【THE100/ハンドレッド】ファイナル5話ネタバレ(シーズン7)。全てはクラークを無傷で手に入れるため。 | Dramas Note

【THE100/ハンドレッド】ファイナル5話ネタバレ(シーズン7)。全てはクラークを無傷で手に入れるため。

ハンドレッド シーズン7 ファイナル

©THE CW https://twitter.com/cwthe100

記事内画像: 公式サイト

【THE100/ハンドレッド】ファイナル第5話(シーズン7)ネタバレと感想。

第5話では、45日前、35日前、7日前、現在のバルドでのストーリーと、サンクタムの様子が描かれている。

さらに、姿を消したベラミー、ホープがオクタヴィアを刺した理由など物語が一気に加速する。

留守をしているクラークの代わりに、インドラがサンクタムをまとめていたが、これも一筋縄ではいかなかった。

スポンサーリンク

【THE100/ハンドレッド】ファイナル第5話ネタバレ

惑星バルド45日前

【THE100/ハンドレッド】ファイナルシーズン全話ネタバレ。(シーズン7)
【THE100/ハンドレッド】ファナルシーズン全話ネタバレとキャスト。核戦争から約97年後に、100人の若者囚人が地球に…

オクタヴィアとディヨザは、バルドに連れて行かれた。

ここで分かったのが、バルドもサンクタムも”惑星のひとつ”として考えられていること。バルド惑星、サンクタム惑星と呼ばれている。

ディヨザと引き離されたオクタヴィアは、激しく抵抗し隙を狙って逃走した。

ちょうど使徒が降りてきたエレベータに乗り込み、2階にある樹木エリアなる場所で降りて全力で走るが、姿を消していた使徒に殴られ気を失ってしまう。

*樹木エリアは、バルド内の広大な敷地に作られていた人工森で逃げることは不可能。

オクタヴィアは、尋問室のような場所で目を覚ました。

手足、頭は拘束され動けない状態だった。

そこには、レヴィットと呼ばれている尋問員のMキャップという人物いた。

彼は、機械を巧みに操ってオクタヴィアの神経に入り込み、彼女が産まれた時から今までの全ての記憶を映像で見ることが出来るのだ。

惑星バルド35日前

オクタヴィアの尋問はずっと続いていた。

彼女の過去の記憶を見るたび、レヴィットのテンションは上がって行った。

そして、ついに少女だった時のホープが映し出された。

オクタヴィアは、ホープの記憶さえ隠してくれればすべての記憶を見せると取引を申し出た。

レヴィッドは、その取引を受けホープの情報を隠すと、オクタヴィアは抵抗して見せなかった記憶も全てさらけ出す。

記憶を見せ「自分は人殺しだ」と言うオクタヴィアに、レヴィッドは「幼少時代に隠れて声を出さなかったのも母と兄を守るためだった。君は人殺しじゃない、大切な人たちを守っただけだ」と言う。

彼の言葉を聞いたオクタヴィアは、今まで気づかなかった何かに気づいた様子で驚いた表情を見せた。

レヴィッドは、ただ単にオクタヴィアの記憶が見たかっただけで、根は悪い人物ではなかった。

そこに、スーツを着たホープが助けに来た。

オクタヴィアは、ホープにレヴィッドは必要だと話し彼に脱出する手助けをしてもらう。

ホープが言っていた内部の味方というのは、おそらくこのレヴィッドだろう。

ホープは、ディヨザを捜すためにバルドに残り、まずはオクタヴィアを先に逃がすことにした。

レヴィットは、オクタヴィアがホープを探せるようタグをつけ、さらにオクタヴィアの背中にもタグをつけた。

これが、シーズン6第8話でディヨザを追ってアノマリーに入り、直後に戻ってきた時のこと。

オクタヴィアの背中に文字のタトゥーが書かれているというシーンに繋がる。

惑星バルド7日前と現在のバルド

7日前、バルドのストーン室には腕から血を流し座り込んでいるホープとレヴィット、バルドのリーダーのアンダース、他数人の使徒がいた。

どうやら、ホープはオクタヴィアを逃がした後に捕まり、アンダースの取引に応じていた。

母ディヨザを救うのと引き換えに、オクタヴィアにタグづけするという任務を課されていたのだ。

ホープはオクタヴィアにタグづけを命じられているものの、アンダースの本当の目的はクラークだった。

「クラークがすべての鍵を握っている、羊飼いが期待している」そう言ったのだ。

ここで分かったのは、ホープがレベル7ということ、ホープの腕に暗号が掛かれたメモを埋め込んだのはレヴィットだった。

そして、アンダースはホープを転送すると同時に使徒も送りこんだ。

*この使徒は、前回クラークたちが抹殺している。

次にホープが姿を見せたのは、シーズン6最終話でオクタヴィアを刺した時だった。

つまりここで時間軸が戻っていることになる。

スポンサーリンク

【THE100/ハンドレッド】シーズン7第5話の結末

現在のバルド

ガブリエル、エコー、ホープの3人はスーツを着用してバルドに侵入した。

その頃、ホープにタグづけされたことでオクタヴィアは、ベラミーの手から消えバルドに戻って行った。

そうして再び尋問が行われたが、今度のレヴィットはMキャップではなく別の人物に変わっていた。

ガブリエルら3人は尋問室に入ってオクタヴィアを救出し、レヴィットにベラミーの行方を問い詰めた。

すると、レヴィットはベラミーが人質を取ってオクタヴィアを救おうとしている映像を見せた。

そこには、使徒の首にナイフを当てオクタヴィアを助けようとしているベラミーがいた。

しかし、2人の再会した時間はわずか。

アンダースがストーンを開いてベラミーをサンクタムに戻そうとしたのだ。

ところが、使徒のひとりが「羊飼いのため」とつぶやいて爆発を起こしてしまう。

その衝撃でベラミーは吹き飛ばされ、行方が分からなくなってしまった。

この瞬間、エコーがキレた。

エコーは、「彼は必要だ」というホープの声も聞こえない様子でレヴィットを殴り刺殺したのだ。

プライムの信者

サンクタムでは、プライムの信者が酒場に立て籠もり、クラークと話しをさせろ、ラッセルを開放しなければ1時間に信者ひとりが命を絶つという強硬手段に出ていた。

酒場を責めれば集団自殺するとも話す。

その一方で、ガブリエルの子供のひとりネルソンがラッセルを殺す約束だとインドラに詰め寄る。

この状況下でクラークの不在が知られれば、サンクタムは荒れることは間違いない。

すべてはインドラの手に掛かっていた。

ところが、プライムの信者に関しては収拾がつかない。

マーフィは、「止めなくていい。忠誠者がいなくなればラッセルを救う必要も無くなる」と言うが、そういうわけにはいかない。

エモリが信者に話しをしに行こうとしたが、放射能が体内に残っていたため動ける状態ではなかった。

そこでマーフィがダニエルとして信者を説得しに行くことになった。

ところが、ダニエルと関係のあった信者が自分のことが分からないダニエルを偽物だと気づき、マーフィがダニエルではないと信者に話してしまう。

これによりマーフィは、神を穢したとして罰を与えられそうになったが、直前でインドラとエモリが信者を説得させるためラッセルを連れてやって来た。

ラッセルは、信者に罵声を浴びせながら論した。

ところが、その口調からインドラが”闇の総師”の存在に気づいたのだ。

「聞いたことがある」

インドラは、試しに彼らの言葉で「肩にクモがいる」と言うと、ラッセルが肩に目をやった。

ラッセルは、彼らの言葉を知っているわけがない。

その後、インドラはラッセルをラボに戻した後、首の後ろからフレームを抜き取らせたのだ。

スポンサーリンク

【THE100/ハンドレッド】シーズン7第5話の感想と解説

今回は時間軸が目まぐるしく、いつ、どこのというのが理解しにくいかもしれない。

惑星バルドは、サンクタムよりも時間の進みが早いようだが、監獄の惑星はさらに進みが早いことは分かった。

オクタヴィアがバルドに連れて来られた時にはもう、監獄の惑星では何年も進んでいるとレヴィットが言っていた。

ただ、アノマリーはどの時間軸にも転送できるよう。

また、使徒が被っているマスクを付けなければ記憶が消えてしまうことも分かった。

結局、オクタヴィアは少なくとも2度バルドに足を運んでいることになる。

そして、アンダースの目的はクラークであることは前回で分かっているが、今回はアンダースの口からきっぱり言っている。

クラークがすべての鍵を握っている?

ベラミーがバルドに連れて来られたのも、オクタヴィアがバルドに連れて来られたのも、すべてはクラークを無傷で手に入れるため

彼らは一体クラークを何に使おうと考えているのか?

また、「羊飼い」とは一体なにを刺しているのか?