【大宋宮詞】17話・18話・19話・20話のネタバレ感想|宋遼の講和 | Dramas Note
スポンサーリンク

【大宋宮詞】17話・18話・19話・20話のネタバレ感想|宋遼の講和

歴史
©2020 Shanghai Ruyi Production Company & Rosat media & entertainment corporation

【大宋宮詞~愛と策謀の宮廷絵巻~】17話・18話・19話・20話のあらすじとネタバレ感想。澶淵で決戦のときを迎え、蕭撻凛を討ち取った宋軍が勝利を収めました。ところが、澶淵攻めを諦めていない蕭皇太后がとんでもない手段に出るのでした。

スポンサーリンク

17話のあらすじネタバレ

©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

宋の都の入り口・澶淵せんえんに、蕭撻凛しょうたつりん率いる遼の大軍が迫っていました。

趙恒(以前の第三皇子/趙元侃)は親征を中断し帰還することに心が傾いていましたが、寇准と蘇義簡の強い説得により澶淵への出立を決意します。

その頃、曹利用は講和の使者として遼の陣営に赴きました。

しかし、蕭皇太后は謁見を拒むばかりか、澶淵での決戦に備えて軍を送ります。

その澶淵では、手前の黄河に蕭撻凛の大軍が到着しました。

宋軍は趙恒の援軍が到着するまでの時間稼ぎとして、黄河の氷を割って足止めします。

その間に趙恒が到着し、宋軍は歓喜に湧きました。

一方、謀反をたくらむ王超の大軍が大名府に向かっていました。

王欽若と曹瑋そうい将軍は先手を打ち、大名府の手前に用意した幕舎で王超を出迎え、酒と美女でもてなします。

その間に王超の配下を説得して味方につけ、王超の生け捕りに成功。

さらに王超の兵権を奪うことにも成功し、王超の率いていた20万の兵が曹瑋将軍に引き継がれました。

澶淵では黄河が再び凍り、決戦のときを迎えます。

宋軍は蕭撻凛を討つために床弩の兵器を開発していましたが、第一矢では仕留められず……。

スポンサーリンク

17話の感想

寇准が必死になりすぎて、趙恒の裾を引っ張っていたのが面白かったです。

皇帝の裾を引っ張るなんて 普通なら無礼な行いですが、実直すぎる寇准の性格や必死さが表れていて◎。

澶淵での足止めは見ごたえがあったものの、馬が心配で視聴に集中できませんでした。

ともあれ、趙恒の援軍が到着する前に蕭撻凛に攻められていたらヤバかったはずなので、足止めに成功して良かったです。

一方の大名府でも、王超の生け捕りに成功。

王欽若はただのダメダメ大臣かと思えば、意外にも知恵が回るんですね。今回の策はお見事でした。

スポンサーリンク

18話のあらすじネタバレ

©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

宋軍は兵器による第二矢で蕭撻凛を討ち取り、激戦の末、遼軍を撤退させました。

敗北した蕭皇太后は、蕭撻凛の亡骸と劉娥の身柄交換を申し入れます。

趙恒はその条件を飲み、無事に劉娥を取り戻しました。

しかし劉娥は、まだ遼軍にいる趙吉のことが心配でなりません。

宋の都では、流産した潘玉姝が郭清漪のしわざだと思い込み、郭清漪をハサミで負傷させました。

その知らせを受けた趙恒は、潘玉姝を貴妃から“修儀”に降格させます。

また文伽凌ぶんかりょうは、澶淵に向かう途上で公主を出産します。


蕭皇太后の率いる遼軍が、再び澶淵を攻めてきました。

城門に迫りくる遼軍の最前列には、燃えたぎる鉢の上ではりつけにされた趙吉の姿が……。

これを見た趙恒は思わず撤退を命じ、城壁から矢を放つこともできず宋軍は不利になってしまいます。

このままでは澶淵が攻め落とされてしまうと切迫した兵士たちは、趙恒の命令を待たずに矢を放ちました。

この時、「矢を放て」と号令をかけたのは潘良でした。

幸い、矢は趙吉に当たらず宋軍は形勢逆転しますが……。

スポンサーリンク

18話の感想

蕭撻凛は敵将ではありますが、少しもひるまずに矢の雨の中を先陣切る姿がかっこ良かったです。

さすがは、大将軍として尊敬されているだけあります。

そんな彼の死は、遼軍にとってはかなりの痛手だったはず。

そんな中で、蕭皇太后はとんでもない事をしてきましたね。

いくら澶淵を攻め落としたいからと言って、まさか趙吉をはりつけにするとは驚かされました。

当時の戦争ではこういった事は普通に行われていたのかもしれませんが、現代の感覚だと少なからずショックを受けてしまいます。

趙恒にとっては、国を取るか息子の命を取るかの、かなり難しい決断だったでしょう。

皇帝としては国を優先すべきなのでしょうが、実際にあの場に立ったら即断するのは難しいはず。

そして趙吉も、仮に命が助かったとしても、今回のことがトラウマになってしまうのではと心配です。

スポンサーリンク

19話のあらすじネタバレ

©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

宋軍は遼軍を撃退したものの、趙吉を救出することはできませんでした。

趙恒は会議を開き、戦の最中に独断で矢を放つよう命じた潘良の役職をはく奪します。

一方、補給路を断たれた上に敵に挟まれた遼軍は、宋との講和を考え始めました。

宰相の韓徳譲は、講和のためには人質の趙吉を返すべきだと主張。

しかし、遼の皇帝は「趙吉を殺して耶律康(息子)と蕭撻凛を弔ってやりたい」と衝動的になります。

韓徳譲は、皇帝が趙吉を殺してしまう前に、趙吉と婉児を宋に送り届けることにしました。

その任務を任された宋出身の木易は、遼を去る前に妻の鉄鏡長公主を抱きしめます。

その後、木易はどうにか趙吉たちを宋に送り届けたものの、ほぼ同時に、追いかけてきた鉄鏡が到着。

鉄鏡は木易を遼に連れ帰ろうとしましたが、宋にとどまろうとする木易の決意は変わりませんでした。

一方の劉娥は、ようやく趙吉と再会できたものの、趙吉は話しかけても反応がなく 誰の姿も見分けられなくなっていました。

そしてその夜、趙吉は劉娥の腕に抱かれて息を引き取ります。

趙吉の死を知った蕭皇太后はついに講和を決意し、使者の曹利用と協議しました。

蕭皇太后は関南の地の返還を求めましたが、曹利用はそれには応じません。

すると、韓徳譲は自ら趙恒に交渉しに行くと言うのでした。

スポンサーリンク

19話の感想

今回に限っては、潘良の判断は悪くなかったように思います。

全役職をはく奪された潘良は、いよいよ平民間近ですね(笑)

このドラマ、初期の頃は高速展開で情緒もへったくれもありませんでしたが、ここに来てかなり丁寧に描かれ始めています。

木易と鉄鏡長公主の2人にしてもそうですし、趙吉の死も丁寧でした。

趙吉の死は、子役の演技がうまいことも相まって余計に悲しみがこみ上げました。

スポンサーリンク

20話のあらすじネタバレ

©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

蕭皇太后から講和に関する親書が届き、趙恒はどうすべきか大臣らと話し合います。

そんな中、講和の使者として遼の韓徳譲が到着。

韓徳譲は趙恒が提示した条件に同意し、蕭皇太后を説得するために全力を尽くすと約束します。

その後、文伽凌の産んだ赤子と対面した趙恒は「寿康」と名付けました。


宋と遼の講和が成立しました。

都に帰還した趙恒は、勝利に貢献した者たちを上位に封じ、劉娥を入内(後宮入り)させようとしました。

しかし、一部の老臣たちは、先帝の遺勅である「劉娥の入内は認めない」という言葉を盾に反対します。

中でも、強情すぎた郭賢は、趙恒に流刑を言い渡されました。

すると今度は、郭家と一蓮托生である曹鑑が、庶子である趙吉の位牌を太廟に納めるべきではないと言い出します。

別の大臣たちも、再び先帝の遺勅の話を持ち出しました。

すると寇準は、劉娥が先帝の霊に敬意を表し3年間供養すれば、入内も許されるはずだと提言します。

趙恒が答える前に、劉衛はそれを承諾しました。

スポンサーリンク

20話の感想

ついに講和が成立し、遼との問題が片付きました。

となると、今後のストーリーは国内の問題がメインになっていきそうです。

流刑を命じられた郭賢は、今までも、そして今回のことも、それほど道理に外れたことはしていないように思います。

他にもっと、流刑にされるべき人がいる気がします。(曹鑑とか潘良とか)

©2020 Shanghai Ruyi Production Company & Rosat media & entertainment corporation
本ページの情報は2022年12月のものです。最新の情報は公式ページまたは動画配信サービスにてご確認ください。