『t@gged』シーズン3最終話。ハッピーエンドじゃ終わらない!次なるターゲット登場でシーズン4に持ち越し!? | Dramas Note
「独孤伽羅」2020年12月30日(金)~BS12で放送スタート!記事はここから

『t@gged』シーズン3最終話。ハッピーエンドじゃ終わらない!次なるターゲット登場でシーズン4に持ち越し!?

 

『t@gged』シーズン3最終話ネタバレ。

すべての正体が明らかになった最終話。

首謀者だった犯人が逮捕され、これでやっとタグづけから解放された主人公たち。

それぞれハッピーエンドとなり、最終話にふさわしい終わり方……のはずでした。

しかし、次なるターゲット登場で再び彼らを恐怖が襲う!?

『t@gged』シ-ズン3最終話全貌。

『t@gged』シーズン3ネタバレ

スポンサーリンク

『t@gged』シーズン3第12話「大切なもの」あらすじ

事件は解決しローワンたちに日常が戻る。あらためて家族や友情の大切さをかみしめていたローワンやエリシアたち。テッサは彼女たちにニッキーのスマホに残された動画を見せる。それは自殺未遂事件を起こしたヘイリーに宛てたニッキーのものだった。本人に伝わることのなかったメッセージにはニッキーの“生きる意味”や“人生において大切なもの”への思いが込められていた。事件をとおして成長し、新たな道を歩み始める仲間たち。だが“狩り”が終わることはない。

出典:hulu公式サイト

ローワンやエリシアたちを悩ませていた首謀者はゾーイでした。

彼女は、ホークを殺害しローワンとエリシアにその罪を被せる計画でいたのです。

ローワンとエリシアは、ゾーイがその場を離れた隙に逃げ出しましたが、森で追い詰められてしまいました。

ライフルの銃口を向けられつつも、ローワンは一生懸命ゾーイにをなだめようとしましたが失敗。

ゾーイは本気で2人を殺害するつもりのようでした。

さらに、ゾーイの背後から動物のマスクを被った男女が次々と現れ、空に向けてライフルを撃ち威嚇してきます。

仲間の登場で、さらに強気になるゾーイ。

ところが、彼らの狙いはゾーイだったのです。

「もうやめろ」と、男がマスクを外します。

ブランドンでした。

他にもショーンやテッサ、トレヴァー、ジェイク、アッシュなど、”仲間たち”が彼女たちを助けにきたのです。

更には、ローワンの父も警察として包囲しゾーイは逮捕されました。

ホークは刺されていたものの、救急車で運び込まれ大事には至らない様子。

全てが解決し、彼女たちはいつもの日常を取り戻したのです。

仲間がひとつになり、恋も友情もひとつの大きな絆で結ばれました。

しかし、平和が訪れたと思いきや……ゾーイの復讐はまだ終わっていなかったのです。

スポンサーリンク

『t@gged』シーズン3第12話のネタバレ

幸せの裏で叶わない恋もある

ゾーイは結局、ジェイクではなくブランドンを選びました。

キャンプ場で、ローワンとブランドンがハグするのを、見ないようにしていたジェイクが不憫でなりません。

ローワンはジェイクを守るために彼から離れ、当初はまだ2人想いはひとつでした。

しかし、次第にすれ違うようになり結局彼女の心はジェイクから離れ、ブランドンへと移ってしまいます。

ジェイクはローワンを未だに愛していて、「誰もダメだったら自分のところへおいで、ずっと待ってる」と。

嬉しい言葉である反面、非常に重い言葉でもあります。

素直にブランドンの元へ行くというのも、気が引けますね。

ただ、ローワンとブランドンが恋人同士になったと言う事で、ジャイク以外にもうひとり傷ついている人物がいました。

それはトレヴァーです。

トレヴァーは同〇愛者で、ブランドンのことが好きでした。

2人はキャンプで何かあったようですが、そのことについてはあまり触れていません。

傷心のあまりトレヴァーは、自殺を図ろうとしました。

ローワンの出掛け際に帰宅したトレヴァーに、夕飯の相談をした際の別れ際に彼は「またな」と言ったのです。

ダンバーの最後の言葉が「またな」だったことを思い出したローワンは、トレヴァーが心配になり自宅に戻ります。

大量の薬を服用しようとしていたトレヴァーを見つけたローワンは、彼が傷ついていることを知りました。

トレヴァーが傷ついている理由はローワンには分からなかったようですが……。

しかし、これでトレヴァーとローワンの間にあった溝も埋まりました。

さらに、アッシュとエリシアも元通りに戻りました。

お互いがお互いを想いすぎたあまりにすれ違いが起こりましたが、アッシュとエリシアは心から愛し合っている様子。

2人に笑顔が戻ります。

恋に笑う人、悲しむ人それぞれの想いが詰め込まれた最終話でした。

ゾーイの復讐はまだ終わらない!? 新たなターゲットとは?

『t@gged』シーズン3第11話ネタバレ考察。ネット、電話の信用性を問う。全てはキャンプから始まった。
『t@gged』シーズン3第11話。 ミスターMTの正体、黒幕の正体が判明した...…

ミスターMTを一番恐れていたはずのアリソンは、実は意外にもゾーイに忠実ななのかもしれません。

すべては彼女の演技である可能性があると推測します。

突然ホークの前に現れたのも、ローワンと会ったのもゾーイの指示によるものではないかと……。

アリソンは、刑務所に収監されているゾーイに面会しに行き、彼女に”報告”をしていたのです。

それが新たなターゲットとなる人物ではないかと。

ゾーイは姿を消す前に、アッシュに妹の情報を渡していましたが(実際はエリシアが隠していたものをアッシュが見つけた)、逮捕当時は「妹の情報は偽物。適当な人物を選んだだけ」と話していました。

しかし、察するにアリソンがアッシュの妹の行方を掴んだのではないかと思います。

ラストでは、オリーブという女性に「クローゼットを見てみろ」というメッセージが届きました。

オリーブは気づきませんでしたが、庭には何者かの姿があり、近くにはブタのマスクを被った人物も……。

さらに、彼女の部屋の鏡に貼ってある子供の頃に書いたであろう絵に「アッシュ&オリーブ」とありました。

彼女がアッシュの妹だとすると、次のターゲットは彼女という可能性があります。

そこからまたローワンたちに繋がっていくのかは不明ですが、もしかして主人公がバトンタッチするかも?

スポンサーリンク

『t@gged』シーズン3第12話の評価

黒幕はゾーイということで決着を迎えた『t@gged』シーズン3。

ただ、黒幕はゾーイということで締めくくられましたが、実はアリソンがゾーイを動かしているような気がしました。

ゾーイは正体が知られてしまえば、この先タグづけする必要はありませんし、ある意味復讐を遂げた形になるはず。

しかしアリソンが、まだ彼女に”報告”していることから、ゾーイの復讐を手伝うというより別の目的があって彼女を利用しているのかも。

アリソンが”報告”があると言った時のゾーイは「また?今度は何?」という呆れた表情だったので、本当の黒幕がアリソンである可能性は十分にあると思われます。

結局は、ゾーイもミスターMTもアリソンに踊らされていただけ。

そんな結末ではないかと推測します。

そんな怪しい雰囲気を残したまま、『t@gged』シーズン3が幕を閉じました。

シーズン4についての情報は入ってきませんが、新たなターゲットを迎えての新シーズンに期待です。