『東京独身男子』7話ネタバレと視聴率。人生の岐路に立つAK男子。ズッ友に消費期限はあるのか? | Dramas Note

『東京独身男子』7話ネタバレと視聴率。人生の岐路に立つAK男子。ズッ友に消費期限はあるのか?

ドラマ『東京独身男子』7話では仕事、結婚、恋愛について考え方の相違からAK男子に解散の危機!

太郎とかずな、岩倉と透子、三好の経営状態の悪化と、それぞれが人生の岐路に立たされることに……。

次回ついに最終回!あえて結婚しない3人のAK男子が出した答えとは?

ドラマ『東京独身男子』

スポンサーリンク

7話あらすじ

岩倉は透子と同居することになり、三好は患者から演わ番号を受け取り浮足立ち、かずなは鼻歌を口ずさむ中、かずなに振られ仕事もイマイチの太郎は”仕事だけは絶対に失敗したくない”とヘッドハンティングを受けるかどうか悩んでいました。

その一方で実は、三好も歯科医院の運転資金がショートし掛けていると税理士から連絡があり、透子と暮らすことになった岩倉も本来の自分と違う形にストレスを抱えていたのです。

☑三好の場合

経営している歯科医院の運転資金が、税理士が心配するほど危険な状態。そんな中でも、他の歯科医院との差別化を図るため、設備投資しようと考えていました。

☑岩倉の場合

今のまま変わらないでいいからと、透子と一緒に暮らすことになったものの、家事全般をこなし自分が自分でなくなることに爆発寸前。

岩倉は、結婚なんてしてもしなくてもどうでもいいと思っている一方で、父親には昔ながらの家族の幸せを味わってもらいたいという思いがありました。

旧価値観と現価値観が自分の中で葛藤し、ストレスがマックスに。3人は自分たちが本当に望んでいることと、現実とのギャップに葛藤するのですが……。

スポンサーリンク

ドラマ『東京独身男子』7話の見どころ

太郎の”駿河湾の母”が言う結婚観とは?

結婚について3人が話している中、太郎が自身の母の結婚論について話ました。

恋愛するときは、相手のいいところばかりを見ろ。結婚するのなら、相手の欠点から目をそらすな。相手のの欠点に目をつぶれではなく、ある程度妥協が大事。

見て見ぬふりをするのではなく、相手をちゃんと認めた上で受け入れることが必要。

確かに人は完璧ではありませんし、100%理想通りの相手なんていない確率の方が高く、どこかしら”嫌な部分”があるのが普通です。

しかし、ちょっとした”欠点”があっても、それがその人なんだときちんと受け入れることが大切。それでも喧嘩することはあると思いますが、それもだからなんですね。

AK男子が大喧嘩!ズッ友じゃいられない?

『東京独身男子』最終回のネタバレと視聴率。人生変わった?みんないい人で終わる最終回あるあるが似合う!
『東京独身男子』最終回では、ドラマ締めくくるにふさわしいみんないい人で終わる「最終回あるある」で幕を...…

太郎は銀行を辞めて、銀行が融資を却下した会社への転職に意欲を示していました。これまで安泰な人生を歩んできた太郎にとっての一大決心です。

しかし、それが引き金になって3人は大喧嘩。それぞれが抱えているストレスを爆発させたのかもしれませんね。今まで自由に生きてきたAK男子でしたが、それぞれの事情が変わり自分対応できないのでしょう。

「ズッ友~」と約束していた3人。それぞれが人生の岐路に立たされ、ズッ友消費期限解散の危機に立たされてしまいました。

お互いがお互いを心配し過ぎるあまりの行動のように見えますが、それが分かっていても結局自分の人生は自分で選択するしかないのです。

スポンサーリンク

ドラマ『東京独身男子』7話を観た感想

太郎、三好、岩倉の3人は、色々なことに手を伸ばしたい、でもそれを掴みに行くことに臆病になっているような気がします。

さらに、かずなを”2番目”と言っていた太郎が、彼女に告白したことでネット上では微妙な反応でした。

結局、彼らはAK男子を堪能していたものの、年齢的なことがあって結婚を意識するようになったわけですが、本当に結婚したいと意識いなければ、どこに転んでもうまくいかないのでは?

岩倉も「正直、結婚なんてしてもしなくてもいい。親のため」と本音をいっていましたし、太郎も「仕事だけは絶対に失敗したくない、大事だから」と。

彼らにとって結婚は二の次。うまくいかないのも当然です。何のために結婚するかによって、その後の人生も変わってくるはず。

また今回、透子と一緒に暮らし始めた岩倉も、透子から同居解消を言い渡されました。ただ、彼女は彼女なりに考え、何が一番いいのかを考えていたはず。

岩倉が用意しておいた食事を見た時、彼女は岩倉らしさが無くなっていること、自分が岩倉らしさを壊していると考えたように思えます。

だから家を出ていくと言ったのではないかと推測しました。彼女は、自分らしくいればいいと言われて同居に踏み切ったものの、言った本人が自分らしさを失いかけている。

愛する人が自分のせいで、自分らしさを失っていると気づいた時は、これまでにない辛さだったはず。それを察したからこそ、岩倉父は自分が出て行こうと決めたのかもしれませんね。

次回はついに最終回を迎えますが、AK男子が下した結果、3人に下された結果はどうなるのでしょうか?

『東京独身男子』7話の視聴率は分4.1%でした(ビデオリサーチ調べ、関東地区)