ドラマ『家売るオンナの逆襲』8話の見どころと感想。三郷の舌打ち豹変に唖然、留守堂も一変の予感? | Dramas Note

ドラマ『家売るオンナの逆襲』8話の見どころと感想。三郷の舌打ち豹変に唖然、留守堂も一変の予感?

ある時は協力し、ある時は敵対する留守堂と万智。

そんな対等な関係に憧れる庭野は、三軒家チルドレンを卒業したいと思うようになりました。

万智と対等な関係になりたいと願う庭野の今回担当する顧客は親子関係で悩む庭野と同じ境遇の親子でした。

果たして庭野は成長できるのか?

そして、万智が三角関係に悩むことに!?

スポンサーリンク

『家売るオンナの逆襲』8話のあらすじ

留守堂のように万智と対等な関係になりたいと願う庭野は、最近万智のパシリになっている状況に悩んでいました。そんな中、新宿営業所に父がやってきます。

家を売ってタコ焼き屋をやりたいという父。庭野は母との思い出の家を売ることを大反対します。

そして、もう一人新宿営業所で悩んでいる人がいました。留守堂への思いがマックスに達している足立です。

足立は留守堂に想いを告白する一方、この先留守堂との関係を自分でもどうしたいのか悩みます。

そして、留守堂からの卒業を心に秘めるのでした。

その頃、母ひとり子ひとりの親子が家を売りたいと新宿営業所にやってきて庭野が担当することに。

夫の残した家を売ってケーキ屋を開きたいと夢見る母・幸子(南野陽子)。

しかし、今までも夫のお金を色んな事につぎ込んだ母に、家の共同名義主である娘すみれは、最後に残された家を売ることを反対します。

自分と同じ境遇のすみれに同情し、自分と重ね合わせる庭野は、すみれに協力しようと決意します。

そんな中、万智は白洲から屋代が浮気しているという情報を得ます。

スポンサーリンク

『家売るオンナの逆襲』8話の見どころ

今回のテーマは”親子のしがらみ”

今回の顧客は、夢を追い続ける母とそれに翻弄される娘。金遣いの荒い母の生き方に賛同できない娘ですが、たった一人の母だから突き放せずにいます。

庭野もまた、お金と女にだらしない父を持ち、今回その父が実家を売ってタコ焼き屋をやりたいと新宿営業所にやってきました。たった一人の父だと思うと、すみれと同じく突き放せない庭野。

万智は、「私に売れない家はありません」と家を売ることを約束しますが、庭野は、自分が反対しているのに、どうしてそんな風に言うのかと傷つきます。やり方は時に強引だけど、顧客が不幸になるような売り方は万智はしないから何か考えがあるのではと庭野を慰める屋代。

子どもは親を選べないとよく聞く言葉ですが、今回は、大人になっても親の人生に振り回されている親子がクローズアップされました。

万智によって親を思うあまり、親の意向に合わせてきた子どもが自立へ向けて一歩踏み出すことができたストーリーでした。

サンチーが可愛すぎる!

7話のネタバレ感想

白洲から、屋代の不倫写真を見せられた万智。顔は相変わらず無表情の万智ですが、かなり動揺していました。

事務所内では、普段以上にパソコンに向かってキーボードを打ちまくる万智。庭野に、「声が小さい!ネクタイが曲がっている!!スーツの趣味が悪い!!!」と怒鳴り散らします。

そして遂に物件を紹介中に声がでなくなってしまうというハプニングが。一時的なものでしたが、万智が相当なストレスを受けている感じが強く伝わってきました。

みんなが帰って屋代と万智二人が残った事務所で、万智は「不倫をやめてください」とストレートに訴えました。

万智の真っ直ぐな目が、この人は愛にも本当に真っ直ぐなのだなぁと思ってしまいました。屋代のように、ひがんで他の女性と浮気するつもりはないにしても、一緒に食事にいったりなんてしない、屋代一筋の万智。

屋代も留守堂と万智との関係のモヤモヤをこれをきっかけに解消することができ、二人の愛が更に深まることができました。

帰り際「課長!手をつなぎたいです」と積極的な万智。素直すぎて本当に可愛すぎました。屋代もなんだか嬉しそうで、見ていてもほっこりする場面でした。

しかし、それを見ていた留守堂が、なにやら豹変するような!?

足立王子復活!

留守堂愛が溢れて遂に告白した足立でしたが、この先どうしたいのか?ということに悩みます。恋する足立は、仕事で本領発揮できず、ズボンのチャックが開いているなど、足立王子らしからぬ失態をおかす始末。

凹む足立でしたが、万智が庭野にカツを入れる場面を見て、足立も何かが吹っ切れました。「僕の仕事は家を売ることです!」と事務所を飛び出す足立。以前の足立トークがさく裂し、マダムに家を売ることに成功。足立王子復活しました。

留守堂への想いが整理できた足立は、留守堂とは良い友人関係となる道へ進めそうです。

スポンサーリンク

『家売るオンナの逆襲』第8話の感想

今回は、親子関係の問題がテーマでしたが、それよりも万智と屋代・三郷の三角関係問題が面白かったです。

いつも淡々としている万智と恋愛関係問題、結びつくイメージがなかった分、それがクローズアップされたことにグッと興味が引き寄せられました。

しかし、あの常識的で優しそうだった三郷がいきなり豹変して、屋代にグイグイ責めてきてビックリ。おでん屋へ寄って行こうと誘われ、相変わらず流れに流されてついていく屋代でしたが、ついたところはラブホテル街。

いつもの感じで、流されて入っちゃう?と思いましたが、ここは何だかんだいいつつ万智を愛している屋代は拒否します。屋代に逃げられ舌打ちする三郷には、あんなに変わってしまうのかと驚きました。

愛を深めることができた万智と屋代でしたが、仲良く手をつなぐ二人を見てしまった留守堂。万智愛が強ければ強いほど、その力がネガティブな方向へ向いたときにどうなるか。次回は、あの温厚で優しかった留守堂が豹変しそうです。愛情が憎しみへ……大波乱な予感がします!