【Zero/ゼロ】キャストと解説、原作と楽曲。イタリアの人種問題に絡めたスーパーヒーロースト-リー。 | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【Zero/ゼロ】キャストと解説、原作と楽曲。イタリアの人種問題に絡めたスーパーヒーロースト-リー。

Writer: Ojikan
Introduction

【Zero/ゼロ】(2021)は、Netflixオリジナルのイタリア発スーパーヒーロードラマです。自分は”透明”な存在だと感じていた内気な青年が、本当に透明人間になる能力を得て、悪の蔓延る街を救うべく立ち上がる姿が描かれています。ここでは【Zero/ゼロ】のあらすじとキャスト情報や楽曲についてまとめました。

© Netflix. All Rights Reserved.

Production

製作:2021年 イタリア

原題:Zero

監督:パオラ・ランディ、イヴァン・シルヴェストリニ、マルゲリータ・フェッリ、モハメド・ホッサメルディン

キャスト:ジュゼッペ・デイヴ・セケ、アルーン・フォール、ベアトリーチェ・グランノ

関連作品

スポンサーリンク

【Zero/ゼロ】あらすじ

物語の舞台は、イタリアの移民が多く暮らす街”バリオ”、日常的に放火や盗難などが頻発する治安の悪い地域。

バリオに暮らすオマール(ジュゼッペ・デイヴ・セケ)は、漫画家を夢見ているセネガル系イタリア人2世の青年。

しかし、オマールはそんなバリオの環境に慣れてしまい、志を高く保つことができないどころか、誇れることのない自分はまるで”透明人間のようだ”と感じていました。

そんなある日、ひょんなことから本当に”透明人間になれる能力が開花した”オマール。

透明人間になれるという類まれな能力を得たオマールは、新たな仲間と共に これまで興味の持てなかった自身のルーツである”バリオ”という街を救うべく立ち上がる……!

 【Zero/ゼロ】主要人物

オマール(ゼロ)役/ジュゼッペ・デイヴ・セケ

キャラクター紹介

漫画家を目指しているセネガル系イタリア人2世の青年。

控えめな性格で、心優しい人物です。

母は幼い頃に逮捕されており、現在は父と妹と暮らしています。

ひょんなことから自分は透明人間になれることを知り、バリオを救うべく立ち上がりました。

俳優紹介

名前:ジュゼッペ・デイヴ・セケ

生年月日:1995年12月10日

身長:192cm

代表作:【Zero/ゼロ】(2021)

  • イタリアの俳優兼ラッパー
  • 趣味はアートと音楽
  • 2020年までは倉庫勤務をしていたが、友人の勧めで【Zero/ゼロ】(2021)のオーディションを受け、見事主演の座を勝ち取る
  • ラッパーであるものの、【Zero/ゼロ】(2021)の主演を機に俳優として頭角を表した

ティエルノ役/アレックス・ヴァン・ダム

キャラクター紹介

オマールとアワ(ヴィルジーニャ・ディオップ)の父。

厳格な人物であり、オマールの口の聞き方や自身のルーツに誇りを持たない姿には非常に厳しい態度を見せます。

俳優紹介

名前:アレックス・ヴァン・ダム

身長:184cm

代表作:【悪霊喰】(2003)、【Zero/ゼロ】(2021)

  • イタリアの俳優
  • 趣味はフェンシング
  • ジャン=クロード・ヴァン・ダムのいとこ
  • 幼い頃からタイボクシングを学び、1992年にはキックボクシングの世界大会で優勝を果たす

アワ役/ヴィルジーニャ・ディオップ

キャラクター紹介

オマールの妹で、明るく活発な性格をした人気者です。

バレーボールをしており、その実力はU-16地区大会に出場するほど。

突然視力に問題が起き始めましたが、それはオマールが透明になる力を使うことと関係しているようです。

俳優紹介

名前:ヴィルジーニャ・ディオップ

代表作:【Zero/ゼロ】(2021)

  • イタリアの女優
  • 2019年から本格的に演技を学んでいる
  • 特技は水泳、バレーボール

アンナ役/ベアトリーチェ・グランノ

キャラクター紹介

シレネッタ不動産を営むリッチの娘で、オマールのガールフレンド。

活発な性格で、いつも周囲を明るくさせます。

大学で建築について学んでおり、夢は建築士になることです。

俳優紹介

名前:ベアトリーチェ・グランノ

生年月日:1993年5月6日

身長:165cm

代表作:【Zero/ゼロ】(2021)

  • イタリアの女優兼ミュージシャン
  • 趣味はコンテンポラリーダンス、フィギュアスケート、音楽(作曲、ピアノ、歌、パーカッション、ウクレレ)
  • 高校卒業後は演劇学校で演技を学び、同時に女優としてのキャリアをスタートさせる

シャリフ役/アルーン・フォール

キャラクター紹介

バリオに住む青年で兄と母と暮らしており、いつもサラ(ダニエラ・スカットリン)とモモ(ディラン・マーゴン)とインノ(マディオル・フォール)と共にいます。

非常に家族と仲間思いで、家出したゼロ(オマール)を自分の家に住まわせてあげました。

大切な家族や仲間のことになると自制が効かず、手段を選ばずに危険を犯すことも。

俳優紹介

名前:アルーン・フォール

生年月日:1995年11月11日

身長:178cm

代表作:【Zero/ゼロ】(2021)

  • イタリア、トリノ出身の俳優兼モデル
  • ゼネガルの家庭に生まれ、生後8ヶ月でイタリア系イギリス人の養子として育てられる
  • 幼い頃から演劇を学び、2009年に俳優デビュー
  • 20歳で世界最古の映画学校”イタリア国立映画実験センター”に入学
  • 【Zero/ゼロ】(2021)で共演したサラ役のダニエラ・スカットリンと交際しており、2021年4月に女児を妊娠したことを発表

サラ役/ダニエラ・スカットリン

キャラクター紹介

バリオに住んでいる音楽プロデューサーで、シャリフの仲間の1人。

同じ里親の元で育ったモモを弟のように思っています。

気が強く、男性相手でも容赦のない凛とした強さを持つ人物です。

自身のスタジオを所有しており、ミラノのラップシーンを牽引しています。

俳優紹介

名前:ダニエラ・スカットリン

身長:178cm

代表作:【Zero/ゼロ】(2021)

  • イタリアの女優
  • 2017年から演技学校に通っている
  • 特技はハープ、ピアノ、ダンス、ヒップホップ
  • 【Zero/ゼロ】(2021)で共演したシャルフ役のアルーン・フォールと交際しており、2021年4月に女児を妊娠したことを発表している

モモ役/ディラン・マーゴン

キャラクター紹介

バリオに住むシャリフの仲間の1人で、サラの弟分。

サラとは同じ里親の元で育ちました。

普段はお調子者ですが、いざとなったら頼りになる存在です。

俳優紹介

名前:ディラン・マーゴン

生年月日:1993年3月1日

代表作:【Zero/ゼロ】(2021)

  • イタリアの俳優兼ラッパー、R&B歌手
  • 10歳から作曲を始め、15歳で自らラップを作詞するように
  • ヒップホップとR&Bという異なるスタイルをミックスした曲を制作している

インノ役/マディオル・フォール

キャラクター紹介

バリオに住むシェリフの仲間の1人。

歌手を目指しながらも、プロのサッカー選手でもあります。

イタリアの市民権を取るため悪戦苦闘しています。

俳優紹介

名前:マディオル・フォール

生年月日:1999年

身長:185cm

代表作:【Zero/ゼロ】(2021)

  • イタリアの俳優兼モデル
  • 特技はローラースケート
  • イタリア語、フランス語、英語が話せるトリリンガル
  • ドルチェ&ガッバーナやアルマーニのCMに起用されたことも

 【Zero/ゼロ】その他の登場人物

リコ役/ミゲル・ゴッボ・ディアス

名前:ミゲル・ゴッボ・ディアス

生年月日:1989年6月19日

代表作:【La grande rabbia】(2016)、【Zero/ゼロ】(2021)

本作の役柄:リッチの子分でギャング。

娘を溺愛しており、常に部下を引き連れています。

リッチ(アンナの父親)役/ジョルダーノ・デ・プラノ

名前:ジョルダーノ・デ・プラノ

代表作:【Zero/ゼロ】(2021)

本作の役柄:アンナの父であり、シレネッタ不動産の経営者。

裏ではリコなどのギャングを使って放火や停電を引き起こし、バリオから貧困層を追い出そうとします。

ヴァージン役/ロベルタ・マッティ

名前:ロベルタ・マッティ

生年月日:1983年12月7日

代表作:【ゴッド・スピード・ユー!】(2016)、【Zero/ゼロ】(2021)

本作の役柄:謎の組織のリーダー。

スキンヘッドで、後頭部に女性の顔のようなタトゥが入っています。

透明になれる能力を持っており透明化したオマールが見えるうえ、彼らの家族のことをよく知っている様子。

 【Zero/ゼロ】プチ情報

原作は小説、バリオは架空の街

【Zero/ゼロ】(2021)は、アントニオ・ディケーレ・ディステファノの小説”Non ho mai avuto la mia età”を原作としています。

物語の舞台となるバリオは架空の街ですが、実際に撮影された街はイタリアのミラノ市にある国境地帯のバローナです。

バローナはミラノにある9つの行政区のうちのゾーン6に属しており、主に住宅地で構成されています。

楽曲

【Zero/ゼロ】(2021)では、イタリアの有名なラッパーMarracash(マラカッシュ)の楽曲”64 barre di Paura”が使用されています。

この曲はレッドブルのヒップホップ映像シリーズ”64Bars”と【Zero/ゼロ】(2021)のコラボ楽曲であり、”64Bars”にて限定公開されています。

他にもMahmood(マムッド)や、Bonnie Banane(ボニー・バナン)など数々のイタリアのラッパーやミュージシャンが起用されました。

ちなみに、Mahmood(マムッド)は【Zero/ゼロ】(2021)の音楽監修も担当しており、選曲の全てを担っています。

オマール役ジュゼッペ・デイヴ・セケとMarracashの出会い

主人公オマール(ゼロ)を演じたジュゼッペ・デイヴ・セケは、これまでラッパーとして活動していましたが、【Zero/ゼロ】(2021)にて俳優デビューを果たします。

イタリアで2010年代に最も売れたラッパーのMarracash(マラカッシュ)のファンの1人でした。

Marracash(マラカッシュ)とは、イタリアのラッパー、レコードプロデューサー、TVパーソナリティ。

Marracash(マラカッシュ)のシングルの売上は、イタリアのシングルチャートのトップ10の17倍を獲得したほどであり、イタリアのラップ界を牽引する人物の1人である。

そんな彼は【Zero/ゼロ】(2021)を通して憧れのMarracash(マラカッシュ)と対面を果たし、互いの置かれた複雑な環境について話し合いました。

最初こそ憧れの人との対面に緊張していたジュゼッペ・デイヴ・セケでしたが、Marracash(マラカッシュ)の飾らない素朴な一面に親しみを感じ、より彼に対する尊敬を高めたと語っています。

 【Zero/ゼロ】解説

移民に関する繋がり

【Zero/ゼロ】(2021)では、バリオという架空の街で移民が迫害されながら生きている様子が描かれていますが、実際にメインキャストを演じるイタリアの若手俳優たちも移民1世や2世という繋がりがあります。

主人公のオマール(ゼロ)を筆頭に、妹のアワやガールフレンドのアンナ、オマール(ゼロ)の新たな友人シェリフたちを演じる若手俳優らは移民1世や2世です。

そのため、本作で描かれている移民に対する人種差別というのは彼らにとって他人事ではなく当事者であり、まさにリアルなイタリアの移民に対する人種差別が描かれているのです。

事実、オマール(ゼロ)役のジュゼッペ・デイヴ・セケはイタリアが抱えるこの問題を伝えるべく、絶対にこの役をやりたいと思っていたと語っています。

このように【Zero/ゼロ】(2021)の背景を知ると、オマール(ゼロ)たちがバリオを守ろうとする行動への受け止め方も変わってくるでしょう。

イタリアの移民に対する人種差別の背景

イタリアの移民に対する人種差別には、イタリアの抱える移民問題が背景にあります。

イタリアはEU加盟国の中でも移民(難民)の受け入れに寛容な国であり、2019年に発表されたイタリアに住む移民の人数は600万人。

イタリアの人口は約6000万人なので、イタリアの10人に1人が移民である計算となります。

中でも、イタリアに近いアフリカからの移民が多いことから、イタリアでは黒人=移民(難民)という認識に至っている。

移民に対する費用は全て国からの税金で賄われているうえ、移民による治安の悪化が起きています。

もちろん移民の全てが犯罪を犯しているわけではありませんが、定職に就けず盗難などの犯罪に手を染めてしまう人々がいるのも事実です。

このように増え続ける移民がイタリアの経済を圧迫し、治安を悪化させていることから、イタリアの移民に対する人種差別を生んでいると言えるでしょう。