【秀麗伝】43話と44話のネタバレ感想。君臣の最高すぎる信頼関係! | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【秀麗伝】43話と44話のネタバレ感想。君臣の最高すぎる信頼関係!

「秀麗伝」しゅってん:Amazon.co.jp

Writer: Kino

秀麗伝しゅうれいでん~美しき賢后と帝の紡ぐ愛~】43話と44話のネタバレ。過家による麗華への嫌がらせは相変わらず続いていました。たまりかねた劉秀は、どこへ行くにも麗華を同行させます。すると過家は、今度は麗華と近しい馮異を標的にし……。この記事では、ストーリーの詳細と感想をお届けします。

©China International TV Corporation All Rights Reserved.

動画配信U-NEXTdTVFOD

「秀麗伝」の記事一覧

スポンサーリンク

【秀麗伝】43話のネタバレ

劉秀は、麗華に暴言をはいた臙脂えんじを処罰しようとします。

しかし麗華はそれを止め「私のせいで彼女が酷い目にあったのは本当のことだから、恨まれるのは仕方ない」と言いました。

そこに陰興いんきょうが割って入り、「臙脂が兵士たちに阻まれずに宮に入ってこれたのが妙です」と、この件が何者かに仕組まれた可能性を指摘します。

おそらく過家の企みだろうと見抜いた劉秀は、身重の麗華を宮中に置いていくのは危険だと判断し、こたびの帰郷に同行させることにしました。

帰郷後、劉秀と麗華は一族が集まった席で談笑したりと穏やかな時間を過ごします。

また、使節との会食にも麗華を同席させるなど、劉秀はどこにでも彼女を連れて行きました。

一方で過珊彤かさんとうは、皇后の自分を差し置いて大事な席に同伴している麗華を許せずにいました。

そのうえ、“麗華が2人目を懐妊した”と知った過家は、麗華の周囲から切り崩していくことに。

その標的になったのが馮異ふういでした。

「馮異が長安で権勢を振るい、謀反を企てている」という噂を流したのです。

当然、劉秀はそんな噂は信じませんが、脳筋タイプの武将たちはそうはいきません。

彼らの疑念を払拭するために、劉秀と麗華は、河北で馮異と共に戦った武将を集めました。

そしてその席で“共に死地を乗り越えたこと”を懐かしみ、馮異が謀反などするわけがないと彼らに再認識させたのです。

一方、劉秀からのふみでこの一件を知った馮異は、自分が戻って潔白を証明するしかないと考え、丁柔ていじゅうと正妻を先に帰京させます。

ところが、丁柔たちは都に向かう道中で何者かに襲われました。

陰興が駆けつけたため大事にはいたらなかったものの、その後、後宮に到着するなり丁柔は過珊彤に目をつけられてしまい……。

【秀麗伝】43話の感想

過珊彤は根は極悪ではなさそうなので、もしも良識ある両親のもとで育っていれば、ここまで悪に染まらずに済んだのかもしれません。

聡明な劉秀が過家の悪事に気づかないわけがないので、いずれ処罰されるでしょう。

一方の麗華は2人目を懐妊し、南陽では劉秀との穏やかな時間を過ごしました。

劉秀が、麗華を宮中に置いていかずに同行させたのはナイス判断。

普通の皇帝ならば、宮中に置いてきてしまい他の妃に流産させられるところでした。

初期のころは戦のシーンがしっかりと描かれていましたが、このところはナレーションでの処理が多い印象。

今後は戦よりも、宮中での出来事が中心になっていくのかもしれません。

【秀麗伝】44話のネタバレ

君臣の信頼関係

劉秀は、臣下の前で馮異の功をねぎらいます。

そして、「朕と生死を共にした君臣の馮異を疑う者は、朕を疑うも同然だ」と釘をさし、馮異の謀反疑惑を晴らしました。

その夜、2人は酒を飲みかわしますが、馮異はまだ疑惑のことを気にしているのか現在の官職を固辞します。

劉秀が、1度も疑ったことはなく本当の兄弟のように思っていることを伝えると、馮異も「文淑」と呼んでその信頼に応えました。

意図的な戦

7年がかりで中原を統一した劉秀は、馮異の助言もありしばらく戦をやめて兵を休ませることにします。

その頃、劉秀の旧友である厳子陵げんしりょうが都に来ていました。

鄧禹とううと麗華は厳子陵に「出仕して陛下を支えてほしい」と頼みますが、自由に生きることを好む厳子陵は応じませんでした。

後日、劉秀にまで説得された厳子陵は、「出仕はしないが相談には乗る」としぶしぶ承諾しますが、1度相談に乗っただけですぐにこの地を去って行きました。

その頃。

過家をはじめとする河北の武将たちは、戦の休止により功を立てる機会を失い焦っていました。

そこで過主は、わざと戦を起こして功を立てれば良いと考え、人質としてこの地にいる隗囂の息子を殺します。

狙いどおり、隗囂は激怒して戦を開始。

劉秀はこたびの戦には自ら出征することにし、麗華も同行させることにします。

2人の皇子

劉強・・・過珊彤の息子
劉陽・・・麗華の息子

劉強と劉陽は、「劉英と乳母が臙脂に罰せられている」ことを劉秀(陛下)に伝えに行きました。

2人の話によれば、陛下から賜った劉英の玉佩を、乳母が盗んだためそれぞれに罰せられているとのこと。

これについて、過珊彤の息子である劉強は、2人の罪を軽減してあげてほしいと訴えました。

対して、麗華の息子である劉陽は、「こたびの件が起こった原因は宮女の俸禄に関して確かな規則がないため」だとして規制の見直しを主張します。

劉秀は、根本的な原因を見抜いた劉陽を褒めました。

それを陰から見ていた過珊彤は、麗華の息子だけを贔屓ひいきしていると腹をたてます。

【秀麗伝】44話の感想

劉秀と馮異の揺るがない信頼関係が心にしみる回でした。

劉秀にとってはいつまで経っても生死を共にした“兄弟”であり、その信頼を受けて馮異が「文淑」と返したのが最高すぎます。

皇帝の彼を「文淑」と名前呼びできるのは、2人の間に絶対的な信頼がある証。

その信頼を、たった2文字で表現した脚本の巧さが光っていました。

劉強と劉陽は、幼いながらどちらも聡明な子に育っています。

どちらかと言えば、麗華の息子の劉陽のほうが、分析力や処理能力に長けていて皇帝向きの性格をしているかもしれません。

ただ、過珊彤の息子の劉強のほうが優しさがあるように見えました。

ともあれ、2人は仲良さそうなのでこのまま争うことなく育ってほしいです。

*次回45話と46話のネタバレ感想は(こちら)から。