【月に咲く花の如く】あらすじ感想(1話・2話)。実在した女性豪商の一代記。 | Dramas Note
アジア ヒューマン 実話を基にしたドラマ 恋愛ドラマ 歴史ドラマ

【月に咲く花の如く】あらすじ感想(1話・2話)。実在した女性商人の一代記。

月に咲く花の如く


【月に咲く花の如く】あらすじ1話・2話。

本作は、実在した女性商人の成長と愛が描かれた中国ドラマです。

粗暴な主人公が大人の女性へと成長していく過程や、たぐい稀な商才で豪商となっていく様が見どころ。

この記事では、ネタバレ感想と放送予定日をお伝えします。

スポンサーリンク

【月に咲く花の如く】あらすじ

主人公の周瑩しゅうえい(スン・リー)は、両親の存在を知らぬまま養父に育てられ、大道芸人として自由気ままに暮らしていました。

貧しい暮らしの中、生きていくために、周瑩は時に人をだまして小金をせしめることも……。

ある日周瑩は、街で出会った呉聘ごへい(ピーター・ホー)にウソの身の上話をして、小金をだまし取りました。

呉聘はだまされたことに気づかず、困ったらいつでも尋ねてくるようにと言って、周瑩に名帖(名刺)を渡します。

呉聘の優しさに触れた周瑩は、罪悪感を抱いたのか神妙な顔つきで彼に頭を下げるのでした。

その後、周瑩は沈家に身を売られ、次男の星移せいい(チェン・シャオ)に仕えることになりました。

沈家……地域で2番目に大きな商家

星移はワガママなお坊ちゃまで問題児。

沈家の主人や長男も、問題ばかり起こす星移に手を焼いているようです。

そんな星移に仕えることとなった周瑩は、破天荒な振るまいが星移に気に入られました。

クビになりたい周瑩は好戦的な態度で星移に接しますが、ますます気に入れてしまい、星移の側女に選ばれる始末。

沈家から逃げ出すことにした周瑩は、庭で見つけた輿こしに乗り込み身を隠しました。

するとその輿は呉聘のものだったらしく、周瑩は呉聘とともに呉家へ向かうこととなるのです。

スポンサーリンク

【月に咲く花の如く】1話ネタバレ

呉聘(ごへい)との出会い

周瑩しゅうえいは、いつものように養父と大道芸を披露し、観客からお布施をもらいます。

より多くのお金をもらうため、時にはインチキ芸で観客をだますことも。

芸が終わって周瑩が町を歩いていると、高級そうな馬車に乗った人の良さそうな男性が“当たり屋”に絡まれていました。

当たり屋とは、わざと馬車にぶつかって治療費をだまし取る詐欺師のこと。

当たり屋に絡まれている男性の名は呉聘ごへい

豪商の若旦那である呉聘は、困っている人を放っておけない気の優しい人物。

呉聘の優しそうな人柄を見た周瑩は、自分も呉聘からお金をせしめようと思いつきます。

周瑩は「母の治療費が必要なので、この家宝(←無価値の品)を買ってください」とウソを並べ立て、呉聘からお金をだまし取ろうとしました。

すると呉聘は、「家宝なら大事にしなくては」と言って家宝は受け取らず、お金を周瑩に渡すのです。

さらに、困ったときはいつでも尋ねて来なさいと言って、名帖まで渡してくれました。

呉聘の優しさに触れた周瑩は、罪悪感を抱いたのか神妙な顔つきで彼に頭を下げるのでした。

人をだます主人公に苦手意識を持つ方もいるかもしれませんが、人をだますのは1話だけです!次第に人として成長していくのでご安心を。

星移(せいい)との出会い

周瑩しゅうえいが宿に帰ると、養父の周老四しゅうろうしは荷物をまとめていました。

周老四が言うには、賭場でお金を使い果たしてしまったため、富豪の家に周瑩を売ることにしたのだとか。

いつものように、数日働いたら隙を見て逃げ出せ。町の外で落ち合おう」と言う周老四。

翌日。周瑩は、地域で2番目の豪商である沈家で侍女として働くことになりました。

(ちなみに、1番の豪商は呉聘ごへいの家)

沈家の門の前には、「星移せいい様と結婚をするの!会わせて!」としつこく叫んでいる芸妓の女性がいました。

星移は、沈家の次男。

どうやら星移は、芸妓の歌に1000両もの大金を払ったせいで、芸妓につきまとわれているようです。

長男の月星は、500両を渡して芸妓を帰らせたものの、星移を呼び出して説教をします。

兄に説教をされて気が立っている星移は、苛立ちマックスの声で「茶を持ってこいっっ!!」と侍女に命令。

星移の侍女として働くことになった周瑩は、命令どおりお茶を持って行きました。

すると、湯のみが熱いことが気に入らない星移は周瑩に八つ当たり。

周瑩は、星移の攻撃をよけているうちに、つい彼の胸を蹴ってしまいます。

蹴られて頭を打った星移は、ムチで周瑩をお仕置きしようとしますが、父親から呼び出されて部屋を後にします。

侍女らしからぬ周瑩

芸妓の件で父親から大目玉をくらった星移は、棒叩きの罰を与えられて、背中とお尻が傷だらけに。

痛みで寝床から動けない星移は、夜も眠れず「痛い痛い」と大騒ぎ。

一方、大奥様から星移の傷を治すよう言われた周瑩は、そのへんに生えている草をもぎ取って星移の傷口に塗りました。

そして周瑩は、薬草を塗りながら星移との会話で主導権を握っていくのです。

周瑩が星移を蹴ったシーンの裏話。

リハーサルでは足がアゴに当たってしまい、チェン・シャオ(星移役)のアゴが赤くなってしまったそうです。

スポンサーリンク

2話のネタバレ

星移に気に入られてしまう周瑩

侍女として働くことになった周瑩は、星移に呼び出され「今後はお前が傷の治療をしろ」と言われます。

星移が言うには、侍医の薬は効果がなかったためクビにしたとのこと。

周瑩は治療をする代わりに「私に乱暴をしないことと罵らないこと」を星移に約束させました。

養父と落ち合うため、さっさとクビになりたい周瑩は好戦的な態度で星移に接しますが、かえって気に入られてしまったようで。

寝床から動けない星移は、周瑩に暇つぶしの相手になってもらいます。

面白い遊びや面白い話をする周瑩をどんどん好きになっていく星移。

周瑩の生い立ちを聞いた時には同情をし、優しい声で「安心しろ。一生この家に置いてやるから」と言葉をかけるのでした。

星移からの逃亡、呉聘との再会

奥様⇒星移の母親

大奥様⇒星移の祖母

沈家の大奥様は、外で遊びまわる星移を落ち着かせるため、星移に側女を与えることにします。

望まない者を与えてもまた外で問題を起こすだろうから、星移の好きなように選ばせなさいと言う大奥様。

星移は迷わず周瑩を選びました。

奥様に呼ばれた周瑩は、「お前を星移の側女にする」と言われますが断固拒否。

その後、側女になるのを断ったと知った星移は、ものすごい勢いで扉を開け、怒り心頭の様子で周瑩の部屋に入ります。

「実力行使で側女にする」と言い、強引に周瑩に迫る星移。

周瑩は必死に抵抗をし、その拍子に星移を蹴ってしまいます。

怒った星移は周瑩をお仕置き部屋に監禁し「あんな無礼な女は飢え死にさせろ!」と部下に命じました。

しかし数時間後には、周瑩のことが気になり食事を持ってお仕置き部屋に向かう星移。

すると周瑩は部屋におらず……!?

一方の周瑩は、沈家から逃げ出すことを決意し、庭で目にした輿に逃げ込みました。

するとその輿は呉聘のものだったらしく、周瑩は呉聘とともに呉家へ向かうこととなるのです。

スポンサーリンク

【月に咲く花の如く】感想

1話感想。登場人物が魅力

実在する女商人・周瑩しゅうえいの生き様が描かれた【月に咲く花の如く】。

本作の素晴らしいところは、脚本力と登場人物の魅力です。

主人公の周瑩は、最初からTHE善人というわけではありません。

最初のころは、生きていくために小金をだまし取ったり、恩人の家で勝手気ままに振る舞ったり。

また、言動がとても粗暴なので、初めは周瑩に苦手意識を持つ方もいるかもしれません。

ですが安心してください!ちゃんと善悪を学び、大人の落ち着いた女性へと成長していきます。

人間としての成長はもちろんのこと、女性としても商人としても成長していく過程がとても面白いのです。

周瑩を演じるスン・リーも、本作の出演を引き受けた大きな理由は

「ストーリーの面白さと、周瑩というキャラを好きになれたこと」だとインタビューで話していました。

脚本を読んで、周瑩を演じたい気持ちでいっぱいになったとも。

1話ではまだ少ししか出ていませんが、星移せいいもいいキャラをしています。

ぬくぬく育った御曹司の雰囲気を持ち、悪ガキ感もたっぷり。

気分次第で女性(侍女)に乱暴しようとしたり、ただただ子供っぽい人なのですが、それでも憎めない魅力があります。

ちなみに、スン・リーが作中で一番好きなキャラは星移なのだとか。

2話感想。憎みきれない星移

星移は完全に周瑩にホレていますね♡

2人は破天荒な性格なので気が合うのでしょうし、周瑩と一緒にいる時の星移はとても楽しそうに見えます。

周りの侍女たちは皆ただ命令に従うだけで、星移からすると面白くないのでしょう。

周瑩との時間を過ごせば過ごすほど、星移が彼女をどんどん好きになっているのが見て取れました。

一方の周瑩は、ムチでお仕置きされたことが許せず、星移をただの乱暴者だと思っている様子。

今のところ、星移に対して恋愛感情を持っていないようです。

そんな周瑩の気持ちを無視して、星移は周瑩を側女にすると言って、何が何でも周瑩を自分のモノにしようとします。

相手の気持ちを尊重せずに、自分の気持ちを押し付けてしまうところがまた子供っぽいですね。

そんな子供っぽさが星移のカワイイところでもあるのですが(笑)

また、周瑩の生い立ちを聞いた時には、同情をして「安心しろ。一生この家に置いてやる」と優しく言葉をかける一面も♡

周瑩と星移がくっつくのかと思いきや、周瑩は沈家(星移の家)から逃げ出しました。

ムチでお仕置きをされれば逃げたくもなるでしょうし、今の段階で星移に恋愛感情を持てないのも分かります。

2人の関係がこの先どうなっていくのか注目ですね!

※次回3話・4話のネタバレ感想はこちらです。

【月に咲く花の如く】感想(3話・4話)。アドリブの裏話も!
【月に咲く花の如く】ネタバレ感想3話・4話。早くも周瑩の商才が開花!? 人としても商人としても成長していく周瑩から目が離…

3話では、商才を発揮する周瑩が見られます。

また、呉聘(ごへい)の優しさと大らかさにほっこりすること間違いなし♡

スポンサーリンク

放送予定日/再放送はいつ?

【放送予定】

日程:2020年1月8日(水)~

チャンネル:BS11(無料チャンネル)

時間:15時29分~16時30分(月~金)

【製作】

中国

【公開】

2017年

【原題】

那年花開月正圓

【配信】

U-NEXT

【キャスト】
スン・リー、チェン・シャオ、ピーター・ホー、ユー・ハオミン、レン・ジョン、チャン・チェングアン、ツェー・クワンホウ 他

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Dramas Note