PR

「慶余年」シーズン2第29話・30話のあらすじネタバレ

歴史 / 時代劇
(C)Tencent Pictures Culture Media Company Limited
*この記事にはプロモーションが含まれています
作品情報

「慶余年」シーズン2第29話・30話のあらすじネタバレと感想。

賞菊大会の当日、懸空廟に3人の刺客が現れ慶帝の命を狙いました。慶帝は白装束の刺客が四大宗師である四顧剣の弟であることを認識し、范閑に追跡を命じますが……。

PR

「慶余年」シーズン2第29話のあらすじネタバレ

Movie Poster
*自動翻訳で視聴したため、本記事のあらすじは間違っている場合があります。

慶帝の勅令により、范閑は菊の植木鉢を懸空廟の最上階まで運びます。運び終えた范閑は外に人の気配を感じますが誰もいませんでした。ただこの時、范閑は自分の中の真気が乱れた気がしました。

范閑が屋敷に戻ると、家族みんなが牌九(牌を使ったポーカーのようなゲーム)をしていました。北斉行きを決めた范思轍の出発を引き延ばしたい范建が、范思轍を牌九に誘ったのです。しかし、范思轍は北斉行きの決意を変えませんでした。

その頃、費介はぼんやりと目を覚ましましたがなぜか鎖に繋がれていました。そこへ、陳萍萍が現れます。


賞菊大会(重陽の節句)の当日。范閑は馬車に乗って懸空廟へ向かいました。道中、葉霊児の父で宮典の師兄でもある葉重に足止めされた范閑は、葉重に手合わせを申し込まれ仕方なく応じます。

その頃、皇子たちは懸空廟の最上階を目指して歩いていました。二皇子は突然 皇太子を突き落とそうとし、落ちそうになった皇太子は肝を冷やしますが、二皇子は冗談だと言って笑います。

皇子たちが最上階で慶帝と合流する中、懸空廟に煙が立ちこめます。火災だと気づいた范閑はすぐに最上階にいる慶帝に報告しに行きました。

火はすぐに消し止められたものの、范閑は慶帝の身の安全のため慶帝に帰宮を促します。しかし、慶帝は聞き入れず菊の鑑賞を始めました。

そのとき突然、禁軍のひとりが慶帝を暗殺しようとし現場は混乱に陥ります。さらに、白装束の刺客が空から降りてきて、まっすぐ慶帝に向かっていきました。宦官のひとりも短剣を抜いて慶帝の命を狙おうとしましたが、この宦官はすぐに始末されます。

范閑は始終 皇子や慶帝を守ろうとし、状況が悪いと見た白装束の刺客はこの場から逃亡しました。慶帝は白装束の刺客が四大宗師である四顧剣の弟であることを認識し、范閑に追跡を命じます。

感想

費介が生きていて良かったです!陳萍萍に助けられたっぽいですが、なぜ費介は鎖で繋がれているのでしょう?また、費介は刺された時に犯人の顔を見たはずですが、結局犯人は誰なのか?疑問がたくさん残りますね。

それにしても、賞菊大会は刺客が3人も現れてカオスでした(笑)動揺を一切見せず、微動だにしない慶帝はやはり只者ではありませんね。

PR

「慶余年」シーズン2第30話のあらすじネタバレ

Movie Poster

范閑は白装束の刺客と戦っている最中に真気が乱れてしまい、刺客の放った剣が胸に刺さってしまいます。剣には毒が塗られており、范閑は吐血してその場で倒れてしまいました。

瀕死状態となった范閑は慶帝のもとへ運ばれ、范閑を診た太医は“范閑と同じ「真気」を持つ者が范閑の気の経路を開かせることができれば范閑は助かる可能性がある”と言いました。

慶帝が范閑の手に触れると、一瞬、范閑の「気」のようなものが大きく跳ねました。(真気?慶帝も同じ真気を持っているということ?)一瞬だけ意識を取り戻した范閑は若々の名前を呼びます。

駆けつけた若若は鍼治療を施し、范閑は何とか意識を取り戻します。しかし、毒はすでに肺腑に達しており、范閑の体から毒素を完全に取り除くには手術しかありません。

手術は若若がすることになり、周囲の力を借りながら范閑の手術に成功します。范閑は危篤状態を脱しましたが真気は失われていました

范閑を見舞った陳萍萍は3人の刺客の素性について話し、それぞれ単独での犯行だったことを明らかにします。

しかし、白装束の刺客の正体が影子だということに気づいている范閑は、懸空廟での暗殺は陳萍萍が手配したことではないかと疑いました。

陳萍萍は影子を手配したことを認めましたが、范閑と手合わせしたがっていた影子を後押ししただけだと言います。

そして、陳萍萍は懸空廟で起きた火災は慶帝が仕組んだことだと推察を述べました。慶帝はわざと火災を発生させ火災の責任を宮典に負わせることで、宮典の師兄である葉重をも京都から追い出したのです。

感想と考察

白装束の刺客は影子だったのですね。影子は陳萍萍のボディガードなので、范閑が陳萍萍の仕業だと疑うのは当然でしょう。ただ、陳萍萍は范閑を殺そうとしたわけではなく、別の目的があるのでしょうね。

慶帝が范閑に触れた際に、真気が大きく動いたように見えました。ということは、慶帝も真気を持っているということでしょうか。

でも、真気はこの世に存在しないもののはずです(葉軽眉が手紙の中でそう言ってた)。なのに 慶帝が真気を持っているのだとしたら、慶帝も范閑のように奥義書で真気を習得したか、もしくは前人類ということになる??

ところで、慶帝は葉家を排除するためにわざと火災を発生させたようですね。これまでの傾向から推察するに、おそらく慶帝はずっと前から葉家を排除する機会を伺っていたのでしょう。だとすれば、なぜ慶帝は葉家の娘である葉霊児を二皇子の婚約者に選んだのか?

当初は二皇子を守るための婚姻のように見えましたが、実は真逆の婚姻だったのかもしれませんね。

「慶余年2」(C)Tencent Pictures Culture Media Company Limited
本ページの情報は2024年6月時点のものです。最新の配信状況は公式ページまたは各動画配信サービスにてご確認ください。