【ウェントワース女子刑務所】シーズン8第4話ネタバレと感想。ファーガソン復活で刑務所内に衝撃が走る! | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ウェントワース女子刑務所】シーズン8第4話ネタバレと感想。ファーガソン復活で刑務所内に衝撃が走る!

「ウェントワース女子刑務所」出典:www.amazon.co.jp

作品紹介

【ウェントワース女子刑務所】シーズン8第4話のネタバレと見どころ。オーストラリアの女子刑務所を舞台に囚人たちが繰り広げる生き残りを賭けたサバイバルドラマ。ファーガソンが生きていた事を知った看守らはショックを受けます。刑務所内では、一般棟に移ってきたマリーが命の危険にさらされることになってしまいます。

© FremantleMedia Ltd.|© Hulu, LLC
オフィシャルサイト

動画配信

当サイトでご紹介しているものは2021年3月現在のものです。状況により配信されていない場合がございますので各サービスでご確認ください。

*外部サイトへ移動します

関連作品
Amazon | Wentworth Prison [DVD] [Import] -TVドラマ
Wentworth 海外TVドラマ、日本のTVドラマのDVD・Blu-rayをオンライン通販アマゾンで予約・購入。…

 

「ウェントワース女子刑務所」を検索
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ウェントワース女子刑務所】シーズン8第4話「亡霊」あらすじ

ホームレスから襲撃されたファーガソンは、病院で生死の境をさまよっていました。

ファーガソンの事件に関わっていた刑事は病院で彼女の姿を確認し、ヴェラやウィル達にファーガソンが生きていることを伝えに行きます。

その衝撃的な知らせにヴェラは言葉を失いました。

しかし、実は土に埋められていた遺体は別人であるということを警察は当に知っていた事が判明。

ファーガソン生存を世間に公表しないことで、ファーガソンの警戒を緩めおびき出す計画を進めていたのです。

未だ昏睡状態が続いているファーガソンですが、ジェイクは自分たちが犯してしまった罪がバレるのではないかと懸念し、解決策を模索。

一方、刑務所内では、予算削減を積極的に進める所長レイノルズにより、人員を多く取られてしまう保護隔離棟の即時閉鎖が承認されてしまいます。

このレイノルズの決定により、一般棟に移されることになったマリーは身の危険を感じ、トップドックのアリーに一縷の望みを託すのです。

【ウェントワース女子刑務所】シーズン8第4話の見どころ

生きていたファーガソン

ホームレスに襲われ救急搬送されたファーガソン。

もちろんここで命を落とすわけはありません。

ただ、命は取り留めていたものの昏睡状態が続いていました。

知らせを聞いて駆け付けた刑事によると、なんとファーガソンが生きていることは警察内では周知されていたとの事。

遺体のDNA鑑定をした結果、ミイラ化していた遺体はファーガソンが偽名を使っていたキャス・マクスウェルということも判明していたのです。

公にしないことで、ファーガソンを徐々におびき出す作戦だったようですが、何も知らなかったヴェラ、ウィル、ジェイクは驚きます。

特にウィルは、ずっと人を殺したという罪に苛まれていたので複雑な心境のようす。

自分が人殺しではなかったという安堵と、あの怪物が生きていたという恐怖に混乱していることでしょう。

ファーガソンが潜伏していた自宅はまだ見つかっていないようですが、そこには膨大な量のヴェラの写真が貼られていました。

さらにヴェラの愛娘グレースの偽造パスポートも隠されているはずなので、この秘密が明らかになるのはそう遠くはないと思われます。

そして、最後でファガーソンが目を覚ましたが、ヴェラたちの事を何も覚えていないと言っていました。

この言葉を単純に信じて良いのか?

裏がありそうな怪しい匂いがプンプンします。

追い詰められるマリー

新しく所長に就任したレイノルズは、とにかく経営の合理化を上層部に評価してもらいたい一心と言う人物で、囚人たちは動物以下の扱いで構わないというような女性です。

一方で、食品業者の件でしくじってしまったレイノルズは、かなり焦っている様子。

反対するウィルとヴェラの意見に耳を貸す様子もなく、予算を削減して経営合理化に取り組んでいる証拠を大臣とマスコミに伝えるためだけに保護隔離棟を閉鎖してしまいます。

保護隔離棟にいる囚人たちは、一般棟に入れられると暴行にあう恐れがあるため離されているわけですから、その人たちを一般棟に移したらどうなるか誰しもが容易に想像できます。

特にマリーに同情を寄せる囚人など1人もおらず、一般棟に移る=死刑を意味するほど危険な事なのです。

一度は死を選んだものの、今は心を入れ替えて反省している様子のマリー。

本当に心を入れ替えているのかは疑問ですが、襲われそうになっていたルビーを助けようとしていました。

結局は、ルーと一緒に襲った立場にされていましたが……。

マリーは、藁をもつかむ想いでアリーを頼るも拒絶されてしまいました。

今後、どのようにして一般棟で生き延びていく術をみつけるのか!?

【ウェントワース女子刑務所】シーズン8第4話の感想

前回、一旦お休みだったファーガソンが再び現れました。

目覚めたファーガソンは記憶喪失のような状態でしたが、これが本当なのか演技なのかで今後の動きが大きく変わってくると思います。

どちらにせよ、ファーガソン復活で今後のストーリーがさらに楽しくなりそうですし、新キャラのルーとジュディも今シーズンのキーパーソンとなりそうです。

ルーは、とにかくレブをなんとかしてあげたいという想いのみで行動していますので、レイノルズのスパイとなる事は間違いなさそうですが、魂までレイノルズに売ってしまうのか?

最終的に囚人側につくのか? 見守っていきたいと思います。

父親に見放されてしまったジュディですが、囚人たちの中で飛びぬけた頭脳を持っているインテリな彼女も今後どう絡んでくるのか楽しみです。