『刑事ゼロ』第3話のネタバレ解説。温かい兄弟愛に涙!一転・二転する真相からも目が離せない! | Dramas Note

『刑事ゼロ』第3話のネタバレ解説。温かい兄弟愛に涙!一転・二転する真相からも目が離せない!

沢村一樹が主演のドラマ『刑事ゼロ』の第3話が放送されました。今回の事件は「逆回転誘拐」という斬新な内容! 通常の誘拐とは”真逆の順番で進んでいく誘拐”から目が離せません。誘拐の手順が真逆に進んだ結果、どのような結末に辿りつくのか。また、犯人が真逆にした理由は? 疑問が盛りだくさんの『刑事ゼロ』第3話のネタバレ解説をお届けします。

 

『刑事ゼロ』第3話

スポンサーリンク

『刑事ゼロ』第3話のあらすじ

金属チェーンを経営する夏富家に、「誘拐した息子を解放する」という電話がかかってきます。

誘拐されてもいないのに「解放する」と宣告され、戸惑う夏富家。

念のため、息子・輝の無事を確認した夏富家は、イタズラ電話に違いないと結論づけることにしました。

しかし翌日、仕事の取引のために夏富会長が用意した1億円が強奪されてしまいました。

会長からの通報を受けて、現場にやって来たのは時矢刑事(沢村一樹)

時矢は、家族から話を聞くために夏富家を訪れます。

すると、郵便受けに「1億円を用意しろ」と書かれた脅迫状が投函されていました。

犯人はすでに1億円を強奪したはずなのに、なぜ脅迫状が届いたのかと、みんなの疑問は膨らむばかり。

しかし、時矢は特技の”直感”である事実に辿り着きます。

その事実とは「この誘拐は、通常の誘拐の手順と正反対の順序で展開されている」というもの。

時矢の直感通りならば、誘拐はこれから起こることになるが……!?

スポンサーリンク

『刑事ゼロ』第3話の解説・考察

夏富家の人々

夏富輝一郎

金属チェーンの会長で、夏富家の大黒柱。

質屋だった店を大手チェーンにまで発展させた手腕を持つが、自分の金は家族にさえ一銭もやりたくないと思っている。

夏富家の血を引いていない永久を家族とは認めておらず、最終的に永久を部屋に閉じ込めてしまう。

紗輝子/武臣

紗輝子……会長の娘。

武臣……紗輝子の夫。

ふたりの間には、永久と輝、ふたりの息子がいる。

永久(ながひさ)

夏富夫婦の長男だが、血は繋がっていない。

結婚後しばらくの間子供ができなかった夏富夫妻は、会長から半ば強制的に養子を取らされ、その時の養子が永久。

夫妻は、永久と輝どちらも分け隔てなく育てたが、会長は決して永久を家族だとは認めなかった。

そのため永久は、家族写真に写ることさえ禁じられ、やがて部屋から出てこなくなった。

輝(あきら)

夏富夫婦の実子で、次男。

兄の永久を慕っており、永久が閉じ込められたあともLINEで連絡を取り合っていた。

“逆回転誘拐”とは何なのか?

【逆回転誘拐】……通常の誘拐の手順と正反対の順序で展開される誘拐のこと

通常の誘拐

①誘拐……ターゲットの身内を誘拐する

②宣言……「誘拐した」と、人質の家族に告げる

③警告……「警察に言ったら人質の命はない」と警告する

④指示……身代金の受け渡しの指示をおこなうと同時に、人質の無事を伝える

⑤強奪……身代金を受け取る、強奪する

⑥解放……人質を解放する

上記が通常の誘拐の手順。

しかし第3話で起きた誘拐は、「身代金は受け取った。息子は解放するという一本の電話からスタートしています。

つまり、いきなり⑥の”解放”から始まっているわけですね。

翌日、夏富会長が1億円を強奪され、(真逆の)順番通り⑤が実行されました。

会長が1億円を持っているタイミングで襲われていることから、勘のいい方ならこの時点で「身内の犯行」だと推測しますよね。

私もこの段階で、”犯人は身内の永久だろう”と予測しました。

真相~犯人が”誘拐”の手順を真逆にした理由は?~

前回のネタバレ記事はこちらから

永久が自分の存在を家族に認めてもらうために”誘拐”を自作自演したのかと予想していましたが、犯人は輝でした。

犯人というより、共犯というほうが正しいかもしれません。

輝は、兄の永久を哀れに思い、一緒に復讐するつもりで”誘拐”に協力したのです。

ではなぜ、誘拐の手順を真逆にしたのでしょうか。

その理由はおそらく、会長は永久を家族とは認めておらずお金にもシビアなため、通常の手順通りに「永久を誘拐したから金を用意しろ」と脅しても効果がないと考えたのでしょうね。

スポンサーリンク

『刑事ゼロ』第3話の感想

“逆回転誘拐”という題材に興味をそそられましたし、真相も予想のひとつ上をいっていて楽しめました。

しかも、今回は動機が温かい!

犯人の輝が、誘拐の手順を逆にしようと考えたのは「兄・永久の失われた時間を取り戻してあげたいから」という温かい理由。

血は繋がっていなくても、輝にとって永久はかけがえのないお兄さんなんだな、と兄弟愛を感じました。

そして、今回も真相が一転二転して最後まで目が離せませんでした。

同一犯だと思っていたふたつの誘拐が別物だったとは!

【永久誘拐】は兄弟の自演だったけれど、その後の【輝誘拐】は、【永久誘拐】に乗じて会長の部下が起こした”本物の誘拐”だったのです。

温かさと厳しさのバランスが良い

今回の誘拐は、家族に永久の存在を知らしめることが一番の狙いでした。

でも、誘拐後もきっと会長の態度は変わらないんじゃないかな?という気がします。

犯人から解放された時、孫(輝と永久)の心配はせず、お金の入ったかばんを何より大事そうに抱えていましたし。

何もかもを温かく終わらせるのではなくて、厳しい現実も描いているのがいいですね。

温かさと厳しさがバランスよく描かれているので、ドラマの内容に現実味を感じられます。

時矢自身を掘り下げてくれることに期待

主人公の時矢(沢村一樹)は、意図的に一部の記憶を閉じ込めています。

それはつまり、”一部、思い出したくない記憶がある”ということですよね。

思い出したくない記憶が何なのか気になるところですが、第3話になっても未だにヒント無しなので、なかなか推理が進みません。

そろそろヒントの欠片だけでも見つけたいところです。

他にも元妻との馴れ初めが気になりますし、今後は、時矢の身近な人物や時矢自身の掘り下げにも期待したいです。