PR
PR

【鶴唳華亭<かくれいかてい>】46話・47話・48話 ネタバレ感想|幼名

歴史 / 時代劇
©Jetsen Huashi Media Co.,Limited

【鶴唳華亭~Legend of Love~】46話・47話・48話のあらすじとネタバレ感想。蕭定権は陸文昔に爪を赤く染めた内人が出入り許可証を持っていたと話します。また、陳蔻珠宛の書きつけが落ちていたことや、印の入手経路も問い詰め……。

PR

46話のあらすじネタバレ

©Jetsen Huashi Media Co.,Limited

許可証の偽造がバレたと知らない陸文昔は、蕭定権を想いながら夕香に刺繍を教わっていました。

その後、蕭定権は不在が続いて陸文昔はなかなか会うことができず……。

ある夜、陸文昔が仕事を終えて自分の部屋に戻ると蕭定権が来ていていて、刺繍を見て下手だなと言いました。

続けて蕭定権は陸文昔の手をとり”この爪は?”と尋ねます。

陸文昔が、皇太子妃が染めてくれたもので冬まで残ると言っていたと説明すると、蕭定権はそれが唯一の失策だったなと言いました。

驚く陸文昔に、蕭定権は爪を赤く染めた内人が”この者につき夜明けまで出入りを許すべし”という許可証を持っていたそうだと話します。

また、蕭定権は陸文昔に”なぜ陳蔻珠宛の書きつけがたまたま落ちていたのか?””皇太子の印はどうやって手に入れたのか?”と矢継ぎ早に質問しました。

何も言えない陸文昔に蕭定権は、偽証は処分しただろうし、陳蔻珠は死んだし、印も見つからないだろうし、証拠はないなと言います。

PR

蕭定権は証拠もなく自白もしない者を殺せないから、内人を宮籍から除籍したと言い残して立ち去ろうとしました。

陸文昔はどんな罰も受けるから追放だけはしないでほしいと言って蕭定権の足元にすがりつきます。

蕭定権は陸文昔の手を振り払って部屋を出て行きました。

陸文昔は許しを乞うために白装束を着て蕭定権の部屋の外にひざまずきます。

その後、部屋を訪ねて来た許昌平が蕭定権に外にひざまずいている者がいると知らせますが、蕭定権は扉を閉めてしまうのでした。

許昌平が訪ねて来たのは、皇帝に次は蕭定権に仕えるようにと命じられたことを伝えるためでした。

蕭定権は驚きますが、許昌平は皇帝が自分を遣わせたのは皇太子を監視させるためだと言います。

そして、紙に皇帝の姓である”蕭”と顧思林の姓である”顧”の文字を書き、皇帝は皇太子がどちらを選ぶか知りたがっていると言いました。

蕭定権は”無礼者!”と言いますが、許昌平は落ち着き払って”忠言する者を使わないつもりですか?”と言って部屋を出て行きます。

PR

翌朝、陸文昔は、皇帝との朝食に向かう蕭定権を呼び止め、許可証を偽造して外出したこと、蕭定棠の屋敷に行って陳蔻珠宛ての書きつけを書かせたことを自白しました。

そして陸文昔は、陳蔻珠が蕭定棠の間者だったからだと弁明します。

蕭定権が無視して立ち去ろうとしたので、陸文昔は追いかけて印は盧世瑜から受け取ったと言いました。

恩師の名を聞いて足を止める蕭定権。

陸文昔は洗衣所で騒動を起こしたのも印を守ろうとしたためだと説明します。

続けて陸文昔は、許可証を偽造した後、印は見つからないように外堀に捨てたと言いました。

しかし蕭定権は陸文昔に、もうここを去る者だと言って再び立ち去ろうとします。

PR

陸文昔はとうとう”私は内人ではありません”と言いました。

振り返った蕭定権に陸文昔は、自分は罪人の娘だと言い、皇太子に近づくために姜氏にお願いして病気で辞めた内人の替え玉になったと告白します。

それを聞いた蕭定権が私には無関係だと言って馬に乗って去ろうとした時、夕香が陸文昔を”阿宝あほう姉さん”と呼んで駆け寄りました。

”阿宝”とは、蕭定楷が陸文昔に万策尽きたら自分の幼名をこう答えるようにと教えた名前だったのです。

蕭定権は馬から降りて”その名を誰から聞いた?”と陸文昔を問い詰めました。

陸文昔が”私の幼名です”と答えると、蕭定権は”誰の指図だ?”と言って馬用の鞭で陸文昔を打ったのです。

夕香は陸文昔をかばい、書きつけを部屋に投げ入れたのは自分だと白状しました。

PR

その時、王常侍にこれ以上遅れてはなりませんと言われた蕭定権は仕方なく皇帝のところへ向かいます。

蕭定権が到着すると、蕭定棠と蕭定楷が朝食を終えて帰るところでした。

皇太子の役割である味見は蕭定棠が代わりに行っていましたが、皇帝は朝食に手つけないまま部屋に戻ってしまった様子。

蕭定楷は蕭定権に、皇帝が”冷めた料理は胃が痛む”と言っていたと耳打ちして帰って行きました。

その後、仕事中の皇帝に趙氏が新しい朝食を運び、”皇太子が遅刻したことは叱ればいいこと、朝食は食べなくては”と言います。

皇帝が食事を口にすると、趙氏はこれは皇太子が味見したものだと言い、遅刻を叱られるのを恐れて私を頼ってきたのだと説明しました。

そして趙氏は皇帝に、部屋の外にひざまずいている蕭定権を指し示すのでした。

PR

46話の感想

やっと蕭定楷が教えてくれた切り札を使う時が来ましたね。

それにしても蕭定権が予想以上に動揺した幼名”阿宝”には一体どういう意味があるのか気になります。

また、蕭定権が皇太子妃のことで恨んでいた趙氏を頼るとは意外でした。

その行動にも何か裏があるのでしょうか。

趙氏は皇后になった途端、急に蕭定権の母代わりのような態度を取り始めた変わり身の速さがちょっと怖いです。

PR

47話のあらすじネタバレ

©Jetsen Huashi Media Co.,Limited

蕭定権は拷問を受けた陸文昔のところへ行きました。

罪については白状したものの、本当の素性についてはどうしても話さないとのこと。

最後に言いたいことはあるかと尋ねる蕭定権に、陸文昔は夕香は自分が巻き込んだだけなので助けてほしいと言いました。

蕭定権はそれを約束すると、毒酒が入った水差しを残して部屋を出て行きます。

その後、解放された夕香は空になった水差しの横に倒れている陸文昔を見て泣き崩れるのでした。

PR

部屋に戻った蕭定権のところに許昌平が訪ねてきます。

許昌平は蕭定権が朝食に遅れたと聞き、顧思林が戦場に戻るまでは周囲に非難の口実を与えないようにしなければなりませんと諭すのでした。

翌朝、顧思林を弾劾する匿名の文書が宮中に出回ります。

それは顧思林が戦を避けて敵を見逃し、顧逢恩は無断で従軍しているというもので出どころは特赦された捕虜たちの噂話のようでした。

皇帝は捕虜たちが内紛によりこの国を自滅させようと狙っていると考え、捕虜を赦免した蕭定権を責めます。

少し考えた後、皇帝は蕭定権に、顧思林を訪ねて弾劾書のことは懸念するなと伝えるように命じました。

また、皇帝は蕭定権に顧逢恩を呼び戻すように言います。

PR

蕭定権から皇帝のめいを聞いた許昌平は、軍の水準を保つため将軍は世襲制にすべきだと言い、皇帝は顧思林が息子に軍を継がせる気があるか試していると言いました。

夜になり蕭定権は顧思林の屋敷の前まで行きますが、顧思林には会わずに帰ってきます。

翌朝、蕭定権は遅れずに皇帝との朝食の席につきました。

そこへ御史台の何士釗かししょう(チャン・シンチェ)が来て匿名の弾劾書の作成者を調べたところ、部下の陳九思だったと報告します。

実は昨夜、蕭定権が何士釗を訪ねて調べるように命じていたのでした。

陳九思は、かつて陸英を直訴に踏み切らせるために李柏舟の指示で暗躍した人物。

何士釗は陳九思を既に取り調べのために引き渡したと言い、部下の罪に気づかなかった自分も罪を負うと言って冠を置いて部屋を出て行きます。

PR

その頃、陸文昔は夕香に看病されていました。

実はあの時水差しに入っていたのは毒酒ではなく薬酒で、陸文昔は眠り続けていただけだったのです。

陸文昔が目覚めたところに蕭定権が訪ねてきました。

蕭定権は拷問でできた陸文昔の傷に薬を塗り、除籍された身では誰かに殺されても責められないから今日からは必ず自分についてくるようにと言ったのです。

PR

47話の感想

陸文昔が生きていて本当によかったです。

蕭定権はなぜいつも意地の悪い助け方をするのでしょう。

それにしても、もう李柏舟はいないのに陳九思が誰の指示で弾劾書を作成したのか気になります。

PR

48話のあらすじネタバレ

©Jetsen Huashi Media Co.,Limited

陸文昔が感謝を伝えると、蕭定権は死ぬ間際の皇太子妃に彼女を傷つけないでと懇願されたからだと言いました。

夜になり、陸文昔は着飾って蕭定権の寝室へと向かいます。

その姿を見た他の女官たちはあらぬ噂を立てますが……。

蕭定権は陸文昔に髪を結わせただけで、寝室には側室の1人を呼んだのでした。

翌朝、蕭定権は陸文昔が持っていた巾着の鶴の刺繍を見て、足の短いウズラか?とバカにします。

PR

その後、皇帝から顧思林と蕭定権に一緒にザクロを食べようと誘いがあります。

しかし、蕭定権は胃もたれを理由に誘いを断りました。

すると皇帝が李重夔に蕭定権のところへザクロを届けさせます。

蕭定権は陸文昔にそのザクロを受け取るように言いました。

陸文昔の顔を見た李重夔は驚き、帰り際に王常侍に尋ねます。

王常侍はくれぐれも皇帝には内密にと言うのでした。

李重夔が帰った後、蕭定権は自分は食べると湿疹が出るからと言い、ザクロを側室たちに分けるように指示します。

蕭定権は横にいる陸文昔にも1粒ほしいか?と尋ねますが、陸文昔は私もザクロを食べると湿疹が出ますと答えました。

PR

その後、蕭定権は顧思林に会いに行きますが、屋敷の者に留守だと言われて帰ることにします。

ところが実は顧思林は屋敷にいて、先日宮中で出回っていた自分を弾劾する文書を読んでいたのでした……。

蕭定権の留守中、張韶筠が陸文昔を訪ねて来ていました。

張韶筠は蕭定権がけなした鶴の刺繍をべた褒めし、その巾着がほしいと言います。

陸文昔があげる代わりにお願いがありますと言って巾着を渡そうとした時、話を立ち聞きしていた蕭定権が部屋に入ってきました。

蕭定権はあてつけのように陸文昔を寝室に呼びます。

それを見た張韶筠は泣きながら帰って行くのでした。

PR

実は蕭定権は寝室で陸文昔の傷に薬を塗っていただけでした。

蕭定権は薬を塗りながら陸文昔に、巾着の見返りに張韶筠に何を頼もうとしたのかと問い詰めます。

陸文昔が”もう会いに来ないで”と言おうとしたと答えると、蕭定権は安心するのでした。

その夜、蕭定権は屋敷を抜け出して顧思林に会いに行きます。

しかし、そんな時間でも屋敷の者たちは顧思林は不在だと言うのでした。

PR

48話の感想

張韶筠は単純そうなので今回のことで深く傷ついていそうですね。

ショックのあまり、変な行動を起こさないといいのですが……。

また、蕭定権がなかなか顧思林に会えないことが、この後の朝廷の力関係にどのような影響を及ぼしていくのか気になります。

©Jetsen Huashi Media Co.,Limited
本ページの情報は2023年7月のものです。最新の情報は公式ページまたは動画配信サービスにてご確認ください。