【THE FLASH/フラッシュ】シーズン1ネタバレ。新たなヒーローの誕生、エンディングにはあのキャストも集結! | Dramas Note
「独孤伽羅」2020年12月30日(金)~BS12で放送スタート!記事はここから

【THE FLASH/フラッシュ】シーズン1ネタバレ。新たなヒーローの誕生、エンディングにはあのキャストも集結!

出典:www.amazon.co.jp

【フラッシュ】シーズン1のネタバレ。

科学や数学が大好きな主人公のバリーは、科学捜査官として活躍していました。

平凡な日常を送っていたバリーでしたが、ある日ラボで起こった粒子加速器の爆発に巻き込まれ……。

最速のヒーローの登場⁉

ジャスティスリーグで活躍したヒーローたちの活躍に注目です!

スポンサーリンク

【フラッシュ】作品情報

▽製作

2014年 アメリカ

▽原題・原作

The Flash

▽監督

グレン・ウィンター

▽配信情報

NetflixhuluAmazon Prime VideoU-NEXT

▽キャスト

グラント・ガスティン、キャンディス・パット、ダニエル・パナベイカ、ほか

スポンサーリンク

【フラッシュ】シーズン1あらすじ

【THE FLASH/フラッシュ】シーズン2ネタバレ。新たな脅威、フラッシュが再び過去へ!?

【THE FLASH/フラッシュ】シーズン3ネタバレ。サビターの正体は!? バリーが下した悲しい決断とは!?

バリーは幼い頃、母親が目の前で謎の黄色い光に包まれながら死んで行くところを目撃します。

しかし、警察はバリーの話を信じないどころか彼の父親を逮捕したのです。

幼かったバリーは、警察官のジョーの家に引き取られ、ジョーの娘のアリソンと共に育てられました。

その後、成長したバリーは科学捜査官になったのです。

スターラボが生み出した粒子加速器を稼働する発表が大々的に行われ、バリーも尊敬するウェルズに会える喜びを抱えながら、アリソンと会場へ向かいました。

ところがその後、嵐の発生と共に粒子加速器が大爆発

さらに、雷がバリーを直撃し彼は昏睡状態に陥ってしまったのです。

9か月の昏睡状態から目を覚ましたバリーは、スターラボでウェルズや研究者のシスコたちに状況を説明され、自分にスーパーパワーが備わったことを知りました。

※バリーが得たのは、驚異的なスピードと尋常じゃない回復力

バリーは、新しいパワーに困惑しつつも、自分と同じく粒子加速器の爆発がきっかけでメタヒューマンになった犯罪者たちと戦うことになったのです。

※メタヒューマンは、超人的なパワーを持つ人間。

スーパーヒーローとして活躍することになったバリーでしたが、ジョーに正体がバレてしまい、アイリスに打ち明けようとしましたが、ジョーに口止めされてしまいました。

アイリスを危険に巻き込まないよう、スーパーヒーローのフラッシュから遠ざけようとしましたが、彼女は実名でブログを書き始めてしまい……。

スポンサーリンク

【フラッシュ】登場人物~主人公と家族~

バリー・アレン/グラント・ガストン

主人公のバリー・アレンは、警察署で科学捜査官としてラボで働いています。

粒子加速器の爆発でメタヒューマンになり、フラッシュとして人々を救うヒーローになりました。

一緒に育ったアリソンへの気持ちをいつまでも打ち明けられず……。

バリー役を演じているグラント・ガストンは、映画【バットウーマン】(2019)などにも出演しています。

アイリス・ウェスト/キャンディス・パットン

バリーの親友かつ幼なじみで、一緒に育った記者の卵。

バリーの気持ちには一切気づかず、ジョーの相棒と交際を始めました。

フラッシュのことをみんなに知ってもらいたいと考え、実名でブログを書き始めてしまいます。

アイリス役を演じているキャンディス・パットンは、映画【ザ・ゲスト】(2014)やドラマ【キャッスル】(2009)などに出演していました。

ジョー・ウエスト/ジェシー・L・マーティン

ジョーはアリソンの父親で刑事。

バリーの母親が亡くなり父親が逮捕されたあと、彼を引き取って我が子のように育てました。

バリーの上司でもあり、フラッシュと協力して犯人を逮捕しています。

ジョー役のジェシー・L・マーティンは、【RENTO】(2005)や【LAW&ORDER】(2001)などにも出演してしました。

スポンサーリンク

【フラッシュ】登場人物~ラボの仲間~

ハリソン・ウェルズ/トム・キャバナー

ウェルズは、スターラボの責任者でバリーの憧れの人物。

粒子加速器を設計し爆発を引き起こした人物で、事故のせいで車椅子生活を送っています。

フラッシュとして活躍するバリーをサポートしていますが、彼にはみんなに黙っていることが……。

ウェルズ役をしているトム・キャバナーは、映画【マンハッタン愛セラピー】(2006)などに出演しています。

ケイトリン・スノー/ダニエル・パナベイカー

ケイトリンは、ウェルズを尊敬しスターラボで働いている博士。

粒子加速器の爆発に巻き込まれた婚約者のロニーが、メタヒューマンになっても生きていたことに喜んでいます。

ケイトリン役のダニエル・パナベイカーは、【堕ちた弁護士】(2004)などに出演していました。

シスコ・ラモン/カルロス・バルデス

シスコは、スターラボで働いている科学技術者。

フラッシュのスーツを作り出した人物でもあり、他にもたくさんのマシーンを発明しました。

シスコ役のカルロス・バルデスは、【ビクセン】(2017)などで声優としても活躍しています。

スポンサーリンク

【フラッシュ】シーズン1ネタバレ

リバース・フラッシュ

バリーは、メタヒューマンと戦っていく中で、自分の母親を殺した人物が黄色いスーツを着た自分と同じ能力を持つメタヒューマンだと気づきます。

ジョーとシスコが、バリーの母親が亡くなった日の調査をしていると、その現場に黄色いスーツの男とフラッシュがいたことが判明。

しかし、ジョーの前に黄色いスーツの男が現れてリバースフラッシュと名乗り、捜査を辞めなければアイリスを殺すと脅します。

ジョーは、ウェルズのことを疑っていましたが、バリーは彼が命の恩人なので信じようとしませんでした。

タイムスリップ

バリーに内緒でハリソン・ウェルズの調査をシスコに頼んだジョー。

その後、ジョーは過去に逮捕し損ねた犯罪者がメタヒューマンとして目の前に現れ、捕まってしまいました。

シスコは、ウェルズの正体がリバースフラッシュだと気づき、彼に殺されてしまいます。

その頃、ジョーが攫われたことを知ったバリーは、助ける為に最高時速で走っていきました。

すると、フラッシュのスピードによってワームホールが開き昨日へとタイムスリップしてしまいます。

※ワームホールは、タイムトラベルをする為のホール。

これによって、シスコがウェルズの正体に気づいたことも殺された事実も無くなる。

フラッシュは、時間を戻ったことでジョーを救いメタヒューマンを確保したのです。

時空に捕らわれた男

ウェルズは、恋人のテスと海岸で「スターラボを建設して粒子加速器を生み出す未来」のことを話していました。

ところが、そんな幸せそうに微笑む2人を見つめる不審な男性がいたのです。

ウェルズとテスが車で帰る途中、道路に仕掛けられたトラップにより横転してしまいます。

テスは即死し、混乱するウェルズは通りかかった男性に助けを求めましたが、なんとその男はウェルズを助けもせず、謎の機械を使って自分とウェルズの姿を入れ替えたのです。

ウェルズはエネルギーを吸収されたように、しわしわの姿になり死んでしまいました。

スポンサーリンク

【フラッシュ】シーズン1結末のネタバレ

失くしたはずの記憶

街中で悪党たちが暴れ出し、フラッシュはジョーたちと現場に向かい次々と犯人を逮捕。

一方で、ラボで仕事をしていたシスコは、「君は賢いな」と言われたことがきっかけでウェルズに殺された風景を何故か思い出してしまう。

※フラッシュがタイムトラベルしたことで、シスコはウェルズに殺されなかった。

いつも通りメタヒューマンを捕まえたバリーは、そこでウェルズの過去を知る科学者に出会い、ウェルズは恋人を失った15年前から人が変わってしまったことを知ったのです。

その後、ジョーとバリーはシスコとケイトリンにウェルズがリバースフラッシュの可能性があると明かしました。

ケイトリンは信じませんでしたが、シスコは最近見る光景を話しバリーに協力することにしたのです。

土に眠っていた男

ジョーとシスコはウェルズのことを探る為、ウェルズの恋人が死んだという事故現場へいきました。

地元の警察官に案内され現場を捜索していると、土の中から白骨遺体が見つかったのです。

ラボで死体を調べてみると……遺体がウェルズのモノだと判明。

本格的にウェルズのことを調べ始める中、シスコが秘密の部屋を発見しました。

そこには、リバースフラッシュのコスチュームとフラッシュが行方不明になるという内容の未来の新聞があったのです。

新聞には、リバースフラッシュとフラッシュが戦った結果、2人が行方不明になることが書かれていたのです。

そして、人口知能システムの起動により、ウェルズの目的がフラッシュの殺害だと知り驚くシスコたち。

ウェルズの尻尾を掴む為に、シスコが囮になってウェルズを呼び出し、リバースフラッシュであることを自白させようとしました。

しかし、バリーたちを監視していたウェルズは、彼らが自分を狙っていることに気づいていたのです。

呼び出しに応じたウェルズは、自分がリバースフラッシュであることを明かしただけでなく、本名がイオバード・ソーンでエディの子孫だと告げ姿を消してしまいました。

そんな中、フラッシュについて調べていたアイリスは、正体がバリーだと知り激怒しましたが、自分を守るためだったことを知り協力することにしたのです。

因縁の対決

リバースフラッシュと戦う為、アローのオリバー・クイーンやファイヤーストームのロニーたちが駆けつけて、バリーに協力することになります。

【ARROW/アロー】シーズン1全話エピソード一覧リンク集。随時更新中!

※ファイヤーストームのロニーは、ケイトリンの恋人

激しい戦いの末、リバースフラッシュを捕まえました。

イオバード・ソーンは、134年後の未来からやって来た人物で未来のフラッシュが邪魔になり殺そうと現代にやって来たことを明かします。

失敗したソーンは、せめてトラウマを残そうとバリーの母親を刺したのです。

未来に戻ることができなくなったソーンは、フラッシュのパワーを使ってワームホールを開こうとしていました。

※粒子加速器を爆発させてバリーをフラッシュにする為に、ウェルズに成り代わったのです。

バリーはソーンから、自分を解放すれば過去をやり直して両親を救える方法があると言われ、葛藤します。

スポンサーリンク

【フラッシュ】シーズン1のエンディング

取り戻したい過去

イオバード・ソーンの取引にバリーは悩みましたが、みんなから自分を救うように言われて過去に戻ることにしました。

シスコは、ワームホールを生み出す為の装置を作るため、嫌々ながらもソーンから話を聞くことに。

ところがソーンは、シスコにも時間軸を見通せるパワーが粒子加速器の爆発で備わったと教え、混乱させます。

※シスコは、時間軸を見通せるパワーを持ったメタヒューマンだった。

その後、過去に戻ったバリーは何も変えず母親に成長した姿を見せ、彼女が息を引き取るまで寄り添います。

元の時間に戻ったフラッシュがリバースフラッシュと戦っていると、エディが自分の胸を撃ってしまいました。

※エディは、ソーンの先祖なので彼が死ねばソーンは生まれない。

そのことで、ソーンの体は消滅しリバースフラッシュの脅威は去りました。

制御不能

リバースフラッシュが消滅した直後、ワームホールに異変が発生します。

ワームホールからエネルギーが噴出し、街に巨大な竜巻のようなモノが表れたのです。

街が混乱に陥る中、フラッシュはその竜巻の中へと向かって走り出しました。

スポンサーリンク

【フラッシュ】原作との違い

・原作では、リバースフラッシュ(イオバード・ソーン)は、2代目のリバースフラッシュとして描かれていた。

・ファイヤーストームは、本来はヴィラン役でケイトリンの恋人ではない。