を引くことはできませんでした。

実は過康は、過去にも琥珀に会ったことがあり、その時から気に入ってる様子です。

過康は32話で、子供からお金を奪ったと勘違いされて琥珀にとっちめられました。

その後 過康は、琥珀と陰興いんきょうがむつみ合うのを目撃して腹をたてます。

過家のたくらみ

宮中では、鄧禹と麗華が深い関係だという噂が流れていました。

噂を流した過家の狙いは、劉秀を疑心暗鬼にさせて腹心の鄧禹と離間させ、それと同時に麗華との溝を生じさせることでした。

しかし、劉秀は噂に踊らされることなく犯人の狙いを一瞬で見抜きます。

そんな彼のもとに鄧禹がやって来て、噂の潔白を証明するために李家の娘を娶ると言いました。

劉秀は承諾し、噂は収束します。

一方の過家は、噂を流した件について劉秀から遠まわしに警告されましたが、のちに麗華の懐妊が発覚したため大人しくしていられず、今度は臙脂の恨みを利用して麗華に危害を加えようと画策します。

【秀麗伝】42話の感想

麗華の年齢と役者の年齢が近づいてきたためか、麗華というキャラクターがだいぶ自然体になってきました。

(初期の10代を演じる姿は、どうしても多少の違和感が……)

一方、実年齢よりも若く見えるのが鄧禹役のケニー・クァン。

撮影当時は35歳前後のはずですが、それよりも若く見えます。

ストーリー面では、鄧禹が急に結婚すると言い出しましたが、あれは噂の潔白を証明して麗華を守るためなのでしょう。

どこまでも麗華のために行動しているけれど、結婚を機に自分の幸せにも目を向けてほしいものです。

そういえば32話で琥珀を気に入った男がいましたが、あれは過康だったのですね。

(子供からお金を奪ったと勘違いして、琥珀が懲らしめた男)

少しのシーンだったので覚えていない視聴者も多いかもしれません。

もしかすると今後は、過康が琥珀を手に入れるために陰興に危害を加える展開かも!?

*次回43話と44話のネタバレ感想は(こちら)から。