PR

「慶余年」シーズン2第21話・22話のあらすじネタバレ

歴史 / 時代劇
(C)Tencent Pictures Culture Media Company Limited
*この記事にはプロモーションが含まれています
作品情報

「慶余年」シーズン2第21話・22話のあらすじネタバレと感想。

ついに春の科挙の合格者が発表され、楊万里と侯季常は合格します。ところが、史闡立は試験に落ちてしまいました。范閑は史闡立に、史家鎮が火事で焼き払われたことを伝え……。

PR

「慶余年」シーズン2第21話のあらすじネタバレ

Movie Poster
*自動翻訳で視聴したため、本記事のあらすじは間違っている場合があります。

范閑は王啓年に公開用の科挙の合格リストを一から書き直させ、楊万里の名前を加えておくよう命じました。

その後、范閑は鑑査院の大牢に移った郭攸之に会いに行き、できるだけ早く釈放することを約束します。そして、郭攸之に過去の科挙の不正名簿を見てもらいました。

名簿に目を通した郭攸之は、科挙の不正選出ができるのは皇族や宰相や秦家といった大物だけであり、それらの大物を罰することができる者などいないと言いました。また、結局のところ一番の被害者は、合格を取って代わられた受験生だと言うのでした。

林若甫は参謀の袁宏道を派遣して范閑を迎えに行かせましたが、大宝も袁宏道についてきました。袁宏道は自分はまだ他の仕事があると言って范閑に大宝を預け、どこかへ行ってしまいます。

范閑は疑うことなく大宝を預かりますが、実は袁宏道は謎の未亡人と会っていたのでした。そして、袁宏道は賀宗緯に未亡人を引き渡します。

ついに科挙の合格者が発表され、楊万里と侯季常は合格します。ところが、史闡立は試験に落ちてしまいました。

楊万里、侯季常、史闡立は范閑に会いに行き、科挙を公平なものにしてくれた范閑に敬意を表します。范閑は史闡立だけをこの場に残し、史闡立の故郷である史家鎮が焼き払われたことを伝えました。

するとそこへ、賀宗緯が「未亡人」を連れて范閑に会いに来ます。未亡人の夫は過去の科挙に合格したものの林若甫の弟子に取って代わられ、その上、夫が林若甫の手の者に殺されたというのです。

感想

楊万里は科挙に合格できたものの、答案用紙の取り換えはまだ解決していませんよね。取り換えた犯人は分かりませんが、犯人は取り換える直前に慶帝の部屋から出てきているので慶帝の命令だったということでしょうか。

大宝かわいい~。前回の登場は一瞬で終わってしまったので、今回また大宝と范閑のシーンが見られて嬉しいです。でも、ほっこりしたのも束の間で、まさかこんな展開になってしまうとは!

未亡人と接触し、未亡人を賀宗緯に引き渡した袁宏道は林若甫の側近ですよね。ということは、袁宏道は林若甫を裏切ったということ?それとも、もともと誰かのスパイだったのでしょうか。

PR

「慶余年」シーズン2第22話のあらすじネタバレ

Movie Poster

范閑は林若甫に会いに行き、未亡人の件は本当なのかと尋ねました。林若甫は科挙の不正選出については認めたものの、殺人は指示していないと断言します。

その頃、言氷雲は賀宗緯と未亡人が乗る馬車を大理寺に護送していました。すると道中、袁宏道が馬車をめがけてナイフを投げつけてきました。

言氷雲は袁宏道を捕らえるよう命じますが、袁宏道は長公主のいる信陽方面に逃亡します。

林若甫は范閑を連れて慶帝に謁見し、病のため職を辞して故郷に帰りたいと願い出ます。慶帝は范閑に林若甫の脈を診させ、本当に病かどうかを確認させました。

脈を診た范閑は慶帝に噓をつくわけにもいかず、特に異常はないと答えます。すると、林若甫は老衰と目の病気だから脈には現れなかったのだろうと言いました。

慶帝は范閑と林婉児の結婚が終わってから辞職してはどうかと勧めますが、林若甫はすぐにでも辞職して1人で故郷へ帰ると言い、大宝のことは范閑に任せることにしました。

謁見を終えた林若甫は范閑に、今回の件は慶帝が入念に手配したことで、過去の科挙の不正を范閑に調べさせたのも宰相の座から自分を引きずり下ろすための策だったのだろうと話します。そして林若甫は、范閑を孤立させることが慶帝の目的だと推測するのでした。

その頃、大理寺に護送中の賀宗偉のもとに慶帝の勅令が届き、賀宗偉は「都察院御史」の役職を賜ります。同時に、未亡人は林若甫に対する訴えをあっさり取り下げるのでした。

林若甫は出発前に大宝を呼び、これからは范閑と林婉児だけを信じるようにと言い聞かせます。

感想

林若甫と慶帝の腹の読み合いが面白かったです。2人に挟まれて困惑する范閑も可笑しかった(笑)

林若甫が辞職してすぐに賀宗偉が慶帝から役職を賜ったということは、この件の黒幕は慶帝だったということ!? そうだとすると、慶帝の目的は何なのでしょう。権力を持ちすぎた林若甫を排除したかっただけなのか、それとも別の目的があるのか。林若甫が推察していたように、慶帝は范閑を孤立させようとしているのでしょうか。

林若甫と大宝のシーンは今生の別れのようで泣けました。生きてさえいればまた会えるかもしれないので、林若甫には生き抜いて欲しいです。

「慶余年2」(C)Tencent Pictures Culture Media Company Limited
本ページの情報は2024年5月時点のものです。最新の配信状況は公式ページまたは各動画配信サービスにてご確認ください。