『ウェントワース女子刑務所』シーズン6第7話のネタバレ感想。刑務所内の抗争でアリーが犠牲に!? リズとソニアの関係にも注目! | Dramas Note

『ウェントワース女子刑務所』シーズン6第7話のネタバレ感想。刑務所内の抗争でアリーが犠牲に!? リズとソニアの関係にも注目!

© FremantleMedia Ltd.

 オフィシャルサイト

計画通りに自由の身を手に入れる一歩手前まできたソニア。

このままリズを踏み台にして無罪となるのでしょうか?

リズの様子もどんどんおかしくなっていきます……。

この記事では『ウェントワース女子刑務所』シーズン6第7話の見どころと感想をお伝えします。

スポンサーリンク

『ウェントワース女子刑務所』シーズン6第7話のあらすじ

起訴が取り下げられ数日で自由の身になるソニアは、カズが何か企んでいると予想し、保護隔離等への移動をヴェラに申し出ました。

しかし、シャロンを殺害したのはソニアだと疑っているヴェラは却下します。

そして、シャロン殺害時の監視カメラを徹底的に見返すと、ソニアの怪しい動きを発見。

その映像からソニアが犯人だと確信するのでした。

スパイクが独房から出てきた後の身の危険を感じるソニアは、マリーに近づき一緒にカズをハメようと画策します。

そのために犠牲になったのはアリーでした。

アリーの上着に携帯を忍ばせ、皆の前でポケットから落ちるよう仕組み、携帯を盗んだように見せかけたのです。

トップドックとして、平等に罰を与えなければいけないカズは、ウィルに頼んで罰を与える直前に来て止めるよう裏で手を回します。

しかし、停電でエレベーターに閉じ込められたウィルは、向かうことができませんでした。

ウィルが現れないことで、カズはアリーに制裁を加えざるを得なくなりました。

一方、ソニアにいいように扱われてきたリズは、ドクターから若年性認知症と診断されショックを受けます。

精神科へ移動することを勧めれられるリズでしたが、しばらくはウェントワースにとどまることに。

ボロが出始めて追い詰められてきたソニア。

リズの気転により罪を自白したところを警察に録音されてしまいました。

自由の身になる道が完全に絶たれてしまったソニアは恐ろしい行動にでるのでした……。

スポンサーリンク

『ウェントワース女子刑務所』シーズン6第7話の見どころ

壊れていくウィル

ウィルの苦しみは相変わらずです。ファーガソンの幻覚を見るなど悪化するばかりです。

クスリで気を紛らわそうとしますが、効果はなく、アリーを助ける手助けも失敗に終わり、カズもイライラ……。

そんな中、息子の死が受け入れられずに苦しむマリーから優しい言葉をかけられるウィル。

自分の辛さを分かってもらえると感じるのでした。

クスリが切れて気持ちが不安定になって取り乱しているマリーをなだめようとしたウィルは、弾みでマリーと体の関係をもってしまいました!

アリーと恋人関係にあったマリーですが、息子も産んでいるので、バイセクシャルのようです。

マリーを抱きしめながらもファーガソンの幻覚を見てしまうウィル。

しかし、その幻覚がマリーを抱くことで徐々に消えていきました。

ウィル、このままマリーを安定剤として使わないで欲しいですが……。

リズも壊れていく

6話のネタバレ

奇怪な行動を度々取るリズ。自覚症状もあったのでドクターに調べてもらうと、”若年性認知症”と診断されてしまいました……。

まだしっかりしている部分もあるリズですが、暖房修理にきている作業員の男性をドンだと思い込み、刑務所内を探し回ります。

騙されたと分かっていても、ドンヘの思いは消えないリズ。

見ていて切ないです。

すっかり弱り切ったリズは、ソニアからもボケ老人扱いされますが、最後に驚くべき反撃に出ます。

ソニアVSリズ

これまでの悪役のように、表立っては暴力的なふるまいは一切しないソニア。

ですが、思い返してみれば結構な殺人鬼です。

シャロンを殺害した時のように、自分に不利な影響を与える相手には容赦ありません。

しかし、細身のソニアはタイマンなどでは到底勝つことはできないので、今回もブーマーをうまく丸め込みボディーガードにします。

しかし、そこはブーマー。肝心な時にいつもおらず……。

結果、独房から出てきたスパイクにソニアは一撃で倒されてしまいました。

医務室に運ばれたソニアの所へ、シャロン殺害の事情聴取のために警察がやってきます。

悪運が強いソニア。殴られたことを利用して、記憶喪失を装って逃れる作戦にでます。

ギリギリのところでいつも難を逃れてきたソニアでしたが、今回ばかりはそうはいきませんでした。

盗聴器を仕掛けたリズがソニアの元へやってきてシャロン殺害を自白させることに成功。

してやったり!という顔を見せるリズ。

カズもリズによくやったと褒めますが、リズはそれよりもドンの事の方が気になるようで、ドンを探しに屋上へ上がっていきます。

そこへソニアが追いかけてきて二人はもみ合いに。

凶器を振りかざしリズに襲いかかるソニア。

そこへカズがやってきて……。

スポンサーリンク

『ウェントワース女子刑務所』シーズン6第7話の感想

今回は、ソニアが大きくクローズアップされました。

ずっとリズを苦しめてきたソニアでしたが、最後はリズによって悪事を暴かれるというスッキリとした流れでした。

しかし、屋上からソニアを突き落としてしまったカズ。

正当防衛といえば正当防衛ですが、そう見なされないのではないかという予感もします。

「自分がソニアを突き落とした」と、とっさにカズをかばったリズ。

本当に良い人です。

そして、そのままリズに罪をきせずに自白したカズも男らしい!(女ですが)

終盤に差し掛かってきた『ウェントワース女子刑務所』シーズン6。

ソニア問題は今回で終止符が打たれたので、次はいよいよマリーが大暴れしてくれるのか!? ウィルとマリーの関係も気になりますね。