『ロック・アップ/スペイン女子刑務所』シーズン1第8話のネタバレ感想。スレマvsマカレナの戦いが始まる!? | Dramas Note

『ロック・アップ/スペイン女子刑務所』シーズン1第8話のネタバレ感想。スレマvsマカレナの戦いが始まる!?

『ロック・アップ/スペイン女子刑務所』シーズン1第8話。

ついに、900万ユーロがスレマの恋人・ハマディの手に渡ってしまいました!

さらに、刑務所内ではスレマvsマカレナの戦いが始まりそうな予感。

緊張感が増してきた『スペイン女子刑務所』のネタバレ感想をお伝えします。

『ロック・アップ/スペイン女子刑務所』

スポンサーリンク

『ロック・アップ/スペイン女子刑務所』シーズン1第8話のネタバレ

サライの結婚

刑務所職員たちの会議が行われました。まずはサライの結婚式についての打ち合わせ。

サドンバル医師は、サライの結婚式はメディアにPRする良い機会だと発言します。ヨランダの事件でガタ落ちしたイメージを挽回することにも繋がるのだと。

その後、受刑者テレの薬物問題について話し合いました。売っているのはアナベルだと突き止めた所長は、アナベルの周囲から崩していくと言います。

(以前、所長は受刑者になりすまして、薬物の売人は”アナベル”だとマカレナから聞き出していました)

まずは手始めに、アナベルの同室者や仲間の所持品を徹底的に調べるという所長。

その後所長は、パラシオス看守に「今から職員の所持品をチェックしなさい」と指示しました。パラシオスが職員のロッカーを探っていると、バルブエナ看守の荷物から薬物を発見。

同僚のロッカーから薬物を見つけてしまったパラシオスは、動揺してつい、自分のポケットに薬物を隠してしまいました。

山での出来事

『ロック・アップ/スペイン女子刑務所』シーズン1。全話エピソード一覧
『ロック・アップ/スペイン女子刑務所』シーズン1の全話エピソード。主人公のマカレナは、恋人に騙され7年間服役することにな…

前回の7話では明らかにならなかった山での出来事。

マカレナは、ファビオと道に出て助けを呼ぼうとするも、ファビオが倒れてしまいました。仕方なく1人で道を探していると、背後から「動くな!!」という声が。

振り返ると、声の主はスレマの恋人であるハマディでした。ハマディは、マカレナに銃を向けながら「金がある場所に案内しろ」と脅します。

一歩ずつ近づいてくるハマディに対して、マカレナはついに発砲!しかし弾の軌道はズレ、ハマディに当たることはありませんでした。

しかしハマディは命の危機を感じたのか、マカレナの前から逃走しました。

数日後。ハマディはマカレナの実家に侵入し、部屋を探ります。父親のデスクから”森の写真”を見つけたハマディ。

その後ハマディは、写真を手がかりにして、”900万ユーロ”を手にしました。

リソスと決別!?

洗濯場にて、職業面接を不安に思うリソスはアナベルに相談をしていました。

リソスは今、快適な監房(第3級)に移れるかどうかの瀬戸際。就職が決まれば第3級に移れるため、今回の面接がうまくいくかどうかに不安を抱いているのです。

リソスに仕事を紹介したマカレナは、リソスのことを励まします。

自分がいかにリソスに助けられたかを話し、「5分も一緒にいれば誰でもリソスの人柄を好きになるはずよ」と勇気づけました。

マカレナの言葉を聞いたリソスは、感極まった様子でマカレナを見つめ、そして口付けを……。しかしマカレナは、リソスのキスを静かによけるのでした。

そんな2人の様子を目にしたファビオ看守は、複雑な表情を浮かべます。

ファビオ看守は後日マカレナを呼び出し、リソスのことをあまり信用しないほうがいいと忠告しました。信じようとしないマカレナ。

ファビオは、「リソスは第3級に移るために、マカレナとの会話を盗聴して警察に伝えていた」と暴露します。

ファビオから真実を聞いたマカレナは、自分をだまして警察に情報を売ったリソスを許すことができません。

本当なら、リソスに叔父の職場を紹介してあげるはずでしたが、怒ったマカレナは叔父に取り消しの連絡をします。

スレマvsマカレナ

森でマカレナの銃が暴発した、と知ったスレマは、ずっとマカレナに疑いを抱いていました。”本当はハマディを撃ったのではないか”と。

事実を確かめるためにマカレナに詰め寄るスレマ。するとマカレナは、ハマディからの伝言をスレマに伝えました。

森でマカレナとハマディが会っていたことを知ったスレマは激昂!「もしもハマディを怪我させてたら、腹を裂いて赤ん坊をトイレに流してやる」と脅しました。

その後、いろいろと考えた末に腹を決めたマカレナは、スレマのもとへ。

「森でハマディを撃ったけど外れた。私は赤ちゃんのためなら人も殺せる。だから、今後また赤ちゃんを使って脅そうしたら、その時はタダでは済ませない」

と啖呵をきって、スレマに宣戦布告をしたマカレナでした。

スポンサーリンク

『ロック・アップ/スペイン女子刑務所』シーズン1第8話の感想

“子供を持つ母は強い”とよく言ったものですが、まさにマカレナも同じ!スレマに対して啖呵を切ったシーンは、母親の強さが滲み出ていました。

スレマvsアナベルもまだ決着がついていませんし、さらにスレマvsマカレナという構図が増えて、ますます複雑になっていきそうです。

数少ないマカレナの味方であったリソスとも、仲が破綻したようですし……。今のところ所内の味方は同僚のソレのみですね。

所内の成り行きも気になりますが、外での出来事も今回は大きな区切りがつきました。なんと、スレマの恋人・ハマディが900万ユーロを手にしてしまいます!

ハマディとスレマは以前、900万ユーロを使って武器を購入し、裁判所に向かう輸送車を襲う計画を立てていました。そこでスレマを助け出し、2人で逃亡するという算段なのでしょう。

その計画が成功すれば、刑務所内はスレマがいなくなって平和にはなります(笑)

タイトルとURLをコピーしました