ドラマ『あなたの番です』4話のネタバレ考察と視聴率。奈菜の元ダンナが判明!赤池夫妻を殺害した犯人は誰? | Dramas Note
「独孤伽羅」2020年12月30日(金)~BS12で放送スタート!記事はここから

ドラマ『あなたの番です』4話のネタバレ考察と視聴率。奈菜の元ダンナが判明!赤池夫妻を殺害した犯人は誰?

あなたの番です(出典:Amazon)

ドラマ『あなたの番です』4話。タナカマサオが死亡し、住人は藤井に疑いの目を向けていました。

しかし藤井は無実を主張。藤井のその挙動からは動揺が感じられません。

であれば、藤井は本当に無実なのか?それとも犯人?

また、今回新たに、住人の浮田が”赤池幸子”と書かれた紙を引いたことが判明します。

次の犠牲者は”赤池幸子”!?

ドラマ『あなたの番です』

スポンサーリンク

ドラマ『あなたの番です』4話のあらすじ

交換殺人ゲームの概要

①参加者それぞれが、殺したいと思っている人物の名前を、匿名で紙に書く。

②ランダムでその紙を引く。

ブータン料理店のドルジ店長(=タナカマサオ)が、店のガス爆発で死亡しました。何者かにガスホースを断ち切られていたのです。

爆発事故があったブータン料理店は、マンションの近くにあるため、警察が聞き込みに来ました。常連であった藤井のもとにもやって来て、事情を聞きます。

警察は、特に藤井に疑いの目を向けているわけではなさそうです。

一方で、マンション内では「藤井が本当に交換殺人を実行したのではないか」という噂が広まっていました。なぜなら、交換殺人ゲームで、”タナカマサオ”と書かれた紙を引いたのは藤井で、住人たちもそのことは周知していたからです。

開かれた住民会にて、住人のひとりが思い切って、藤井に「タナカマサオの事故はあなたと関係があるのですか?」と質問をしました。

すると藤井は無実だと主張。続けて、意味深な表情で「私には動機がありませんから、まったく」と何度も言うのでした。

住民会のあと、残った数人の住人たちの間で「引いた紙には誰の名前が書かれていたのか」という話題に……。それぞれが、紙に書かれていた名前を暴露していきます。

ほとんどの名前はマンションの住人ではなく、外部の人間の名前でした。しかし、ひとつだけ、マンション内の住人の名前がありました。

“赤池幸子”

現在すでに、交換殺人ゲームで名前を書かれていた3人が死亡しています。次に殺されるのは誰なのか?マンション住人の”赤池幸子”なのか、それとも……。

スポンサーリンク

ドラマ『あなたの番です』4話のネタバレ解説

奈菜の元ダンナが判明!

翔太が勤めているジムには、翔太が“アニキ”と慕う人物がいます。アニキこと細川は、ジムに通う男性客。彼は初めから、翔太をトレーナーに指名していました。

今思えば、翔太のスケジュールは埋まっていると言われても引き下がらず、どうしても翔太をトレーナーとして指名したい様子でした。

この細川という男。いつも不気味な笑顔を貼り付けていて嫌な予感がしていたのですが……。なんと、奈菜の元ダンナであることが発覚しました。

奈菜の同僚が、細川のことを「ダンナさん」と呼んでいたことから、まだ離婚していないか、あるいは職場の人には離婚したことを伏せているのでしょう。

奈菜と翔太の婚姻届を見る限りでは、細川とは離婚が成立していそうですが……。

何にせよ、細川は奈菜との離婚が納得いかず、しつこく付きまとっているのかもしれませんね。新しいダンナ(翔太)のジムに来て、翔太をトレーナーに指名している時点で、どこか危ない人の匂いがします。

4人目の犠牲者/赤池美里と吾郎

住民会のあと、「交換殺人ゲームで引いた紙には誰の名前が書かれていたのか」という話題になりました。

201の浮田は、自分の紙には“赤池幸子”と書かれていたと暴露します。赤池幸子は車イスに乗っているお婆ちゃんで、嫁の美里とは犬猿の仲。

ここ数日だけでも、美里は姑・幸子からかなりのイジメを受けています。ですので、美里が紙に”赤池幸子(姑)“と書いていても不思議ではありません。

赤池の嫁姑問題の話を聞いた奈菜は、心配になったのか、赤池の部屋を訪れます。

後日。奈菜のスマホに、早苗から電話がかかってきました。早苗の話では、「上(502)から大きな音がした」とのこと。

翔太・奈菜・早苗が502号室の部屋の前に駆けつけると、そこには藤井の姿がありました。藤井は、「502号室から大きな声がした」と言います。

翔太たちが502号室に入ってみると、そこには、首を切られて亡くなっている赤池美里と吾郎の姿がありました。

交換殺人ゲームの紙に書かれていた名前は“赤池幸子”でしたが、殺害されていたのは美里と夫。ということは、今回の事件は交換殺人とは無関係なのでしょうか?

スポンサーリンク

ドラマ『あなたの番です』4話のネタバレ考察と感想

赤池夫妻を殺害した犯人は誰?

今回の4話で死亡したのは、502に住む赤池夫妻。

犯人が誰なのかについては、交換殺人なのかそうでないのかでも変わってきます。

交換殺人の場合

順番的にシンイーが犯人ということになります。

しかし、シンイーが引いた紙に誰の名前が書かれていたかは明かされていません。もし書かれていたのが赤池夫妻の名前ならば、交換殺人が実行されたことになります。

交換殺人ではない場合

犯人不明。今のところ、赤池夫妻に恨みを抱いている人物が見当たらないので、犯人の推測も難しいです。

ひとり生き残った姑の幸子。個人的には、実は幸子が歩ける説もあると思っています。なぜなら、管理人室で車イスが転がっているシーンが映されていたから。(第1話)

ですので、自由に歩ける姑の幸子が、美里を殺したという線も0ではありません。ですが吾郎は自分の息子なので、さすがに殺していないでしょう。(つまり、美里と吾郎は別の犯人に殺された説)

また、赤池の部屋を訪れていた奈菜も怪しく見えます。

大きな音がした時間=殺害時刻ならば、奈菜は自分の部屋にいましたので犯人ではありません。しかし、時間差のトリックが使われていたなら、奈菜の犯人説もありえそうです。

赤池夫妻の犯人は複数説/自殺説

犯人は複数(別人)説

先ほど、美里を殺したのは姑の幸子で、吾郎は別の人物に殺された説を述べました。

具体的に言うと、美里が吾郎を殺し、それを見た姑・幸子が美里を殺した可能性もありえそうです。

誕生日ケーキのプレートがすり替わっていたことから、犯人は誕生日のことや祝うことを知っていた人物になります。なので身内の犯行である可能性はそれなりに高いはず。

ただ可能性をあげると本当にキリがないので、新たな情報を待ちたいですね。

美里の自殺説

美里は長年、姑・幸子からのイジメを耐えていました。姑にも夫にも何も言えないところを見ると、美里は気弱な性格のように思えます。

だとすれば、イジメに耐えかねて自殺したという説もありえそうです。つまり、交換殺人ゲームの紙に、自分で自分の名前を書いた。

あるいは、自殺してその罪を姑に着せたかったという可能性もあります。考えだすと、本当にいくらでも説が出てきますね。

どんな説にしろ、美里が亡くなってしまったので、美里の”殺す番”は果たせないことになります。そうなると、交換殺人が今後成り立たなくなっていきそうです。

シンイーはなぜ脅されないの?

山際ドクターが死亡したあと、藤井は何者かに、尋常じゃないほど”あなたの(殺す)番です”と脅されていました。

藤井に脅しの動画を送りつけたり、生首を洗濯機に放りこんだりと、何が何でも藤井に交換殺人を遂行させるという狂気を感じました。

しかしシンイーを見る限りでは、そこまで脅されている様子はありません。よって、山際とタナカマサオを殺害したそれぞれの犯人像が異なって見えます。

また、こちらの記事で考察したとおり、シンイーが(タナカマサオ殺害の)犯人だったならば、自分が脅されないのは当然なわけで。

シンイーがあまり脅されていないという点からも、シンイー犯人説が捨て切れません。

タナカマサオを殺した犯人は藤井?

前回、精神的に追い詰められた藤井は、タナカマサオを殺害しようとしました。テレビで映されたシーンは、藤井がブータン料理店に忍び込み、包丁を手にとった場面だけ。

ですので、実際に藤井が殺害したかどうかは断言できません。

4話を見た限りでは、藤井は、ロジック的には犯人。挙動的には無実。という印象です。

ロジック的に藤井が犯人だろうという理由は、こちらの記事で書いたとおりです。しかし、藤井の挙動を見る限りでは”無実なのかも”と感じます。

藤井は、山際ドクターが死亡したと知っただけでもあれほどに動揺し、脅されたときにはそれ以上にテンパっていました。

そんな藤井がもし本当にタナカマサオを殺害したならば、住人の前であれほど冷静に振るまえないはずです。

“自分は殺せなかったけど、誰かが代わりにやってくれた”という安堵感のようなものを藤井から感じました。

翔太と尾野は男女の関係?

301に住む尾野幹葉は、一見すると翔太のストーカーのように見えます。翔太に対して距離感がおかしい尾野。

普通ならば、会うたびに手作りのお菓子を渡されたり、腕に手をまわされれば違和感を抱くはずです。しかし翔太は、お菓子を「ありがとう」と受け取り、腕にまわされた手もほどきません。

翔太が違和感を抱かないことがどうしても不思議です。なので、もしかしたら尾野と翔太の2人は男女の関係なのかもしれないと推測しています。

今思えば、翔太と奈菜が引越してきた当日に、尾野に挨拶をしに行ったときも変でした。尾野は奈菜の顔をいっさい見ずに、翔太だけを見つめていたのです。不自然すぎるほど。

もともと翔太と尾野が浮気関係にあるのだとしたら、あのときの尾野の言動も理解できなくもないです。

とはいえ、翔太が奈菜を愛していることに偽りはなさそうなんですよね。ただ単に、翔太が誰とでも距離感が近すぎるだけなのでしょうか?

それとも、翔太が尾野の好意を拒まないのは、尾野を犯人だと思っていて探るため?
(翔太は、管理人が死んだとき、尾野犯人説を主張していました)

ともあれ、これからも尾野と翔太の関係性に注視していきたいと思います。

引いた紙に書かれていた名前を暴露

一部の住人たちは、「交換殺人ゲームで引いた紙には誰の名前が書かれていたのか」について話し合いをしました。

情報量が多くなってきたので、ここで一度まとめたいと思います。

浮田啓輔が引いた紙⇒赤池幸子(車イスの老婆)

石崎洋子が引いた紙⇒吉村

黒島沙和が引いた紙⇒織田信長

手塚奈菜が引いた紙⇒こうのたかふみ

藤井淳史が引いた紙⇒タナカマサオ(死)

誰かが引いた紙⇒管理人さん(死)

誰かが引いた紙⇒山際ドクター(死)

一見多いように見えますが、確定しているのは実は2名だけです。

奈菜が引いた”こうのたかふみ”と、藤井が引いた”タナカマサオ”のみが確定事項で、他の人の話は本当かどうか分かりません。

中でも、織田信長と書かれていたというのはかなり嘘っぽいですよね。いつもどこかしらを怪我していた黒島が、近ごろは怪我をしていないことも後の伏線になりそうです。

スポンサーリンク

ドラマ『あなたの番です』4話の視聴率

1話:8.3%

2話:6.5%

3話:6.4%

4話:7.1%