ドラマ『家売るオンナの逆襲』最終話(10話)サンチーがあのイスに昇りつめる!VS留守堂との結末は? | Dramas Note

ドラマ『家売るオンナの逆襲』最終話(10話)サンチーがあのイスに昇りつめる!VS留守堂との結末は?

万智のことを自分を助けてくれた”女神”だと思っていた留守堂でしたが、全ては彼の勘違いだったことが発覚しました。ショックで、今まで万智を想っていた愛情が憎しみへ変わっていく留守堂。留守堂の復讐が始まる!?『家売るオンナの逆襲』最終話はどうなる?

『家売るオンナの逆襲』

スポンサーリンク

『家売るオンナの逆襲』最終話(第10話)のあらすじ

小学校のころから万智に想いを寄せていた留守堂でしたが、自分を助けてくれたのは万智ではないということが判明し、ショックを受け姿を消してしまいました。

それから1年、テーコー不動産・新宿営業所はライバル会社外資系のリッチブラスト不動産の急成長により、存続の危機を迎えていました。

このまま売り上げが低迷していくと渋谷営業所に吸収されてしまう大ピンチの中、万智と庭野は、高齢化により住人が減った集合住宅群・新宿ガーデンハイツに出向きます。そこは、リッチブラスト不動産が高値で買い占めている場所でした。

そこで立ち退きに抵抗している最後の住人である老兄弟・藤見昭と譲に出会います。2人を前に万智が緊張していると知って、庭野は驚きます。

一方、リッチブラスト不動産と内見で会った足立は、売り方が万智の手法とそっくりなことに気付きます。他のリッチブラストに取られた物件の売り方も、全て万智の手法であることが分かり、万智の販売方法が向こうに漏れている危機感を感じます。

そこで、庭野と足立は客を装ってリッチブラストを偵察に行くことにしました。

AI(人工知能)を使って客に最適な物件を探していくシステムのリッチブラスト。早速アンケートに答えていく二人でしたが、その質問が全て万智が家を売る時に言っていた質問でした。驚く二人は、リッチブラストのCOO(チーフ・オペレーティング・オフィサー)の部屋に通されます。

そこにいたのは、なんと一年前に姿を消した留守堂でした。留守堂がAIに万智の家の売り方を組み込んでいたのです。

新宿ガーデンハイツを巡って、万智と留守堂の対決が再燃することに……。

スポンサーリンク

『家売るオンナの逆襲』最終話(10話)の見どころ

ゲストが豪華!

今回も、最終話にふさわしいゲストが出演しています。

冒頭では、足立とフェンシングする相手として、北京オリンピックの銀メダリスト太田さんが登場。「太田さんは……」と言われていたので、本人役で出演している様子。

更に、立ち退きを拒否している兄弟役で笹野高史さんと本田博太郎さん、そして、テーコー不動産の社長役で舘ひろしさんが登場しました。

舘ひろしさんと仲村トオルさんは、かつて一世を風靡した「あぶない刑事」で共演していましたね。今回、2人がツーショットになることはありませんでしたが、”あぶ刑事”の再共演でネットをざわつかせました。

舘さんの「私に売れない家はありません!」という万智を真似ていう場面、面白かったです。

サンチーが緊張する⁉

前回のネタバレは下のリンクから

『家売るオンナの逆襲』9話の見どころと感想。ドジスケ、人生最大にドジる!
夫婦関係に黄色信号がともっていた万智と屋代でしたが、前回めでたく仲直りすることができました。しかし、...…

新宿ガーデンハイツを庭野と訪れた万智は、立ち退きに反発している2人の老人を前にしゃっくりが止まらなくなりました。「緊張している!」という万智に庭野がビックリ。

実は、この2人はマジック好きだった小学生の万智が、大大大ファンだった人物だったのです。

万智は、マジック・セブンを起爆剤として新宿ガーデンハイツを再生するプロジェクトを打ち出すことに。

マジック・セブン!と決めゼリフを振り付きでやってみせる万智も可愛かったです。小学校の時に大好きだったものって、大人になっても覚えてる覚えてる!というある種のあるあるを万智が見せてくれました。

新宿営業所の命運をかけた一大プロジェクト

100億円を投資して、リッチブラストから新宿ガーデンハイツを買い取り、再開発を提案する万智。夢を追いかけてみよう!と社員一同の気持ちが一つになった社員達の気持ちを背尾って社長にお願いしにいった屋代でしたが、全く取り合ってもらえず戻ってきます。

かわりに万智が行くと、すんなりと社長室へ通されました。下町の不動産屋で働いていた万智をテーコー不動産に引き抜いた人物が社長ということで、二人は面識があったようです。

100億円出すかわりに、社長は万智に一つ条件を出します。その条件が、万智が次の社長になるということでした。

全国を回ってマジック・セブンのメンバーを探し出してきた万智。新宿ガーデンハイツを生まれ変わらせる画期的なプロジェクトを始動させます。

万智への復讐心から昔の優しい心を失っていた留守堂でしたが、テーコー不動産が汗水たらして頑張る姿をみて、彼の心にも変化が……。

スポンサーリンク

『家売るオンナの逆襲』最終話(10話)の感想

最終話を飾るに値する面白いストーリーとなりました。

万智への愛情が憎しみへと変わり、”打倒万智”として家を売る留守堂でしたが、最後にはリッチブラスト不動産のやり方に疑問を持つように。また、心優しい昔のサンペイちゃんを万智によって取り戻すことができたのも、心がほっこりなりました。

留守堂も、本当の彼の女神と幸せになったようですし、万智は、社長という座をゲット。「社長もやって、チーフもやって、奥さんもやって大変だなぁー」という足立に、屋代は、「もうひとつ増えることになりそう」と言います。

もしかして、もしかして……との期待通り、万智がママになることに。

みんなハッピーで終わった『家売るオンナの逆襲』。ママになった万智が再び戻ってきてくれることを願いつつ、続編を期待しましょう。