ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』最終回ネタバレと感想。急展開!真犯人がいきなり武田真治で驚きの声! | Dramas Note

ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』最終回ネタバレと感想。急展開!真犯人がいきなり武田真治で驚きの声!

最終回を迎えたドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』。

イノセンス冤罪弁護士(出典:Amazon)

ついに11年前の真犯人が判明しました。

これまで、その存在すらも分からなかった人物でしたが、最後の事件をきっかけに姿を現しました。

そして意外にもあっさりした告白と、いきなり武田真治の登場でネット上ではブーイングの声も……。

ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』

スポンサーリンク

最終話あらすじ

黒川拓(坂口健太郎)を庇い男に刺されてしまった和倉楓(川口春奈)。

犯人は神津一成(武田真治)という男で、犯行に使ったナイフを所持して警察の出頭します。

また、有馬聡子(市川実日子)の調べで、前回の被害者・花巻京香と逮捕された富士田、そして11年前に亡くなった秋保彩花と、服役中に自殺した浅間大輔のSNSにコメントしていたKooZという人物に繋がりがあると分かりました。

KooZは神津のアカウントであることを突き止めると、黒川拓は彼が11年前の事件に関係しているかもしれないと接見にいきます。

黒川拓は、神津に「僕を狙ったんですよね」と尋ねると、意外にも神津は3人は自分が殺したをあっさり自供。

花巻京香と山代奈々、そして11年前の秋保彩花。

自供を聞いた黒川拓は、面会アクリル板を叩きつけ怒りをぶつけます。

そこに警察官が慌てて入ってくると、「彼が殺した、今自供した」と警察官に言いますが、神津は「そんなこと言ってないし、証拠もない」と、自供をひっくり返したのです。

どうにかして奴に罪を吐かせたい……。

そんな折、11年前の事件の証拠品として”たばこの吸い殻”が提出されていないことを知った黒川。

花巻京香の殺害現場に、タバコの吸い殻が落ちていたものの富士田が喫煙者でないことから、見過ごされていたのです。

11年前の事件も、今回の事件も”喫煙者ではない”という理由で、証拠品として取り扱われていませんでした。

黒川は、秋保にたばこの吸い殻に含まれているDNA鑑定を依頼。

そして、神津に犯行を認めさせるため富士田の裁判で”証人”として引っ張り出すことにしたのです。

スポンサーリンク

ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』最終回の解説

現状証拠に惑わされた冤罪による事件

結局、神津が花巻彩花と八代奈々、そして秋保彩花の3人を殺害した犯人でした。

今回、黒川拓を刺そうとしたのは、彼が冤罪弁護士ということがテレビで放送されたのがきっかけです。

神津は12年前、痴漢の冤罪で50日以上も拘留されており、当時4度目の受験でやっと合格した東央大学の入学を取り消された過去がありました。

自分はやっていないと何度訴えても、警察には信じてもらえず現状証拠だけで起訴されていたのです。

黒川拓は、神津の過去を調べ12年前に被害にあったという高校生から「示談金欲しさに痴漢だとやられてもいないことを言ってしまった」と、神津が12年前は無実であったことを話します。

しかし、その冤罪がきっかけで入りたかった大学に入れず、神津の人生は狂ってしまったのです。

そして、犯人役と被害者になるターゲットを見つけ出すと、2人のことを調べ上げていました。

すぐに自分は捕まると思っていたものの、警察は現状証拠だけで犯人を特定して逮捕。自分の時と同じように、警察は現状証拠だけで犯人を捕まえるとアピール。

たばこの吸い殻がその例であり、犯人につながる証拠をみすみす逃していた警察や検察は無能だと笑ったのです。

警察がもっと事件を追及していれば、秋保彩花も浅間大輔も、花巻京香も死ぬことはなかったかもしれません。

また八代奈々に関しては、花巻京香の殺人現場を見られて脅迫されたから殺したということでした。

たったひとつの冤罪が、たくさんの人の人生を変えてしまうという、考えさせられる展開で幕を下ろします。

盛り上がりのヤマはない?

『イノセンス 冤罪弁護士』全話エピソード展開!最終回までネタバレ更新。
坂口健太郎主演によるリーガルドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』。 冤罪の犠牲者となった人々を救う...…

今回は最終回ということで、盛り上がりを期待していましたが、富士田の冤罪を晴らすというより、11年前の事件の真相を暴くことで、おのずと富士田の冤罪が証明されたという事になります。

またこれにより、警察のずさんな捜査、検察側の調査の甘さも浮き彫りになりました。

大きな盛り上がりはありませんでしたが、11年前の真犯人が分かっただけでもスッキリです。

ただ、これまでその気配さえ見せていなかった犯人と、当時の事件を捜査していた元刑事が、いきなり現れたことに視聴者から驚きの声が上がっているのも事実です。

確かに、最終回で一気に解決させなければならないとはいえ、辻褄が合わないことも多いですね。

黒川拓が、11年前の事件の犯人を捜す目的があるのだとしたら、当時捜査していた刑事とかに話を聞くという方法もあったでしょうに……。

実は、認められていなかった証拠品があったとか、10話までのなかで少しずつ解明されていうほうが、視聴者も納得しやすかったのかもしれませんね。

ただ、そういった展開も含めて真相が明らかになったことは良かったのではないかと思います。

スポンサーリンク

ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』最終話の感想

微妙な空気が流れるシーンもありましたが、いきなり武田真治&いきなり佐藤B作の登場は本当に驚きでした。

しかも、神津が黒川拓に11年前の事件を自白したものの、いざとなるとやってないと覆したので、これは認めさせるために、あれこれと手を尽くすのか?と思いきや法廷に引っ張り出すと、あっさり自白。

こんな展開あるんだ?と思うほど、簡単な結末でした。

それでも、知りたかった真相が明らかになったのはそれはそれでスッキリしましたが。

殺人を犯した原因が冤罪だったとは、最後まで冤罪にこだわったテーマを貫いたことには納得でした。

また、現代では「痴漢で疑われたらほぼ無罪にはならない」と言われているだけあって考えさせられる内容でしたね。

ただ、化学の実験で証明したり、黒川拓がポイントに気づいたりという、本作の見どころシーンがほとんどなかったのは残念でしたが、いい最終回を迎えたのではないかと思います。