PR

「覆流年」3話と4話のネタバレあらすじと感想

復讐劇
©2022 China Huace Global Media Co., Ltd.

「覆流年~復讐の王妃と絶えざる愛~」3話と4話のネタバレあらすじと感想。穆澤が即位して3年が経ち、陸安然は2人目の子を懐妊しました。あることがキッカケで、息子の毓を殺したのが蕭驚雀だと気づいた陸安然は蕭驚雀を問い詰めると、衝撃の事実を聞かされてしまいます。

PR

3話:すべてを失ったとき

©2022 China Huace Global Media Co., Ltd.

昏睡状態から目覚めた陸安然は、第9皇子の穆川が採取した生薬のおかげで命拾いしたことや、皇帝が崩御したことを知ります。その後、即位した穆澤は陸安然を生母の位牌の前に連れて行き、自分の本当の母親は良妃ではなく墨竹という女性であり良妃に殺されたのだと話しました。

穆澤が即位して3年が経ち、陸安然は2人目の子を懐妊しました。そんな中、太后が急死し、穆澤が侍医を急いで処刑したため、不審に思った穆川は穆澤を問い詰めました。さらに穆川は、即位して3年になる穆澤が、人が変わったように残酷になり第4皇子一派を次々と粛正していることも指摘します。穆澤は激怒し、穆川に禁足を言い渡しました。

禁足中の穆川からすべての事情を聞いた陸安然は、穆澤に会いに行き、「兄弟を禁足にするなんて、情はないの?今のあなたはあまりに横暴よ」と非難します。さらに陸安然は、太后の死だけでなく先帝の死も不信だと疑いました。それを聞いた穆澤は激怒し、陸安然の心変わりを疑います。

「いつから心変わりを?九弟(穆川)から腕輪を贈られた時か」

陸安然は誓って潔白だと主張し、変わったのはあなたのほうだと言い返すと、穆澤は陸安然に平手打ちをし「朕が与えた陸家への恩を仇で返すつもりか!口答えをする前に陸家のことを心配しろ。それと、二度と九弟の肩を持つな」と言い放ちます。


陸安然はある時、蕭驚雀の息子のりんが遊んでいるのを目にします。麟の手には、蕭驚雀が折ったウサギの折り紙が握られていました。それを見た陸安然は、かつて息子の毓が死亡した現場にも同じウサギの折り紙が落ちていたことを思い出します。このウサギは特徴的で、折れるのは蕭驚雀しかいません。

毓を殺した犯人が蕭驚雀だと確信した陸安然は、蕭驚雀を問い詰めました。すると、蕭驚雀は毓を死なせたことを認め、「陛下(穆澤)も当時から、毓を死なせたのが私だと知っていた」と暴露します。

それを聞いた陸安然は衝撃を受けますが、衝撃の事実はそれだけではありませんでした。武器を密売した罪により陸家一族を殺す勅命が下ったことや、さらに、陸昀への援軍を足止めした黒幕も穆澤であること(その罪を第4皇子に着せて失脚させることで皇位を確かなものにした)を知ったのです。陸安然はすぐに穆澤に確かめに行き3つの質問を投げかけました。

「3つ聞きたいことがある。1つ目、陸家を皆殺しにするのは港と船隊が狙い? 2つ目、陸昀への援軍を足止めしたのはあなたなの? 3つ目、毓を殺したのは蕭驚雀だと知っていた?」

穆澤がすべてを認めると、絶望した陸安然は最後の質問を投げかけました。

「私のことを愛していた?」
「もちろんだ」

しかし、陸安然は信じることができずこの場を立ち去ります。外は空一面に大雪が降っていました。陸安然は深い悲しみの中、倒れて流産してしまいます。

目を覚ました陸安然のもとに、異母妹の陸欣然がやって来ました。陸安然は陸家が没落したのは陸欣然のせいだろうと察すると、陸欣然はそれを認めます。

「その通り。陸家で見つかった偽の証拠は私が仕込んだものよ。商船に積まれた偽の証拠に関しては、叔父上の陸延が用意したわ、父を陥れるためにね」

どうしてなのかと理由を聞かれた陸欣然は、「陸家と皇家なら当然皇家を選ぶしその選択は正しかった、現に私は護国夫人という高貴な身分を得たわ、でも姉さんは?ただの廃皇后。勝者は私よ!」と言いながら陸安然を絞め殺そうとします。そこへ、侍女の霊奚れいけいが止めに入りました。

すると、陸欣然は持っていた短剣で霊奚を刺し殺します。姉妹同然の霊奚が死んでしまいショックを受ける陸安然に、陸欣然は追い打ちをかけるように言いました。陸安然の母親の死の原因は 輿入れした日の菓子に仕込んだ毒だが、菓子はもともと陸安然に用意したものだったのに陸安然が母親に食べさせたから亡くなったのだと。「あなたは自分の手で母親を殺したのよ――」

その後、第9皇子の穆川は穆澤から毒酒を賜り死亡します。

大切な家族も知己も、何もかもを失い絶望した陸安然は焼身自殺をしました。しかし、陸安然が次に目覚めた時、なぜか10年前に戻っていたのです。盗賊を撃退するための小道具を川で試用したあの時に――。

感想

ヒロインがすべてを失ったというのにこんな事を言うのは申し訳ないのですが、とっても面白くなってキター!!復讐系のドラマは、主人公がどん底に落ちてからが本番ですからね。このドラマは、すべてを失うまでのストーリーが短すぎず長すぎず、ちょうど良いと感じます。それにしても、穆澤は人の心を持ち合わせていない人物かと思いましたが、意外にも動揺する場面があったりと、多少は人間らしさもあるようです。また、彼が陸安然を愛していると答えたのも本心のように聞こえました。ただ、彼にとっては愛よりも皇位が大事であり、皇位を守るためなら何だって犠牲にできるのでしょう。さて、陸安然は記憶を持ったまま10年前に戻ったわけですが、彼女はどのようにして人生をやり直すのか、続きが気になります。

PR

4話:人生のリスタート

焼身自殺をしたはずの陸安然が目を覚ますと、盗賊を撃退するための小道具を川で試用した10年前のあの日に戻っていました。陸安然が呆然としていると、近くの船が盗賊に襲われます。陸安然の記憶通りなら、その船に乗っている男こそが穆澤のはずでした。

陸安然はそれを確かめるために船に乗り込むと、やはり乗っていたのは穆澤でした。陸安然は「殺してやる!」と穆澤に斬りかかりますが、武術の達人である穆澤にすべてかわされてしまいます。そうこうしているうちに、どこからか槍が飛んできて、穆澤は陸安然を槍から守るために抱き寄せました。

すぐに穆澤の腕から離れた陸安然は、憎しみをこらえながら「盗賊と間違えて斬りかかってしまった」と弁解します。穆澤は陸安然に興味を抱いた様子でしたが、陸安然はもう二度と会うことはないと告げて立ち去りました。

陸邸に戻った陸安然は、生きている母親を見て涙がこぼれ落ちます。母親を強く抱きしめた後、陸安然は侍女の霊奚にこっそり、母の薬や母の食べるものをすべて調べるよう指示しました。そして、今回こそは絶対に大切な人を死なせないと心に誓うのでした。

©2022 China Huace Global Media Co., Ltd.

翌日、陸安然の誕辰祝いが開かれました。1回目の人生では第二夫人から贈られた衣を着て発疹が出てしまいましたが、今回は当然その衣を着るつもりはなく、陸安然は自分の代わりに陸欣然にその衣を着させます。案の定、陸欣然の体に発疹が出ました。

誕辰祝いが始まると、当主の陸軽舟が跡継ぎの証である「双魚令」を陸安然に託しました。すると、1度目の人生の時と同じように叔父の陸延が異を唱えようとしますが、それを分かっていた陸安然は先手を打ち陸延の悪事を暴いたのです。悪事を知って激怒した陸軽舟は、陸延を陸家から追放しました。

その日の夜、陸安然の前に穆澤が現れます。陸安然が冷淡に接すると、穆澤は「なぜ私に敵意を向ける?」と尋ねました。陸安然は「素性を隠して陸家と盟を結ぼうだなんて滑稽だわ、慶王殿下・・・・」と言葉を返します。穆澤は「君の目は欺けなかったか」と認めました。


霊奚は陸夫人の薬や食べ物に問題は見つからなかったことを報告しましたが、陸安然は母親の病気は絶対に裏があるはずだと確信していました。そこへ、従者がやって来て「陸延が翊王(第四皇子)の配下に密会した後、重罪人に会いに行ったようです」と報告します。

それを聞いた陸安然は「陸延は罪人を利用して父を陥れるつもりね、罪人をかくまった罪を父に着せようとしているんだわ。そして、第四皇子は漁夫の利を狙っているに違いない、事が済んだら陸家を手中に収めるつもりね」と推測し、役所に報告しに行きますが、どうやら第四皇子が買収したようでどこの役所も閉まっていました。

このままでは父が罪を着せられ一家皆殺しとなってしまうため、陸安然は仕方なく、穆澤の助けを借りに行きました。第四皇子を敵視している穆澤なら手を貸してくれるはずだと踏んだのです。陸安然は穆澤に「私がいる限り陸家が第四皇子につくことはないし、あなたの求めには民の利になることなら手を貸すわ」と交渉しました。その条件を飲んだ穆澤は罪人を捕まえ、陸家は無事に危機を乗り越えます。

安堵する陸安然のもとに、田んぼの苗を根こそぎ引っこ抜いている男がいるとの報告が入りました。田んぼへ向かった陸安然は、生きている穆川の姿を見て涙が溢れます。

感想

人生をリスタートした陸安然の顔つきが、以前とはまったくの別人ですね。とても18歳の少女には見えない貫禄と威圧感のようなものが感じられ、女優の演じ分けの巧さに感心させられました。陸安然は1回目の人生では全てを失いましたが、10年前に戻ってきたことで亡くなった人たちと再会できて良かったです。復讐相手に仇を討つことよりも、大切な人を守ることに重きを置いた陸安然の判断は正しいと思います。ところで、穆澤は確かに冷酷な男だし、陸安然が彼を許せないのは当然のことなのですが、まだ何もしていないのに一方的に陸安然から憎まれる穆澤が少し不憫に思えてしまいました。

©2022 China Huace Global Media Co., Ltd.
本ページの情報は2023年11月のものです。最新の情報は公式ページまたは動画配信サービスにてご確認ください。