【月に咲く花の如く】45話・46話。一生嫁がない女と一生愛する男、2人の想いが切なすぎる | Dramas Note

【月に咲く花の如く】45話・46話。一生嫁がない女と一生愛する男、2人の想いが切なすぎる

出典:www.amazon.co.jp

【月に咲く花の如く】ネタバレ感想(45話・46話)。

星移の祖母は、星移が周瑩をかばって大ケガをしたと知り大激怒。

すぐさま周瑩のもとへ行って罵り、呉聘のことまでも侮辱するのです。


その一件により、周瑩はとある誓いを立ててしまうのです。

スポンサーリンク

【月に咲く花の如く】あらすじネタバレ45話

趙白石の追放を企てる者たち

【月に咲く花の如く】最終回までの全話あらすじ。キャストも総まとめ!
【月に咲く花の如く】あらすじ全話。実在する女商人の一代記が描かれた本作は、中国で2017年の視聴率NO1(時代劇部門)に…

仕事を失った者たちの暴動により、織布局は打ち壊されました。

思い通りになり満足気な杜明礼と・めいれいのもとに、ベイレ様からの新たな指令が届きます。

指令は、涇陽から趙白石ちょう・はくせきを追放すること。

そのための策を思いついた杜明礼は、まずは沈家の四海のもとを訪れ、役所で請願をするよう依頼しました。

♦請願の内容♦

・暴動を起こした者たちを“英雄”扱いする

・逆に、織布局を設立しようとした趙白石や周瑩を“悪者”扱いする

そうすることで、この地から趙白石を追放できると言う杜明礼。

四海は請願の依頼を断りますが、杜明礼に息子の星移を盾にされてしまい、仕方なく依頼を引き受けることにするのです。

心を捧げて

以下、大きなネタバレを含んでいますので、未視聴の方はご注意ください。

その頃、沈家の大奥様(星移の祖母)は、使用人から「周瑩のせいで星移が大ケガをした」と報告を受けました。

周瑩に激しい怒りを覚えた大奥様は、すぐさま呉家東院へ行き、周瑩の顔を見るなり罵倒します。

さらに、2度と星移に近づくなと忠告。

対する周瑩は、大奥様からの罵倒をじっと聞いていましたが、亡くなった呉聘を侮辱されたことで怒りがこみ上げます。

「よく聞きな ばあさん。お金で虚勢を張る沈家なんて、こっちから願い下げ!」

そう言い捨てて、立ち去る周瑩。

部屋に戻った周瑩は、呉聘の名帖(名刺のようなもの)を眺めているうちに涙が浮かんできます。

その名帖は、周瑩が初めて呉聘と出会った時に、困ったらいつでも訪ねてきなさいと言って呉聘が渡してくれた思い出の品。

彼女は名帖を手にしながら呉聘に思いを馳せ、やがて声をあげて泣くのです。

少しして嗚咽が落ち着いてきた頃、彼女のもとに星移が訪ねてきました。

星移は、大奥様をはじめとする沈家の人間がどうであれ、自分の周瑩への気持ちは変わらないと伝えに来たのです。

そして星移は、周瑩に求婚をします。

図爾丹トゥー・アルダンに言ったらしいな。

お前の心は、呉聘と共に土の下に埋まっていると。

ならば、ここにある俺の心をお前に差し出す」

その言葉を受けて、周瑩は目に涙を浮かべるも彼女の心は決まっていました。

少しの沈黙の後、周瑩は意を決したように口を開き、近くにいた王世均おう・せいきん神堂に皆を集めるよう指示します。

役人の趙白石に立ち会ってもらいたいから呼んできて欲しいとも。

そして、星移にも「一緒に来て」と伝えるのです。

全員が神堂に集まると、周瑩は呉聘の位牌の前でひざまずき、誓いを立てました。

「一生誰にも嫁ぎません。

 寡婦を貫き、呉家の名で死にます」と。

誓いを終えた周瑩は、星移のほうを向き直り、静かな声で「お引き取りを」と告げました。

対する星移は、周瑩の誓いをとても受け入れられないといった表情で彼女を見つめます。

お引き取りをと言われてもすぐには体が動かず、周瑩を見すえたまま、一歩ずつゆっくりと後ずさる星移。

ようやく周瑩から体をそむけることができたものの、その場で膝から崩れ落ちてしまいます。

そんな星移の姿を見た周瑩は、目に涙を浮かべて駆け寄ろうとしますが、寸でのところで思いとどまりました。

そして、去り行く星移の姿を見つめながら一筋の涙を流すのです。

一方で、趙白石もまた、周瑩の誓いを聞いて傷心していました。

血がにじむほどに拳を握りしめる趙白石。

それを見た呉漪ご・いは、彼が周瑩を愛していると悟るのです。(呉漪は趙白石に片思いをしています)

スポンサーリンク

【月に咲く花の如く】あらすじネタバレ46話

織布局を再建するために

・蔚武(いぶ)……西院当主

・蔚全(いぜん)……中院当主

「呉家に生涯とどまる」と誓いを立てた周瑩は、蔚武との約束どおり大当主に戻りました。

誓いを立てれば大当主の座を譲ると蔚武に言われていたのです

ところが、大当主に戻ったと同時に、蔚武と蔚全に合併を解消されてしまいます。

周瑩にとって合併を解消されたことは痛手でしたが、それでも彼女は織布局を再建して盛り返す気でいました。

まずは、再建に必要な10万両の資金を集めようと、学徒房の元生徒たちと策を練ることに。

そこで思いついたのは、呉家東院の株を売ることでした。

周瑩は、呉家東院で働く者たちに5割の株を売ることにしたのです。

たとえば、綿花店の株を買ったとして、店が利益を得ればその何割かのお金を株主ももらえます。

さっそく周瑩は呉家東院の者たちを集めて株の話をしましたが、まったく売れません。

なぜ買わないのか理由を聞いてみると、「店が利益を得れば株主も得をするけど、店が赤字のときには株主もをするから」と返ってきます。

そこで周瑩は、店が赤字になった時のために保証をつけると言いました。

馬や呉家の家具を担保にし、もしも店が赤字だった時にはその担保を株主に与えることにしたのです。

担保の話を聞いた呉家の者たちは、安心して株を買うことにしました。

星移が上海行き!?

ある日星移は、「名家の令嬢と結婚をしろ」と父の四海に言われました。

四海が言うには、もしも杜明礼と手を切ることになれば後ろ盾を失うことにもなるゆえ、別の後ろ盾を得るために令嬢を娶れとのこと。

周瑩しか娶らないと答える星移ですが、四海も「令嬢を娶れ」と言って引きません。

「好きな女がいます」

「忘れろ」

「できません」

星移の意思が固いと悟った四海は、それならばと別の提案を口にするのです。

「上海に行け」

一生の愛

以下、重要なネタバレを含んでいますので、未視聴の方はご注意ください。

上海に行く前に一度だけ周瑩に会いたい。

そう思った星移は、周老四に頼んで彼の手引きで周瑩の部屋に侵入しました。

こちらに気づいた周瑩は、驚いた表情を見せるもかつてのように星移を追い出したりはしませんでした。

上海に行くこと、いつ戻ってこられるか分からないことを伝えると、周瑩の瞳に動揺が映ります。

そこから“誓い”の話になり、「あなたに何もあげられなくてごめんなさい」と謝る周瑩。

星移も想いを言葉にします。

「以前にここでお前にひどく罵られたとき、悔しさから立派な男になろうと決意した。でも今の私は、お前に何も与えられていない。愛する資格がない」

続けて、上海で独り立ちをしたらいつかお前を娶りたいと言う星移。

すると周瑩は、諦めが悪いわねと言いながらも涙を浮かべます。

そして、「一生かけてもお前を娶る」という星移の言葉を聞き、周瑩は涙があふれ出すのです。

涙を見た星移は、贈り物があると言って自身が描いた周瑩の絵を見せました。

ところが、あまりの下手さに周瑩は吹き出してしまい、泣き笑いをするのです。

「なにこれ醜い!」

「泣いてるお前よりは醜くないだろ」

数日後、星移は上海に旅立ちました。

スポンサーリンク

【月に咲く花の如く】感想45話

※ネタバレ注意

今回の45話はとてもつらい回でした。

まず、周瑩が呉聘の名帖を見ながら声をあげて泣いたこと。

周瑩にとって、亡くなった呉聘を侮辱されることは何よりも耐えがたいことなのだと思います。

彼女の嗚咽には、悲しみ苦しみ悔しさといった色々な感情が感じられ、画面を見ていられないほどでした。

また、彼女の心に寄り添おうとする星移の言葉にも胸が詰まります。

「お前の心が呉聘と共に土に埋まっているのなら、俺の心をお前に差し出す」

周瑩の心を引っ張りだすのではなく、自分が心を差し出す。

それは、周瑩に寄り添う最大級の言葉だと感じました。

これまでは自分の気持ちを押し付けるばかりで、相手を尊重するという概念がなかった星移。

その彼が、今、ここまで周瑩に寄り添っている。

星移の成長を感じると同時に、彼女への愛の深さを感じた瞬間でした。

でも彼女は、一生誰にも嫁がないと誓いを立ててしまう。

どう見ても、周瑩は星移の言葉に心を揺さぶられていたのに……なぜ誓いを立てたのか。

大奥様に呉聘を侮辱されたことが悔しくて悲しくて、それで誓いを立てたのでしょうか。

この回では彼女の心情が明かされなかったので、次回以降に注目したいです。

また、他の人もそれぞれに切なかったですね。

王世均。彼は一瞬で切なさを表現するプロかというぐらい、短いカットの中で切なさを滲ませています。星移が求婚したときも、王くんの表情が切なすぎました。

誓いを聞いた趙白石は、どこにそんな激情を秘めていたのだろうというぐらい、本を投げ散らかしてたのが意外でした。視聴者が想像するよりも情熱的な男性なのかも。

呉漪は、趙白石が周瑩を想っていると知ってショックそうでした。このことで呉漪と周瑩がギスギスしないと良いのですが……。

スポンサーリンク

【月に咲く花の如く】感想46話

※ネタバレ注意

“周瑩の誓い”は、星移の心をどれほど傷つけたことでしょう。

前回、彼の表情からは、重いなまりに押しつぶされたかのような痛みが見て取れました。

それなのに、周瑩への気持ちは少しも変わっておらず、一生愛し続けると誓った星移。

彼のまっすぐな愛情は、周瑩の心を少しずつ揺さぶっているように思います。

周瑩は今でも呉聘を愛しているのだろうし誓いも立てたけれど、きっと星移のことも愛し始めているように思うのです。

彼女の表情と涙がそれを物語っています。

少し話がそれますが、以前に韓三春が口にした「図爾丹と星移の重みが違うからでしょう」。

この言葉が証明された気がします。

周瑩は、図爾丹に求婚されたときも断ったときも、涙を流すことはありませんでした。

けれども、星移から真剣に求婚されたときには涙を浮かべ、断ったときにも涙を流し、そして今回、一生の愛を伝えられてポロポロと涙をこぼしました。

この違いから、周瑩にとって星移が重みのある存在であることが分かります。

そんな周瑩を見ていると、2人が相思相愛になる日は近いように思えましたが……。

星移が上海に行ってしまったことで、2人の心が通じ合う日が遠のいてしまった気がします。

※次回の47話・48話の感想記事はこちらです。

【月に咲く花の如く】感想47話・48話。千紅(せんこう)役は誰?
【月に咲く花の如く】ネタバレ感想(47話・48話)。株を売り始めた周瑩は、織布局の再建資金を集めることができました。その…

次回は、星移が上海に行ってしまった寂しさがある中、ドラマにはたくさんの見どころもあり楽しめる内容となっています。