海外ドラマ『ウェントワース女子刑務所』シーズン6第11話の見どころと感想。看守を振り回す謎の人物とは!? | Dramas Note

海外ドラマ『ウェントワース女子刑務所』シーズン6第11話の見どころと感想。看守を振り回す謎の人物とは!?

ウェントワース女子刑務所(出典:Amazon)
いよいよ残すところ2回となった『ウェントワース女子刑務所』シーズン6。

マリーの犯人特定も時間の問題!?

そして、ヴェラ達看守は脅迫する犯人をついに突き止める?

『ウェントワース女子刑務所』シーズン6第11話の見どころと感想をお伝えします。

『ウェントワース女子刑務所』

スポンサーリンク

『ウェントワース女子刑務所』シーズン6第11話のあらすじ

チェリー暴行容疑で独房に入れられ刑期も延ばされてしまったブーマーは大激怒。仮出所の可能性も立ち消えになりそうになる中、ガセネタを流した犯人はマリーだとカズから聞かされます。

報復を考えるブーマーにもう済ませたと伝えるカズ。アリーもまたマリーが隠し持っていたドラッグを殺鼠剤入りの薬とすり替えたのがカズであることを突き止めました。

一方、ヴェラ、ジェイク、ウィルの三人は、自分たちをゆすってくる犯人がファーガソンの事件によって解雇されたチャニングではないかとの結論に達しました。ヴェラとウィルは失業後うつ状態になって港町に住んでいるというチャニングを訪れることに。

車を止めて倉庫の扉を開けるヴェラ。中にはファーガソンが脱獄してからの記事や写真が散乱していました。チャニングは、まだファーガソンが生存していて、自分の人生をメチャクチャにしたファーガソンを独自で追っていたのです。

ファーガソンが生きていると信じているチャニングの様子から、チャニングが脅迫者ではないと感じる2人。また犯人探しが白紙に戻されることになりました。

刑務所内では、マリーの息子殺しに関わる重要な写真が入手されるとの情報を知ったリタ。首元にあるタトゥーがルビーのものと同じであることがバレてしまう事を恐れ、マリーと親しいアリーには近づかないよう忠告します。

ルビーは反抗しましたが、殺鼠剤入りの薬にすり替えたことをアリーがマリーに話したことを知り危機回避のため、アリーと別れる決断をします。

マリーとカズ、どちらにもつかないとカズに伝えたアリーでしたが、マリーに薬の事を話したことを知り、アリーはカズからも突き放されることになってしまいます。

なんとかして、脅迫してくる犯人を突き止めたいヴェラは、要求通り深夜にビーの墓へお金を持って行くのですが……。

スポンサーリンク

『ウェントワース女子刑務所』シーズン6第11話の見どころ

ルビーが追い詰められていく

殺鼠剤入りの薬を使ってしまったマリーは一時危ない状態に陥りますが、なんとか一命をとりとめます。そして、ザラが入手してきた写真から犯人は首元に矢のタトゥーがある女であることを突き止めました。

今の所まだ誰にもタトゥーの事が知られていないルビー。気づかれる前に、リタが焼いたスプーンを押し当てて消そうとします。マリーの部屋に貼ってある写真の中から、犯人だと特定されそうなリタの写真をこっそり盗み出したリタでしたが、ザラがその写真の事を覚えていたのです。

看守をお金で買ってルビーの経歴を探ったザラは、遂にルビーが首元に矢のタトゥーがあることを突き止めてしまいます。

アリーがつくのはマリー?それともカズ?

マリーにもカズにも世話になった過去を持つアリー。マリーに殺鼠剤入りの薬を使わせたことを知り、10年間も張り合っているカズに、もうマリーと関わるなと抗議します。

息子を失ったマリーの方に少し同情している感じが伺えます。カズからリズに致死量のヘロインをマリーが渡したという事を聞いたアリーでしたが、毒を盛っただけで十分だといいます。

どちらにもつかないと言うアリーでしたが、カズのした事をマリーに話したりと、本人は無意識かもも知れませんが、マリーの事を気にかけているようです。

親切心でしているアリーの行動は、結局はカズとの決別の引き金となってしまいました。アリーの軽率な行動により、ルビーは自分の身の危険も感じ、アリーに別れる宣言をするのでした。

全く悪気のなかったアリーでしたが、もう少しよく考えて行動しないとダメだよ!と忠告したくなりました。

マリーが切れる!

出所が近いマリーは、とにかく出所することを第一目的にしているので、あまり大きな揉め事などは起こさないようにしています。

しかし、出所目前にして、マリーが殴った医者が犬の散歩中に急死してしまいます。マリーが殴った箇所からの出血が原因でした。ということで、マリーは傷害致死罪となり最短でも10年の禁錮刑となることが濃厚に。

この事を弁護士から聞かされてマリーは、その足でカズの元へ。自分に毒を盛った報復に出るのでした。

今まで出所のためおとなしくしていたマリーが、その目標がなくなったために今まで溜めていたものを一気に爆発させました。ブーマーのビックリ!な表情から、囚人たちのマリーの豹変ぶりに困惑している様子が伝わってきました。

結局、ヴェラを脅している犯人は?

今回犯人候補に、チャニングが登場して良くも悪くもストーリーをかき回してくれました。

前半で、チャニングが犯人?いや、ファーガソンがまだ生きていると信じている彼じゃないな、と一旦そこで落ち着きます。

そこから、チャニングは復職目的でヴェラ達の弱みに漬け込んで攻撃に出ますが、違法な副業をしているという弱みを逆に握られあえなく撃沈。この情報源がウィルが親しくしているマリーからという所が、うーん……という感じですが、まぁそこは置いておきましょう。

そして、物語ラストの所で、ヴェラがお金を持ってビーの墓へ行くと、そこにチャニングが!あーやっぱりチャニングだったのか!! と思ったところで、チャニングはファーガソンを殺そうと思ってヴェラを尾行していただけだという事が判明。

慌てて墓へ戻るとバックは既に消えていました。しかし、バックの中身は現金ではなく、刑務所のパンフレットだったのです。バックの中身を見た犯人は、警察に通報。

結局、今回も犯人は分からず仕舞いでした。チャニングが犯人とグルになっているのか、単独で行動しているのかも、クリアになったわけではないので、次週クライマックスでの展開がどうなるのか?楽しみです。

スポンサーリンク

『ウェントワース女子刑務所』シーズン6第11話の感想

ストーリーの中のメインが、ルビーの今後脅迫者に絞られてきました。

ザラに気づかれてしまったルビーは無事でいられるでしょうか?

リタが助けることになるのかなと思いますが、アリーがどのような行動に出るのかも気になります。

そして、警察がファーガソンの死体を掘り起こすことになりそうです。

三人は現場にいる写真を撮られていますが、これが警察に渡って、まさかのヴェラがファーガソンに続きウェントワース刑務所の囚人になる可能性も?

次回はどんな結末が待っているのでしょうか?