【ウォーキング・デッド】シーズン11パート2の日本配信日が決定! | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ウォーキング・デッド】シーズン11パート2の日本配信日が決定!

ウォーキングデッド11ネタバレTV/News
© 2010-2022 AMC Network Entertainment LLC. All rights reserved.|© Disney. All rights reserved.

解説

【ウォーキング・デッド】シーズン11パート2の配信日が決定した。現地時間の1月19日には予告編が米公式Twitterで公開されており、日本での配信は2月20日の全米配信の翌日2月21日にDisney+で配信スタートとなる。公開された動画からの内容は?

© AMC Network Entertainment LLC. All Rights Reserved.

関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

家へ


パート1では、マギーやダリルたちがショウに火車を向けられるという危機的状況で幕を閉じた。

しかし、予告動画からはアレクサンドリアに戻ったダリルをジュディスが迎えに来るシーンがあることから、おそらくダリルは街に戻ることが出来たのでしょう。

しかし、ダリルの「選択について考えるだけ」、ゲイブの「誰が選択するかによる」というコモンウェルスを匂わせるセリフも……。

アレクサンドリアに兵士が!?

アレクサンドリアに、コモンウェルスの兵士たちがやってきました。

兵士たちはアレクサンドリアの建物に押し入る様子も移されており、誰かがアレクサンドリアの場所を教えてたものだと思われます。

ユージーンか、それともユミコか……。

そして、次の場面ではダリルやロジータたちに説明をしているであろうマーサーの姿が。

彼らはコモンウェルスに来ることを選択したようですが、キャロルは街で何かを探っている模様。

そこがどんなところなのか、自分の目で見る必要があると察していたようですが、キャロルだけではなくアレクサンドリアの住民は皆コモンウェルスに疑いのめを向けていました。

彼らの選択は正しかったのか、それとも……!?

ついにパメラ・ミルトンが姿を現す!


予告編でついにコモンウェスルの知事パメラ・ミルトンが姿を現しました。

彼女は「多くの人が犠牲になったからこそ、私たちは生き延びることができたし、これからも生き延びることができるでしょう。」と演説しています。

その一方で、マギーとショウがにらみ合う場面も……。

また別の予告動画では、ダリルの「闇は重い。ある者は他の者より重く、ある者はその重さに耐えられるだけの強さがあるからだ。私たちは何のためにすべてを生き延びたのか?」という言葉から始まり、パメラは「父の犠牲のおかげで我々はここにいる。一個一個、一塊一塊、世界を元通りにしていく。」と語っている。

キャロルはコモンウェルスに馴染んでいるようなフリをしながら辺りを探る一方で、ユージーンは相変わらず”平和”そうな顔をしてカフェテラスでお茶を楽しんでいる。

この動画では、ダリルたちがどうやって火車から逃れたかが分かるようなシーンもあった。

コモンウェルスではまず新人はウォーカーを一掃する作業を与えられるが、ダリルたちがその作業を行っている最中に危ない!と思われる場面も。

さらに、コモンウェルスの裏で何をしているのかも匂わせるシーンもある。

アレクサンドリアの住民たちが彼らを信用できないという勘は当たっているように見える。