「ホイール・オブ・タイム」シーズン2のプレミアに先駆けシーズン3を更新を発表 | Dramas Note
スポンサーリンク

「ホイール・オブ・タイム」シーズン2のプレミアに先駆けシーズン3を更新を発表

TV/News
©Amazon.com, Inc.

Amazon Studiosとソニー・ピクチャーズ共同製作のファンタジーシリーズ「ホイール・オブ・タイム」がシーズン2配信に先駆け、シーズン3への更新が決定した。このシリーズはロバート・ジョーダンの小説を原作とした壮大なファンタジーで2021年にシーズン1が配信されている。

スポンサーリンク

「ホイール・オブ・タイム」シーズン3更新へ

全世界で9000万部以上売れたロバート・ジョーダンのベストセラー・ファンタジー小説シリーズを原作とした「ホイール・オブ・タイム」がアマゾンでシーズン3に更新されたことがVarietyの取材で明らかになった。

この発表は、サンディエゴ・コミコンでの同番組のパネルプレゼンテーションの一部として、現段階で放送日が未定となっている第2シーズンの初放送に先駆けて行われたものだ。(シーズン1は2021年11月19日配信開始)

シリーズのエグゼクティブ・プロデューサー兼ショーランナーを務めるレイフ・ジャドキンスは「”ホイール・オブ・タイム”の第3シーズンを制作することになり、とても感激しています”シャドウ・ライジング”はシリーズの中でずっと私のお気に入りの本なので、それをテレビで放送し、私を最初にこれらの本に夢中にさせた物語を新しい視聴者に紹介できることはとても光栄で、何年も前に初めてこの番組を売り込んで以来、ずっと目指してきたことです。」と語った。

「ホイール・オブ・タイム」は魔法が存在し、特定の女性だけがその利用を許される広大で壮大な世界を舞台に、「エス・セダイ」という非常に強力な女性だけの組織の一員であるモイレイン(ロザムンド・パイク)が、小さな町ツーリバーズに到着するまでのストーリーが描かれている。その町でであったうちの一人は、人類を救うか滅ぼすかを決める “ドラゴン・リボーン “になると予言された。

Amazonスタジオのグローバルテレビ部門責任者であるバーノン・サンダースは、「ロバート・ジョーダンのビジョンを尊重し、プライム・ビデオのお客様に素晴らしい視聴体験を提供する素晴らしい仕事をしたレイフ・ジャドキンスと彼のチームと共に『時の輪』の世界に深く入り込めることにとても興奮しています」と語っている。さらに、「シーズン1は、最も忠実なジョーダン信者だけでなく、この素晴らしい世界を初めて体験する未経験者にも共感され、この作品がジャンル領域で真に傑出した作品であることが証明されました。ファンの皆様がこの番組に興奮する理由をさらに増やし、世界中のお客様に”ホイール・オブ・タイム”をお届けすることができて、これほど嬉しいことはありません。」と付け加えた。

このシリーズは、Amazon StudiosおよびSony Pictures Televisionとの共同制作で、ロザムンド・パイクのほか、ダニエル・ヘニー、ゾエ・ロビンズ、マデリーン・マッデン、ジョシャ・ストラドウスキー、マーカス・ラザフォードが出演している。

ソニー・ピクチャーズ テレビの共同社長であるジェフ・フロストとジェイソン・クロッドフェルターは、「当初、世界中の人々がロバート・ジョーダンの『The Wheel of Time』に夢中になりましたが、レイフ・ジャドキンスと彼の素晴らしいチームのおかげで、その壮大な世界がプライム・ビデオで生き生きとよみがえりました。この旅を続け、世界中のファンにこの素晴らしい物語を届けることができ、とても嬉しく思います。ソニー・ピクチャーズ テレビは、シーズン3に向けてAmazon Studiosとのパートナーシップを継続できることを誇りに思います。」と語っている。

この記事はVariety誌のニュースを抜粋(翻訳)してお伝えしています。