【月に咲く花の如く】73話・最終回(74話)。星移の生き様、周瑩の生涯。 | Dramas Note

【月に咲く花の如く】73話・最終回(74話)。星移の生き様、周瑩の生涯。

出典:www.amazon.co.jp

【月に咲く花の如く】73話・74話。

ついに最終回を迎え、それぞれの行く末が気になるところです。

趙白石からの縁談に周瑩はどう答える?

革命に身を投じる星移はどうなる?


泣いても笑っても最終話!この記事では、ネタバレ感想をお届けします。

スポンサーリンク

【月に咲く花の如く】ネタバレ73話

女の生き方

【月に咲く花の如く】最終回までの全話あらすじ。キャストも総まとめ!
【月に咲く花の如く】あらすじ全話。実在する女商人の一代記が描かれた本作は、中国で2017年の視聴率NO1(時代劇部門)に…

周瑩が尽力して建てた女子学堂がついに開校!

周瑩は、開校式に参列している趙白石に、縁談の返事を伝えました。

「申し訳ないけどお断りするわ」

趙白石は断られた理由を問いますが、周瑩はそれには答えず開校式のスピーチを始めるのです。

「私はこれまでやりたい放題に生きてきて、趙白石殿から棒打ちをされたこともある。

女子学堂を建てた理由は、“女子が学べば国は救われる”という友人(星移)の言葉が正しいと思ったからよ。

私は自分の人生に悔いはない、己の意思に背かなかったから。

皆も、愛したい人を自由に愛して痛快な人生を送るのよ!」

参列した生徒や父兄から拍手がおこり、趙白石も手を叩きます。

もしかすると、周瑩が縁談を断った理由はスピーチの中に答えがあるのかもしれません。

呉家東院のおもてなし

1900年8月。

義和団の反乱を鎮圧するため、連合軍が北京を占拠。

それにより皇帝と西太后は西安へ逃れたものの、滞在先の居所が粗末で気に入らないとのことで、呉家東院がおもてなしをすることになったのです。

もてなしの責任者として指名された趙白石は、急いで呉家東院へ行き、使用人たちにあれこれと段取りを指示します。

ひと通りの準備をしたあと、趙白石は「唯一の不安ごとはそなただ」と言って周瑩に挨拶の練習をさせるのでした。

いざ、両陛下を呉家東院に迎えると、さっそく周瑩にお呼びがかかります。

周瑩は教えられたとおりに振るまい、西太后からの多くの質問にも答え、ことなきを得るのです。

スポンサーリンク

【月に咲く花の如く】最終回(74話)ネタバレ

星移の覚悟

西太后との対話に失敗したかもしれないと不安に思う周瑩でしたが、皇太后は周瑩を気に入ったらしく爵位を与えてくれました。

次に召された趙白石は、西太后に“銭荘の帳簿”を差し出します。

帳簿の内容から郡王が私腹をこやしていることを知った西太后は、郡王を処罰すると断言するのです。

数日後。

周瑩は、趙白石ちょうはくせきから「町で星移が目撃された」と知らされました。

趙白石の話によると、

・皇帝と西太后の暗殺を狙う組織がある

・星移はその組織の中心人物

・おそらく星移は、呉家で両陛下を暗殺するため町に戻ってきたのだろう

・もしも呉家で暗殺されるようなことがあれば、我ら呉家の人間はすべて打ち首になる

とのこと。

話を聞いた周瑩は、無人でさびれた沈家に足を運び、かつての星移との思い出を反芻します。

その日の夜、周瑩の部屋に星移がやってきました。

もう2度と会えないかもしれないと覚悟していた2人にとって、この再会はどれほど重いものでしょう……。

2人はしばらくの間抱きしめ合っていましたが、周瑩には分かっていました。

「陛下たちを殺しにきたんでしょ?」

「そうだ」と星移。

周瑩は「呉家には多くの見張りがいるし、ここで暗殺をすればあなたの命も危ない」と言いますが、星移の決意は変わりません。

星移は、呉家に疑いが向かないよう策を考えてきたと話し、周瑩の肩を刺しました。

そして、彼女を抱き寄せながら口づけをします。

積年の愛をすべて出し切るかのように、強く、唇を重ねました。

愛を貫いて

以下、結末に関する重要なネタバレを含んでいますので、未視聴の方はご注意ください。

星移は、呉家に疑いが向かないようにするために、周瑩を刺して拘束します。

そして星移が部屋から出ようとすると、扉のすぐ後ろで趙白石が待ちぶせていました。

星移を捕らえようとする趙白石に、星移は鉄砲をかまえてドアを閉めろと指示。

2人は国民を思う気持ちは同じでありながら、朝廷に仕える趙白石と朝廷を滅ぼすつもりの星移は対立せざるを得ません。

「星移を逃がしてあげて」と涙ながらに訴える周瑩。

彼女の訴えが響いたのか、趙白石が星移を逃がそうとしたその時……。

屋敷に刺客が現れ、趙白石が刺客を追いつめて覆面をとると、それは呉家西院の呉沢ご・たくでした。

呉沢だと気づいた趙白石は、とっさに呉沢を周瑩の部屋に押しこみます。

呉家の人間(呉沢)が西太后の暗殺を企てたと知られれば、呉家の者は全員打ち首になってしまいます。

周瑩の部屋の前には、刺客を捕らえるために兵たちが待機しており、今にも突入してきそうな勢いです。

そんな中、星移は「策がある」と言い、呉沢の覆面を自身がつけて部屋を出ていこうとします。

呉家の人間ではない自分が刺客になり代われば、呉家の者は打ち首にならずにすみ、周瑩を守れるから

「行ってはダメ!」と止める周瑩に、星移は諭すような笑みを向けて部屋を出ていきました。

大勢の兵に囲まれた星移は戦うも、最後は背中に槍を突き刺されて亡くなってしまいます。

星移が最期に視線を向けた場所は、周瑩がいる部屋でした。

周瑩の生涯

以下、結末に関する重要なネタバレを含んでいますので、未視聴の方はご注意ください。

呉家の人間ではない星移が刺客として死したことで、呉家全員の命が守られました。

(あのまま呉沢が捕まっていれば、呉家は全員打ち首だった)

数年後。

郡王一家は流刑になりました。

一方の周瑩は、留学する懐先を船乗り場から見送ります。

そしてラストシーン。

ドラマの最後は、周瑩の一生が記された文章が流れて幕をおろしました。

【周瑩の生涯】

周瑩は、1869年に陝西三原県の周家に生まれた。

幼いころから才知と人格を兼ね備え、17歳で呉家東院の呉聘に嫁ぐ。

結婚後は呉聘と義父を相次いで亡くし、幼い養子を抱えて呉家の商いを一手に担った。

仁義と信用を重んじ、柔軟な手腕で呉家を大商家へとのし上げ、慈善事業にも尽力。

そして1908年。40歳でこの世を去り、一品の誥命夫人に封じられた。

おわり。

スポンサーリンク

【月に咲く花の如く】感想73話

なんと、西太后と皇帝が呉家東院に滞在するという予期せぬ展開!

西太后に召された時のために、周瑩が予行練習をさせられているシーンは笑えました。

厳しくしつける趙白石と、おふざけをする周瑩。

2人のやり取りは、笑いが絶えなかった昔のワンシーンのように思えて心が温かくなりました。

【月に咲く花の如く】は残り1話のみ。

周瑩が趙白石の縁談を断ったのは予想どおりでしたが、星移とのラブラインはどうなるのか最後まで見逃せません。

また、周瑩を愛する男性のなかで唯一まだ思いを告げていないのは王世均。

最終話では王世均にもスポットライトが当たるのか!?(当たってほしい)

ただ彼の性格からすると、最後まで自分の思いは伝えずに、忠臣として周瑩に付き従うのではないかと予想します。

スポンサーリンク

【月に咲く花の如く】最終回(74話)感想

以下、結末に関する重要なネタバレを含んでいますので、未視聴の方はご注意ください。

星移が革命に身を投じたときから、彼の死は予想していました。

でも、彼が亡くなったのは革命に命を捧げたからではなく、周瑩を守るために死したことが唯一の救いです。

なぜなら、星移は愛する人のために死ねるなら本望だと思っているはずだから。

だから、最後の最後まで周瑩を守りぬいた星移の人生は、悲しすぎるけれど納得のいくものでした。

ただひとつ言いたい。

せめて周瑩には、星移の死を見届けてあげてほしかった、そういう脚本であってほしかった。

愛する人と死ねること、または愛する人に見届けられて死ぬこと、愛する人を守って死ぬことが星移にとっての幸せだからです。

34話では愛する人と死ねるなら本望だと叫び、59話では死の瀬戸際で周瑩の腕に抱かれて「この上なく幸せだと」言っていた星移だから。

ゆえに、周瑩の見ていないところで星移が亡くなってしまったことが悲しくてたまりません。

あと、せっかくの最終話なので、王世均のエピソードも何かしら欲しかったです。残念。

ドラマ全体の感想としては、60話あたりまでは文句なしに面白く、キャラ全員に愛着がもてるような人物の描き方も素晴らしいです。

本作に限らず、中国の歴史ドラマの多くは愛する人が亡くなります。

その理由はおそらく、主人公の一代記がメインテーマである以上、ハッピーエンドで終わることよりも主人公の人生を描ききることに重きを置いているからでしょう。

【瓔珞(エイラク】は、BS12で4月29日からスタートする宮廷歴史ドラマです♥

中毒性があって大人気!

ドロドロが苦手じゃなければオススメのドラマです。