【ウォーキング・デッド】はシーズン11で終了。ダリルとキャロルのスピンオフ製作が決定!他1作品も企画中! | Dramas Note

【ウォーキング・デッド】はシーズン11で終了。ダリルとキャロルのスピンオフ製作が決定!他1作品も企画中!

ウォーキングデッドネタバレ

Copyright © 2010-2019 AMC Network Entertainment LLC. All rights reserved.

米AMCは現地9日に【ウォーキング・デッド】がシーズン11で終了すると発表した。

コロナ禍により放送が延期となり、全16話だったシーズン10は6話追加され全22話となった。

シーズン11は全24話で構成されコロナの影響で撮影が遅延していることもあり、シーズン10と合わせて撮影に入るものと思われる。

これにより、【ウォーキング・デッド】は残り30話で完結することになる。

シーズン11の放送は全米で2021年後半から2022年が予定されている。

スポンサーリンク

ダリルとキャロルのスピンオフ製作が決定!

ダリル(ノ-マン・リーダス)とキャロル(メリッサ・マクブライド)と言えば、シーズン1から出演している大御所キャラクターだ。

ダリルとキャロルは、お互いを大切な友人として認め合いどんな時も2人は繋がっていた。

かつて、総督との争いでウッドベリーに残された住民を引き取り共に刑務所での生活を送っていた。

ところが、刑務所がウイルスに汚染され次々と仲間が亡くなって行った。

その時、キャロルはずっと一緒に支え合ってきた仲間を助けるために感染した女性を殺した。

これが原因で、リックは刑務所からキャロルを追い出したことがある。

結局、総督との最終戦争で刑務所を失ってしまったが、その後 終着駅でほぼ全員が囚われの身となり危機的状況に陥ったことがあった。

この時、みんなを助けたのはキャロルだった。

➤ウォーキング・デッド シーズン10まとめ

キャロルの姿を見たダリルは、まるで子供のようにキャロルに飛びついてハグしたシーンがある。

これからも、2人の繋がりがとてつもなく深いことは容易に想像できるだろう。

そんな2人のスピンオフが製作されるとあらば、TWDファンは決して見逃す手はない。

スポンサーリンク

ダリルとキャロル以外のスピンオフも企画中!

スピンオフ製作には、TWDの脚本を手掛けて来たスコット・M・ギンプルとショーランナーのアンジェラ・感が携わることになっている。

さらに、まったく別のスピンオフ【Tales of the Walking Dead(原題)/テイルズ・オブ・ザ・ウォーキング・デッド】製作の企画も進んでいる。

これば、既存のキャラクター以外にも新キャラクターに関する過去の物語を1話完結もしくは、数話に渡って描いていくようだ。

リックを主人公にした映画の撮影も進んでいるようで、さらにスピンオフ2作品とは全世界のファンにとっても待ち遠しいものになるだろう。

スポンサーリンク

ダリルとキャロルのスピンオフ放送はいつ?

2人のスピンオフは製作が決定したというだけでタイトルは不明。

放送予定は2023年

シーズン11が終わった次シーズンからスピンオフが放送されるのかもしれない。

シーズン10ではリックが居なくなった後もずっと彼を探し続けていたダリルが印象的だった。