PR

蒼蘭訣(そうらんけつ)~エターナル・ラブ~6~8話ネタバレ

ファンタジー
© BEIJING IQIYI SCIENCE & TECHNOLOGY CO., LTD. All rights reserved.
*この記事にはプロモーションが含まれています
作品情報

蒼蘭訣(そうらんけつ)~エターナル・ラブ~6~8話ネタバレ。海市主は試験の時に事故に見せかけて小蘭花を殺すように命じます。一方、小蘭花が長珩を慕っていると知った東方青蒼は長珩の姿に化けますが、小蘭花にからかわないでと怒られ……。

PR

6話 仙女の試験

天極鏡

留芳閣から命簿を持ち去ったのは小蘭花だと知った海市主は蝶衣に試験の時に事故に見せかけて小蘭花を殺すように命じるのでした。

東方青蒼は小蘭花が長珩を慕っていると知って長珩の姿に化けてそばにいようとしますが、小蘭花にからかわないでと怒られてしまい……。

一方、雲中君に仕える澧沅れいげん仙尊の娘、丹音たんいんも長珩に想いを寄せていましたが、長珩には許嫁がいることから父に反対されていました。

丹音は自分の命簿を見て未来を確かめようと司命殿に行きます。小蘭花は命簿は偉い神仙の許しがなければ見られないと言って断りました。

断られた丹音は命簿の樹の幹にある未来を示す天極鏡てんきょくけいを覗きます。すると長珩と小蘭花の婚礼の場面が映し出されていたのです。丹音は怒って小蘭花を突き飛ばし帰って行くのでした。

東方青蒼は小蘭花が試験に受かって長珩に仕えたいと思っていることも知り、密かに試験を手助けすることにします。

試験当日、試験官を務める長珩は500年前に小蘭花に助けられた時に霊玉を取って来てやると約束したことを思い出していました。実は先日小蘭花に会った時、長珩はこの約束を守るためにわざと霊玉を落としていたのです。

今回の試験課題は林の中の妖獣を収妖丹しゅうようたんで手なずけるというものでした。長珩は収妖丹を配る時、小蘭花にだけ小声で「気をつけて」と言います。

祟気

林の中で東方青蒼は觴闕に1番弱い妖獣を捕まえて小蘭花の前方の地面に置かせました。それは”英招えいしょう”という白い子熊のようなモフモフした妖獣でした。ところが小蘭花は気づかずに英招をまたいで通り過ぎてしまいます。

次に觴闕は英招を小蘭花の前方の太い木の根の上に置きました。小蘭花はやっと気づきますが、英招に逃げられてしまいました。

觴闕が英招は東方青蒼の気配を警戒しているのではないかと言ったので、東方青蒼は一旦身を隠すことにします。

その後、小蘭花が草を食べさせて英招を油断させ、やっと収妖丹が使えそうになった時に丹音と6人の仙女たちが近づいてきました。

丹音は小蘭花を棄権させて妖獣を横取りしようとします。丹音は小蘭花の霊力は自分に敵わないと思っていましたが、小蘭花は丹音の攻撃を跳ね返しました。

次に丹音は6人の仙女たちにも加勢するように言いますが、小蘭花はそれも跳ね返します。実は東方青蒼が小蘭花の背後から手を貸していたのです。

すっかり小蘭花になついた英招にも威嚇され、丹音たちは悔しそうに退散するのでした。

小蘭花が英招と再び向き合った時、蝶衣が現れて英招に向かって殺意を芽生えさせる”祟気すいき”を飛ばしました。英招は急に凶暴になり巨大化します。小蘭花は逃げ出し、觴闕は英招を攻撃して小蘭花とは違う方向に逃がしました。

ところが英招は他の仙女たちを襲い始めます。丹音が英招を攻撃しますが、力及ばず襲われそうになりました。小蘭花は丹音を突き飛ばして自分が英招と対峙します。

丹音は小蘭花に加勢し、他の仙女たちにも加勢を呼びかけました。8人での攻撃も英招に跳ね返されてしまい、小蘭花たちは樹の洞に隠れます。小蘭花は全員の収妖丹を集め自分が囮になると言って1人で外に出て行きました。

小蘭花は自分の腕を傷つけて血を流し、英招をおびき寄せようとします。東方青蒼は自分の腕に傷ができたことで小蘭花の危機を察知しました。

また、木の洞から脱出した丹音たちが助けを求めに行き、長珩、容昊、澧沅仙尊、花神である三生さんせいが林に向かうのでした。

PR

7話 赤地女子の元神

海市主の正体

小蘭花が英招に追い詰められた時、なぜか急に英招が吹き飛びました。その時、目の前に東方青蒼がいることに気づいた小蘭花はなぜここにいるのかと尋ねます。偶然通りかかっただけだと答える東方青蒼。

東方青蒼は英招にとどめを刺そうとしますが、小蘭花はそれを制止し英招の傷を治します。すると英招は元の大きさに戻り、小蘭花は英招を収妖丹に収容することができました。

その時、東方青蒼は逃げる蝶衣の気配を感じ取り、背中に傷を負わせます。東方青蒼は感情があるから他の者を助けようとして危険な目に遭うのだと言いますが、小蘭花は感情の大切さを説くのでした。

そこへ長珩が小蘭花を捜しに来ます。小蘭花は慌てて東方青蒼を逃がしました。後から容昊、澧沅仙尊、三生も駆けつけます。

澧沅仙尊からどのように危機を脱したのかと尋ねられた小蘭花は東方青蒼のことを隠すため、英招が急に元に戻ったと言いました。

口ごもる小蘭花を見て澧沅仙尊は嘘をついているのではと指摘しますが、長珩はただおびえているだけだと言って小蘭花をかばいます。容昊も澧沅仙尊にご息女の恩人ではないかと言って助け舟を出しました。

容昊は草むらに祟気が残っているのを発見します。長珩たちは昊天塔から脱走した罪囚の仕業ではないかと言うのでした。

その後、小蘭花に試験に首席で合格したという通知が届きます。

一方、容昊は蝶衣を留芳閣に連れ帰っていました。なんと海市主の正体は容昊だったのです!蝶衣は計画の失敗を先日の謎の男に妨害されたからと説明しました。

東方青蒼は今日の事件で海市が赤地女子の命簿のことを知った小蘭花を口封じしようとしたと推測します。東方青蒼は海市の組織が大戦の後に現れたことから、海市主が赤地女子の元神を留めているのではないかと考えました。

蛍虫

小蘭花は長珩たちの言葉から今日の騒動を引き起こしたのが東方青蒼だと思い込み、自首するように勧めます。すると東方青蒼の額の息蘭聖印が光り、小蘭花の言葉に抗えなくなってしまうのでした。

觴闕は慌てて東方青蒼に本当のことを言った方がいいと助言し、東方青蒼は小蘭花に今日は試験を手助けしようとしていたと説明します。小蘭花は自分の首席合格が不正だったと知り、落ち込みました。

その頃、容昊は師匠であった赤地女子に思いを馳せていました。

翌朝、小蘭花は司命殿の庭の花壇に霊玉から抜け出た蛍虫がいるのを見つけます。小蘭花は蛍虫を餌で誘導して長珩からもらった霊玉の中に戻しました。

一方、蝶衣から謎の男は東方青蒼だったと報告を受けた容昊は、あの時昊天塔に落ちた仙女が封印を解いて東方青蒼の元神を修復したと考えます。また容昊は元神の修復は息山神女にしかできないはずだと言い……。

試験成績の取り消しの申し出に行った小蘭花は丹音と6人の仙女に遭遇します。小蘭花はまた難癖をつけられるかと身構えますが、丹音たちは素直に助けてもらったお礼を言うのでした。

その後、小蘭花は長珩にも偶然会います。小蘭花が成績を取り消してもらうために来たと言うと、長珩は”知勇兼ね備えた君こそが首席にふさわしい”と言うのでした。

また、小蘭花は蛍虫を戻した霊玉を長珩に返そうとします。長珩は蛍虫は最初に餌を与えた者を主と思うので君が持っているようにと言うのでした。このやり取りを長珩に想いを寄せる仙女、雨霖うりんが覗き見していたのです……。

小蘭花が霊玉を持ち帰る途中、雨霖は術を使って小蘭花の巾着の中の霊玉を石ころとすり替えて奪いました。 

霊玉を奪われたことに全く気づかずに歩いていた小蘭花の前に容昊が現れます。容昊は枯れた鉢植えを取り出し、小蘭花に花の精の力で救ってほしいと頼みました。

小蘭花は見事にその鉢植えを再生させます。実はその鉢植えには崇気が与えてあり、容昊は小蘭花の崇気を浄化させる力を試していたのです!

その後、容昊がある部屋に入ると寝台に赤地女子が横たわっていました。容昊は必ずや師匠を救う方法を見つけてみせると誓うのでした。

PR

8話 月族誅殺の命令

重すぎる罰

司命殿に帰った小蘭花は長珩に褒められたことを東方青蒼にうれしそうに話しました。東方青蒼はこの時、小蘭花の”喜び”の感情が自分に同期されず”腹立たしい”と感じたことを不思議に思います。

その頃、試験で2番になった雨霖は涌泉宮で働けると思い込み、勝手に指示を出し涌泉宮を掃除させていました。そこへ来た丹音は雨霖が身に着けている巾着が光っているのに気づいて取り上げます。

巾着に入っている霊玉を見た丹音は長珩から盗んだのかと雨霖を問い詰めました。その時、偶然雲中君が通りかかり、丹音と雨霖の争いを咎めます。雨霖は盗んだのではなくもらったのだと言い張りました。

そこへ長珩が来て自分は与えていないと言い、雲中君に雨霖の謹慎を求めます。ところが雲中君は神水庁しんすいていに落とすという重すぎる罰を雨霖に与えるのでした。

長珩は雲中君が雨霖に重すぎる罰を与えたのは、許嫁のいる自分に対して他の女子を愛さないようにという警告を込めていると感じるのでした……。

実は司命殿の庭の花壇に蛍虫を放ったのは長珩自身でした。しかし長珩は小蘭花を守るために首席合格にも関わらず涌泉宮の仕事から外すことにします。

小蘭花は三生から長珩の意思で涌泉宮から外されたと聞かされました。落ち込んだ小蘭花は長珩にもらった霊玉を取り出してみますが、なぜか霊玉は石ころに変わっていたのです。

東方青蒼は落ち込む小蘭花に隠れ身の術を使って雲中君と長珩の会話を聞かせました。雲中君がなぜ小蘭花を涌泉宮から外したのかと問うと、長珩は”無力で卑しいから”と答えるのでした。

水の中の口づけ

雲中君は長珩に仙界に侵入している月族を捜し出して誅殺するように命じました。

司命殿の庭で小蘭花と東方青蒼が一緒にいるところへ突然長珩が兵を率いて踏み込んできます。小蘭花は東方青蒼の身を隠すために一緒に水の中に飛び込みました。

水の中で息が続かずに沈みそうになる小蘭花の口に東方青蒼は自分の息を吹き込むのでした。

長珩たちが帰り、水からあがる東方青蒼と小蘭花。また口づけしてしまったことが気まずい小蘭花は着替えると言って部屋の中に入って行きます。

庭に1人残された東方青蒼は命簿の樹の幹にある天極鏡を覗きました。そこには長珩と小蘭花の婚礼の場面が映し出され、それを見た東方青蒼はなぜか胸が苦しくなるのでした。

東方青蒼は觴闕を呼び出し、手を尽くしても小蘭花が完治しないのはなぜかと尋ねます。觴闕は長珩に仕えるという望みが叶わないせいではと答えました。

その後、小蘭花が森の中を歩いていると丹音が来て、澧沅仙尊から聞いた話として昊天塔の中には仙族だけでなく月族もいたらしいとこっそり伝えます。

司命殿に戻った小蘭花は試験に受かったお祝いだと言って東方青蒼に酒を勧めました。実はその酒には睡眠薬が入っていたのです。小蘭花は眠った東方青蒼を舟に乗せて月族の世界へ帰すことにしました。

PR

感想

長珩は小蘭花を覚えていなかったのではなく、覚えていないふりをしていただけだったのですね。

海市主の正体は容昊だったのですね。師匠である赤地女子を救うためとはいえ、長珩の親友のふりをしながら小蘭花を狙っているのはひどいです!

今まで自分の感情がなかった東方青蒼ですが、長珩に褒められたことを喜ぶ小蘭花を腹立たしいと感じたり、長珩と小蘭花の婚礼の場面を見て胸が苦しくなったりしたのは自分の感情が芽生えてきたということでしょうか。

長珩が雲中君に言った小蘭花を涌泉宮の仕事から外した理由は多分雲中君を納得させるための嘘ですよね。本当は小蘭花を守るためだということを小蘭花が早く知れればいいのですが……。

Photo:「蒼蘭訣~エターナル・ラブ~」© BEIJING IQIYI SCIENCE & TECHNOLOGY CO., LTD. All rights reserved.
本ページの情報は2024年6月時点のものです。最新の情報は公式ページまたは各動画配信サービスでご確認ください。