【楚喬伝】34話・35話・36話のネタバレ感想|鄧倫(ダン・ルン)登場! | Dramas Note
スポンサーリンク

【楚喬伝】34話・35話・36話のネタバレ感想|鄧倫(ダン・ルン)登場!

華流
©Beijing Zhongsheng Huashi Culture Media Co.,Ltd

【楚喬伝(そきょうでん)~いばらに咲く花~】34話・35話・36話のあらすじとネタバレ感想。鶯歌苑での軟禁生活が3年目を迎えようとするある日、楚喬(星児)に勅命が下ります。その内容は、弓術指南役として軍隊に赴任せよというもので……。

スポンサーリンク

34話のあらすじネタバレ

©2017 China International TV Corporation. All Rights Reserved.

魏光は過去に犯した重い罪を魏舒燁ぎ・じょように打ち明け、その罪を唯一知る柳申という男を始末するよう命じます。

その会話を盗み聞きしていた宇文玥と燕洵のスパイは、それぞれの主に報告。

燕洵は、魏光を倒すためには柳申がカギになると思い、始末されてしまう前に柳申を奪取しようと考えました。

また宇文玥も柳申を助けるために動きます。

そんな中、魏舒燁は柳申を始末するため刺客を差し向けたものの、星児と宇文玥が柳申を救出。

柳申は宮中に連行され、一巻の終わりとなった魏光は一族を救うため、自分1人が罪を背負うことにしました。

そして宇文玥の助言により、魏舒燁が自ら叔父の魏光を告発したことで、魏光のみが処刑となり一族は死を免れました。


鶯歌苑おうかえんでの軟禁生活が間もなく3年を迎えようとするある日、楚喬(星児)に勅命が下ります。

その内容は、弓術指南役として驍騎営ぎょうきえいへ赴任せよというものでした。

驍騎営とは 襄王や宇文玥が指揮する軍隊のことで、男ばかりの厳しい世界です。

皇帝がそんな場所に楚喬を送り込んだのは、燕洵に対する牽制かつ嫌がらせだと思われましたが、勅命である以上 楚喬は従うしかありませんでした。

楚喬は宇文玥の手回しにより、燕北出身者の部隊である「秀麗軍」に派遣されます。

就任初日。

秀麗軍 副将の賀蕭が・しょうが処刑されそうになっていました。

それを見た楚喬は、処刑しようとしている統領に「襄王に報告するのが先だ」とモノ申し 賀蕭を助けました。

スポンサーリンク

34話の感想

魏舒游は根は善良なので、友人を手にかけるようなことは きっとしません。

でも赤の他人となると話は別のようで、今回、一族を守るために柳申をためらいなく殺そうとしていたのが印象的でした。

一方、宇文玥が魏舒燁に魏光を告発させたのは、魏舒燁を守るためでしょうね。

宇文玥は楚喬(星児)のことも陰ながら助けており、楚喬を燕北出身者の秀麗軍に赴任させたのはナイス判断。

他の隊なら楚喬は虐げられていた可能性が高いですが、秀麗軍の者たちは燕洵の側近ともいえる楚喬を無下には扱えないはずです。

現に、楚喬は早くも人心を得たように見えました。

スポンサーリンク

35話のあらすじネタバレ

©2017 China International TV Corporation. All Rights Reserved.

梁の太子である蕭策しょうさく(ダン・ルン)が来訪することになり、魏の皇帝は淳公主と結婚させたいと考えていました。

しかし、蕭策は女が作ったものしか口に入れないほどの女好きで有名でした。

そんな男に娘の淳公主を嫁がせたくない魏貴妃は、宇文玥に嫁がせようと思っていることを襄王に相談します。

ただ襄王は、宇文玥の楚喬(星児)への思いを知っていました。

襄王は宇文玥に諦めさせるため「楚喬はお前を何とも思ってない。燕洵と楚喬の絆に割り込めるのか?諦めたほうがいい」と説得。

しかし、宇文玥の愛は揺るぎなく「見ているだけで十分だ」と答えました。

その後。

秀麗軍の訓練中に顔を出した宇文玥は、新しい弓の調達書を渡すという名目で楚喬を連れ出します。

そして、燕洵の陰謀に加担するなと忠告し「魏光の件は自分がうまく処理したが今回だけだと思え」と釘をさしました。


宇文玥と淳公主を結婚させたい魏貴妃は、食事の席を設けて2人を呼びだしましたが淳公主が台無しにします。

宇文玥が陣営に戻ると、再び襄王が楚喬への想いを諦めるよう説得してきました。

取り合わず去ろうとすると、 襄王は「燕洵を生かして返すつもりはない。楚喬も同罪で処刑する」と告げます。


梁の太子 蕭策を迎え入れることになったものの、男嫌いな蕭策は襄王にすら会いたがりません。

そこで、楚喬が迎えに行くことになりました。

楚喬は蕭策の侍女とひと悶着を起こし、その拍子に蕭策一行の馬車が怯えて逃げ去ってしまいます。

楚喬が慌てて馬車の後ろをついていくと、突然、乗馬している楚喬の後ろに蕭策が飛び乗ってきました。

楚喬は反射的に鉄拳を食らわしてしまいます。

蕭策は地面に転げ落ち、顔には殴られた跡がくっきりと残ってしまいました。

彼こそが太子だと知った楚喬は上官の襄王に謝罪するも、逆に「よくやった」と褒められます。

軍人の男たちは蕭策のような者を好まず、 楚喬が何もしなくても彼らは蕭策を懲らしめる気でいたのです。

一方で、楚喬を気に入った蕭策は「楚喬を自分の護衛にしたい」と言い出します。

スポンサーリンク

35話の感想

楚喬(星児)を見ているだけで十分だなんて、宇文玥はずいぶんと控え目な男性主人公ですね。

肝心な時はいつも裏で彼女を守っていますし、この一途で健気な思いがいつか届いてほしいと願います。

魏貴妃が母として、宇文玥のような男性に娘を嫁がせたいと思うのも納得です。

そして今回は、視聴者お待ちかねの鄧倫ダン・ルンさまが登場しました!

鄧倫といえば王道主人公というイメージが強いですが、本作では個性的でキュートな役柄を演じています。

中途半端な女好きではなく、突き抜けた女好きだからコメディチックに見られるのがgood。

やっていることは なかなかの変人なのに、無垢な笑顔が愛くるしくて困ってしまいます。

今のところ彼は癒し要員に見えますが、もしかしたら、梁の間諜の黒幕である可能性もあるかも!?

スポンサーリンク

36話のあらすじネタバレ

©2017 China International TV Corporation. All Rights Reserved.

蕭策とともに宮中に向かう楚喬(星児)は馬車の中で、「愚かなふりをするのは相手を油断させて身を守るため?」と問いますが適当にごまかされます。

宮中に到着し皇帝に謁見した蕭策は、楚喬を国に連れ帰りたいと申し出ましたが、皇帝の寵妃である蘭淑儀にたしなめられます。

実は、蘭淑儀が楚喬を守ったのは、楚喬の母である洛河と深い面識があったからでした。

皇帝は宮中の外のことを知らない蘭淑儀がなぜ楚喬を守ったのか不思議に思います。

蘭淑儀はうまくごまかし、梁との和睦について皇帝に尋ねました。

すると、皇帝は和睦のために淳公主を蕭策に嫁がせるつもりだと答え、それを耳にした侍女は淳公主に報告します。

淳公主は慌てて皇帝に会いに行き、燕洵以外には嫁がないと言い張ります。

ふと何かを思いついた様子の皇帝は燕洵に嫁がせることにし、強引に祝言の日取りを決めました。

スポンサーリンク

36話の感想

蕭策は裏表のない癒しキャラかと思いきや、どうやら愚かに振る舞っているのは演技のようです。

彼は蕭玉を「姉上」と呼んでいましたが、強い敵意を抱いていることから同腹の姉弟ではないのかもしれません。

そしてなんと!淳公主と燕洵が結婚することになってしまいました!

皇帝は燕洵を殺すつもりなのになぜ淳公主を嫁がせるのか、その辺りは今後明らかになるのでしょうか。

今のところ、楚喬は燕洵の結婚を知ってもそれほどショックそうではありません。

燕洵とは深い絆を築いているものの、やはり恋愛感情ではないのでしょうか。

©2017 China International TV Corporation. All Rights Reserved.

本ページの情報は2022年9月時点のものです。最新の配信状況は公式ページまたは各動画配信サービスにてご確認ください。