デュリン・オゼン

復讐劇

【新・オスマン帝国外伝〜影の女帝キョセム〜】84話(最終話)あらすじネタバレ感想。玉座争いの末路

【新・オスマン帝国外伝〜影の女帝キョセム〜】84話(最終話)あらすじネタバレ感想。ムスタファが正式に皇帝に復位し、先帝オスマンは牢屋行きを命じられます。オスマンは大宰相ダヴドによって牢へと連行され、そのまま殺害されてしまいました。ついにオスマンまでも失ったキョセムは憤怒し、報復を誓います。
復讐劇

【新・オスマン帝国外伝〜影の女帝キョセム〜】81話・82話・83話あらすじネタバレ感想。復位する皇帝

【新・オスマン帝国外伝〜影の女帝キョセム〜】81話・82話・83話あらすじネタバレ感想。歩兵常備軍と民による反乱は激しさを増し、そんな騒動にまみれて故アフメト皇帝の正妃キョセムの皇子たちが拉致されます。ついに皇帝オスマンを捕まえた兵士たちは、オスマンの身ぐるみを剥がして市中を引き回すなど止まるところを知りません。
復讐劇

【新・オスマン帝国外伝〜影の女帝キョセム〜】78話・79話・80話あらすじネタバレ感想。生と死の連鎖

【新・オスマン帝国外伝〜影の女帝キョセム〜】78話・79話・80話あらすじネタバレ感想。皇帝の曽祖母サフィエによる皇子イスケンデルを玉座に就ける計画は、イスケンデルの乗った船が爆破されたことで失敗に終わります。唯一の希望を失ったサフィエは故アフメト皇帝の正妃キョセムを呼び出すと、妃の指輪を託して毒を煽ります。そんな中、皇帝妃アーキレがオスマンの子を出産しました。
復讐劇

【新・オスマン帝国外伝〜影の女帝キョセム〜】75話・76話・77話あらすじネタバレ感想。いにしえの掟の再開

【新・オスマン帝国外伝〜影の女帝キョセム〜】75話・76話・77話あらすじネタバレ感想。皇帝オスマンは絶大な信頼を置く師父オメルが曽祖母サフィエ陣営だとはつゆ知らず、オメルに言われるがまま皇位継承の秩序をいにしえの掟に戻してしまいます。見事サフィエの罠にはまったオスマンは、皇子メフメトが裏切り行為を働いたとしてメフメトの処刑を命じます。
復讐劇

【新・オスマン帝国外伝〜影の女帝キョセム〜】72話・73話・74話あらすじネタバレ感想。皇帝の廃位

【新・オスマン帝国外伝〜影の女帝キョセム〜】72話・73話・74話あらすじネタバレ感想。民衆の前で醜態を晒した皇帝ムスタファは廃位を迫られ、母后ハリメの悪あがきも虚しくムスタファは玉座から降りることを余儀なくされました。故アフメト皇帝の正妃キョセムは念願の皇帝オスマンの誕生を喜ぶもトプカプ宮殿に戻ることはできず、オスマンとの親子関係に更なる亀裂が生じます。
復讐劇

【新・オスマン帝国外伝〜影の女帝キョセム〜】69話・70話・71話あらすじネタバレ感想。新たな皇帝の誕生

【新・オスマン帝国外伝〜影の女帝キョセム〜】69話・70話・71話あらすじネタバレ感想。ついに亡き皇帝アフメトの弟ムスタファは即位の儀を終え、正式にオスマン帝国の皇帝となりました。これに伴い母后となったハリメは早速権力を利用して先帝の妃キョセムを旧宮殿へと追いやると、皇子たちを幽閉しました。また、先帝アフメトの勅命により処刑されたはずのイスケンデルが姿を現します。
復讐劇

【新・オスマン帝国外伝〜影の女帝キョセム〜】66話・67話・68話あらすじネタバレ感想。玉座争い再び

【新・オスマン帝国外伝〜影の女帝キョセム〜】66話・67話・68話あらすじネタバレ感想。皇帝アフメトは残されたわずかな時間を家族に費やし、皇帝妃キョセムを始め子供たちにも贈り物を渡します。キョセムは皇帝との婚姻という最高峰の贈り物を貰いますが、間もなくしてアフメトは息を引き取りました。皇帝を失ったトプカプ宮殿では後継者を巡り、波乱の幕開けを迎えます。
復讐劇

【新・オスマン帝国外伝〜影の女帝キョセム〜】63話・64話・65話あらすじネタバレ感想。残酷な真実

【新・オスマン帝国外伝〜影の女帝キョセム〜】63話・64話・65話あらすじネタバレ感想。小姓頭イスケンデルは太皇太后サフィエの暗殺を試みるも失敗に終わり、立ち去ろうとしたところでサフィエから驚きの真実を知らされます。一方、皇帝アフメトの胃痛は悪化しており、ついにはあと1〜2週間との余命宣告を受けてしまいました。
復讐劇

【新・オスマン帝国外伝〜影の女帝キョセム〜】60話・61話・62話あらすじネタバレ感想。皇子たちの苦悩

【新・オスマン帝国外伝〜影の女帝キョセム〜】60話・61話・62話あらすじネタバレ感想。皇帝妃キョセムは、側女ヤーセミンと太皇太后サフィエが裏で繋がっていることを突き止めてヤーセミンを排除しますが、その後キョセムはヤーセミンが妹だったことを知ります。そんな中、皇子オスマンとメフメトの仲は悪化する一方で、皇帝アフメトとキョセムは頭を抱えていました。