PR

「卿卿(きょうきょう)日常」感想と見どころを紹介!

卿卿日常 ラブコメ
(C) 2022 New Classics Media, All rights reserved. 
作品情報
  • 公開年/製作国:2022年/中国
  • 原題:卿卿日常
  • ジャンル:古装ドラマ/ロマンス/コメディ
  • キャスト:バイ・ジンティン ティエン・シーウェイ チャン・シャオチェン ファン・シュアイチー
  • 視聴ページ:2023年11月時点ではWOWOWiQIYI

みたあとに心がほっこりする素敵なラブコメディ。古装ドラマなのに、男性優位の現代社会で生きる女性たちにも共通するような問題意識と、その解決法がロマンスと笑いのなかに含まれています。

落ち込んだ時にそっと背中を押してくれる応援歌のような、優しさとポジティブな空気にあふれていて、元気が貰えちゃう。そんな素敵なドラマです。

PR

あらすじ

Movie Poster

「卿卿(きょうきょう)日常」あらすじ全話をネタバレ感想を交え最終回まで紹介

物語の舞台は九つの川(国)に分かれた世界。かつては戦争が繰り返されてきたけれど、ようやく新川がトップに立ち、平和が訪れました。

その平和を長く続けるために、100年の和平契約が結ばれ、新川の少主(王子)たちは、それぞれの川からやってきた花嫁候補と結婚することによって、盟約を結ぶ習わしになっています。少女たちが新川に花嫁候補としてやってくるところから物語は始まります。

それぞれの少主と、花嫁となった少女たちのいろんな形のロマンスや、少主たちの九王奪嫡???誰が次代の王位につくかの競い合いや、花嫁たちの出身地の川で起こるトラブルを解決したり、家族の在り方を考えたり、封建的な新川で女性がどうやって社会進出するかなどなど盛りだくさんの出来事が連なって、笑いあり、涙あり、楽しい物語を作り上げます。

PR

はじめに

病弱を偽り、目立たないようにして過ごしてきた、六少主の尹崢が頭角を現し、川主にも認められる立派な青年になって行く物語でもあり、食べることだけが得意な李薇が、広い世界を知って大人になり自立していく物語でもあります。

また、男性に仕えたり、庇護されることで生きてきた女性たちに生き方を考えさせる物語でもあり、強くいなければならないというプレッシャーで家族愛すら見失ってしまったり、他人を踏みつけにすることで自分の足場を固めようとあがいていた男性たちに、本当に大切なものはなにか問いかける物語でもあります。

でもこれらをお説教がましいことも、難しい言葉も使わず、優しさで包み込んで語り掛けてくれるお話です。みなさんも是非たのしんでくださいね!

PR

みどころ

カップルたちが多種多様

Movie Poster

主人公2人のカップルは最初はひどい出会い方をします。それに恋をまだ知らない幼い李薇、なかなか恋模様が進展しません。でもご安心を。尹崢が一生懸命あれやこれや頑張っちゃうので、微笑ましいなあってニヨニヨしながら楽しめます。

そしてもう一組、期待のカップルが!

婿入りなんて絶対ゴメン;大好きなのは優しくてしとやかな郝葭・・・なのにどうしてこうなった?五少主と上官の夫妻です。五少主は学問も苦手、武術なんてもってのほか、不出来で年齢は達しているのに仕官できない出来損ないの軟弱少主。

上官は男勝りで強い女性。この二人の反発し合う関係が、次第に優しいものになって行き、すれ違いながらも理解し合っていく姿は感動ものです。

正室と側室のバトル勃発?

夫人と側夫人、少主を挟んだ微妙な三角関係。本来ライバル同士のこの関係、果たしてどうなるのでしょうか?宮廷ものだと、大抵はこのバトルが陰湿だったり、陰謀まみれでドロドロだったりするのですが、この物語ではいったい?

正室と妾たちのバトル勃発?

本来、こちらもドロドロを想像しがちですが、三少主府はちょっと様相が違います。正室の海棠と二十四節気たちは同志愛で固く結ばれているのです。町娘たちの元気なきっぷの良さに見ていて元気が貰えます。

色んな家族の姿が描かれる

新川主と息子たちの関係、少主たち兄弟の関係、和夫人と尹崢の関係、李薇家族の関係、李薇家族と尹崢の姻戚関係、丹川主の上官婧への愛情、金川主と元英の関係、元英と元序の関係、郝葭と母の関係……

いろんな家族の形と、赤の他人が家族になって行くこと、家族の愛情、すれ違い、すれ違いからの和解。これらを通して、愛情・情って何だろうって考えることもあるかもしれません。

とにかく映像が美しい

Movie Poster

主役の二人をはじめ、出演者は美男美女がたくさん!そして女性の衣装は淡い色や柔らかい布でかわいらしく、裾はひらひらと揺れたり、美しい刺繍や豪華な金襴、髪飾り……宮廷が舞台なのでとにかく目の保養です。

小道具もとても繊細で意匠が美しく、また、建物、庭、調度品に至るまで美麗で華やかです。カット割りも色合いも綺麗だし、映像にガッカリポイントが皆無です。

古装を見ていて、ショボいセットが映ると夢の世界から現実に引き戻されてガッカリしちゃうことがありますが、そういうことがありません。安心して世界観を楽しむことが出来ます。

出てくる料理がおいしそう

食いしん坊必見。出てくる食べ物がとても美味しそうです!

後半では、女性たちが料理店を始めるのですが、全編を通しておいしそうな食べ物がたくさん出てきます。そして李薇の食べっぷりが気持ちいい。尹崢でなくてもたくさん食べさせてあげたいなあってきっと思っちゃいます。

OSTが素晴らしい

主題歌も挿入歌も、歌詞や曲、歌声がとても素敵です。OST集を聴きながらまったり物語を思い出すのもGoodです。捨て曲なしの文句なく素晴らしいOSTです。もちろん、主題歌と共に流れる映像も美しく凝っていて素敵です。ぜひ、こちらもお楽しみください。

コメディとしても秀逸

三少主や五少主、蘇慎と劉宝泉の六少主府コンビ、宗舞、お笑い担当が本当にいい仕事します!もしかしたら尹崢と李薇もお笑い担当かもしれない・・・

クス笑いだけでなく爆笑シーンだってご用意しています。そして笑った後には彼らの真剣な思いに思わず感動して、泣けちゃったりもします。多彩な濃いキャラクターと楽しい仲間たち。

PR

感想

見た後に優しい気持ちになる。これに尽きます。難解なところがないので頭を休めるのにとても良いです。でも主題は、現代にも通じる女性の自立の物語でもあるし、女性が見たら自分とどこかシンクロするところがあると思います。

協力し合い、助け合うことが一つの回答になっているという点が一番ほっとしたというか、力付けられるなあと感じました。

力まなくてもいい。仲間たちがいたら、無理せず自然に、安心して自分を開放できるんじゃないかなって希望を持つことが出来る、そんな素敵なお話です。最近ご無沙汰していた旧友にメッセしてみようかな?という気分になりますよ!

©2022 New Classics Media, All rights reserved.
本ページの情報は2023年11月時点のものです。最新の配信状況は公式ページまたは各動画配信サービスにてご確認ください。