【花不棄〈カフキ〉】35話・36話のあらすじ。四角関係のカオスな旅がスタート!? | Dramas Note

【花不棄〈カフキ〉】35話・36話のあらすじ。四角関係のカオスな旅がスタート!?

出典:www.amazon.co.jp

作品紹介

【花不棄〈カフキ〉】あらすじ35話・36話。砂漠で迷子になった花不棄と東方炻は、偶然にも陳煜と出会います。そして3人の旅がスタートしたそのすぐ後、まさかの柳青蕪まで現れて、ますますカオスな旅となっていくのです。この記事では、ネタバレ感想をお届けします。

花不棄<カフキ>作品情報 ➤

©2019 Kashi Feibao Culture Media Co., Ltd.
 公式サイト

製作

製作:2017年 中国

原題:小女花不弃

監督:チャー・チュンイー

キャスト:アリエル・リン、チャン・ビンビン、リン・ボーホン、クリス・スン、シン・オン、ソン・ウェンズオ、シャオ・シャンフェイ

動画配信

当サイトでご紹介しているものは2020年10月現在のものになります。状況により配信されていない場合がございますので各サービスでご確認ください。

関連記事

【月に咲く花の如く】
【永遠の桃花~三生三世~】

スポンサーリンク

【花不棄〈カフキ〉】あらすじ35話

陳煜との合流

花不棄と東方炻は砂漠をさまよいながら、友人として良き関係を築きはじめていた。

そんな中、2人は砂漠で陳煜と遭遇する。

どうやら陳煜は、この付近の盗賊を退治するために砂漠を見回っていたらしい。

初対面の陳煜を警戒しまくる東方炻をよそに、花不棄は陳煜と親しげに接する。

花不棄と陳煜は、東方炻がいる手前“初対面のフリ”をしているものの、再会の喜びを隠しきれずに親密さが滲み出てしまう。

そんな2人の様子を見た東方炻はヤキモチを焼き、2人を引き離そうとするがうまくいかない。

結局3人は、目的地の楚州まで共に旅をすることとなった。

3人旅スタート

その晩。

久しぶりの再会で嬉しさを隠しきれない花不棄は、なにかと陳煜のそばへ行きたがった。

それを見た東方炻は、婚約者の花不棄が他の男とイチャイチャするのが許せず、「絶対に花不棄には手を出すな」と陳煜に釘をさす。

対して陳煜は、どう見ても東方炻の片思いだから諦めるべきだと言葉を返した。

その後もずっと陳煜にべったりな花不棄に、東方炻は「私を選べば優しくするし、つらい涙も流させない」と伝える。

しかし花不棄は「愛を語る前に自分を見直したら?」と、これまで朱家がどれほど東方家に苦しめられてきたかを口にする。

東方炻は2度と過ちはおかさないと誓うが、花不棄は取り合わなかった。

柳青蕪の登場

翌日になり旅を再会させた3人は、道中で湖を見つける。

花不棄は、水浴びをしたいからと2人を遠ざけておき、2人が見ていないうちに東方炻の水筒にしびれ薬を仕込んだ。

(花不棄は、陳煜と2人きりになるために東方炻の水筒に薬を盛ったのだ)

そのすぐ後。

陳煜を追ってきたという柳青蕪が、突然3人の前に現れ……。

スポンサーリンク

【花不棄〈カフキ〉】あらすじ36話

4人旅スタート

以前のケガが完治していない柳青蕪は3人の前に現れるなり落馬し、花不棄に連れていかれた湖で傷口を洗う。

柳青蕪は、目の前にいるのが死んだはずの花不棄だと気づいているのかいないのか半々といった様子だ。

一方で東方炻は、陳煜の正体に気づき始めていた。

花不棄の想い人が蓮衣客だと知っている東方炻は、花不棄の態度から、陳煜こそが蓮衣客に違いないと見抜いたのだ。

卑劣な作戦

楚州への旅をスタートさせた4人は、それぞれ好きな人の気を引くためにあれこれと駆け引きをしながら馬を走らせる。

宿に到着すると、まずは東方炻が柳青蕪のケガを治療することにし、その間 花不棄と陳煜は2人きりになる。

陳煜は花不棄を後ろから抱きしめるが、腕を振り払われてしまった。

どうやら花不棄は、道中ずっと柳青蕪を心配してばかりの陳煜に怒っているようだ。

陳煜は「柳青蕪に対して一度も心が動いたことはないが、命の恩人ゆえ放っておくことができないだけだ」と話し、わだかまりが解けた2人はキスを交わした。

治療を終えた東方炻から「今晩は柳青蕪に付き添いが必要」と聞いた陳煜は、付き添い役を買って出た。

その晩。

柳青蕪は東方炻との打ち合わせどおり、陳煜を薬で眠らせたうえに衣を脱がせ一夜を共にしたかのように細工する。

その現場を花不棄に見せることで、花不棄と陳煜の仲を裂こうというのだ。

2人の狙いどおり、翌朝“現場”を見た花不棄は宿を飛び出し、砂漠の真ん中で泣き崩れる。

追いかけてきた東方炻は花不棄を慰めるのだが、その際に水筒の水を花不棄に飲ませてしまう。

(*東方炻の水筒には、しびれ薬が入っている)

東方炻も飲んでしまい、2人は砂漠の真ん中で倒れてしまった。

盗賊のアジト

盗賊の沙鼠さそは、砂漠で倒れている花不棄を見て“上玉”だと判断し、アジトに連れていった。

目覚めた花不棄は盗賊の頭に襲われそうになるが、とっさに「100万両を払う」と取り引きを持ちかけて難を逃れる。

一方、宿で目覚めた陳煜はすぐにハメられた状況を理解し、花不棄を探しに砂漠へと向かった。

スポンサーリンク

【花不棄〈カフキ〉】35話の感想

しばらくは花不棄と東方炻の2人旅が続くのかと思いましたが、まさかの陳煜合流という面白い展開に!

花不棄と陳煜にとっては久しぶりの再会なので、ついラブラブモードになってしまうのも分かるのですが……。

何も知らずにただただ疎外される東方炻が気の毒でもありました。

花不棄の気持ちがどうであれ、東方炻の許嫁であることは間違いないわけなので、目の前で他の男性とイチャコラされる東方炻が不機嫌になるのも仕方ありません。

とはいえ、東方炻も東方炻で、すぐに恋敵を抹殺しようとする卑劣さは相変わらずなので、どっちもどっちという感じです。

ちなみに3人の砂漠シーンは、スタジオの床に砂を敷きつめた撮影セットで収録したようです。(メイキング動画より)

スポンサーリンク

【花不棄〈カフキ〉】36話の感想

柳青蕪が旅のメンバーに加わったことで、カオスな四角関係の旅がスタートしました。

それぞれが、好きな人の気を引くためにいろいろと仕掛けるのですが、その全ての行動がお子様すぎて本当にカオスでした。

体調不良のフリをして気を引くぐらいならカワイイものですが、最後に東方炻と柳青蕪が仕掛けた策がとても卑劣。

花不棄と陳煜の仲を引き裂きたいからといって、陳煜を薬で眠らせて柳青蕪との既成事実を作り上げるのは流石にやりすぎではないかと……。

このドラマでの東方炻の役割が、ヒロインの2番手の相手なのかそれとも悪役なのか、いまだに定まっていない気がします。

せっかく花不棄からの好感度ポイントが上がったというのに、自らそのポイントを下げてしまう東方炻の今後が気がかりです。

*次回37話・38話のネタバレ感想はこちら。