ウォーキング・デッド」最終話予告編で放映日が判明、結末も初公開 | Dramas Note
スポンサーリンク

「ウォーキング・デッド」最終話予告編で放映日が判明、結末も初公開

ウォーキングデッド11ネタバレTV/News
© 2010-2022 AMC Network Entertainment LLC. All rights reserved.|© Disney. All rights reserved.

AMCは、サンディエゴ・コミコンで “ウォーキング・デッド “の最終回の放映日を決定し、その予告編もパネルで公開した。シーズン11は全24話で構成され2021年8月にパート1、2022年2月にパート2が放送された。

スポンサーリンク

「ウォーキング・デッド」シーズン11ファイナルエピソード

長寿ゾンビシリーズの最終シーズンとなる残り8エピソードは、AMCで2022年10月2日(米時間)に放映を開始する予定だ。ケーブルチャンネルは、サンディエゴ・コミコンのパネルで、「ウォーキング・デッド」シーズン11Cの予告編とともに、このニュースを発表した。

「ウォーキング・デッド」シーズン11は全24話で構成され、AMCはこれを2年かけて展開することにした。パート1は2021年8月22日から10月10日まで、パート2は2022年2月20日から4月10日まで放送された。

AMCの説明によると、「『ウォーキング・デッド』最終回では、各グループが制御不能な状況に陥り続ける中、死者と生者を問わずあらゆる場所に脅威が潜んでいる。迫り来るプレッシャーは、すべての人にとっての運命の日に向かって押し寄せている。それぞれの旅の総和がひとつになるのか、それとも永遠に分断されてしまうのか。」とのこと。

クリス・ハードウィックの司会で行われた「ウォーキング・デッド」最後のSDCCパネルには、主演のノーマン・リーダス、メリッサ・マクブライド、クリスチャン・セラトス、ロス・マーカンド、カリー・ペイトン、セス・ギリアム、ジョシュ・マクダーミット、マイケル・ジェームズ・ショウ、ケイリー・フレミングとローレン・リドロフほか、「ウォーキング・デッド」フランチャイズのチーフコンテンツクリエイターであるスコット・M・ギンプル、現「ウォーキング・デッド」のショーランナー兼エグゼクティブプロデューサーのアンジェラ・カン、エグゼクティブプロデューサー兼監督兼特殊メイクスーパーバイザーのグレッグ・ニコテーロが参加した。

Disney+ (ディズニープラス)

シリーズ最後のコミコンパネルに参加した感想を聞かれたノーマン・リーダスは、「なんだか泣きながら、みんなと同時にイチャイチャしたいんだ。」と答えると、メリッサ・マクブライドはパネルの中で泣き出してしまう。するとノーマン・リーダスは彼女を慰めるため大きなベアハグをしたそうだ。

またスコット・M・ギンプルは、ラップパーティーのために、リック(アンドリュー・リンカーン)が目覚めるところから始まり、ラストシーン(明らかな理由で話せない)で終わる、各エピソードからの1秒間のクリップを使ったビデオを制作したことを明らかにした。

パネルの後半では、リンカーンと同じく「ウォーキング・デッド」出身のダナイ・グリラが登場し、リックとミショーン役を再演し、2023年AMC+で6部構成の限定シリーズに出演することを発表した。この番組は、以前発表されたグライムス役のリンカーン主演の映画に代わるもので、AMCではもう映画を進めていない。

さらに、AMCは2022年8月14日に初公開されるスピンオフのアンソロジーシリーズ「テイルズ・オブ・ザ・ウォーキング・デッド」のコミコンパネルを初めて開催した。

この記事はVariety誌のニュースを抜粋(翻訳)してお伝えしています。