『ルパンの娘』5話・6話のネタバレあらすじと感想。華に命の危機!? 別れた和馬が取った選択は? | Dramas Note

『ルパンの娘』5話・6話のネタバレあらすじと感想。華に命の危機!? 別れた和馬が取った選択は?

ルパンの娘
『ルパンの娘』5話6話。

前回に引き続き、今回の6話もラブストーリーが色濃い展開でした。

華がピンチになってしまい、逮捕するか助けるかを苦悶する和馬の姿が見どころです。

ますます2人の恋模様から目が離せない『ルパンの娘』6話のネタバレ感想です。

『ルパンの娘』ネタバレ感想

スポンサーリンク

『ルパンの娘』5話と6話のあらすじ

5話のあらすじ

華(深田恭子)は、泥棒姿を恋人の和馬に見られてしまいました。

カーテン越しとは言え、泥棒だとバレてしまった可能性が高い!?

翌日和馬は、真剣な面持ちで「愛する人を裏切るのは最低だ」と話を切り出します。

てっきり泥棒姿を見たことを言っているのかと思いきや。「お見合いしてごめん」と頭を下げる和馬。

バレていないようでホッとする華。しかし和馬は、前日の18時にどこにいたかと尋ねてきました。

華は「両親の結婚日祝いをしていた」と言い、証拠の動画を和馬に見せます。

その場では華を信じた和馬ですが、後に疑念が膨らんでいき、動画の鑑識を行うことに。

すると、華の動画が偽造されていると判明し……!?

6話のあらすじ

華が泥棒一族であることを、恋人の和馬に知られてしまいました。

警察官の和馬に知られてしまった以上、別れる道しかない2人。

しかし和馬は、別れたあとも華のことを気にかけずにはいられません。

一方の華も、和馬が気にかけてくれていることを感づいていました。

もしも和馬が他の警察官に“華が泥棒”だと話しているなら、すでに自分は捕まっているはずだから。

それでも、もう2度と和馬と復縁できないと思った華は、泥棒一家として生きていくことを決意するのでした。

スポンサーリンク

『ルパンの娘』5話6話のネタバレ

和馬に華の正体がバレてしまった!?

ついに、華が泥棒だということが、和馬にバレてしまいました。

苦悶する和馬は、仕事中も感情的になってしまいます。

一方の華は、和馬と別れてしまったことで“Lの一族”を継ぐことを決意しました。

今回Lの一族が狙うのは、100億円の絵画『追憶』。

しかしこの絵画は、ブラックマンバという極悪窃盗団も狙っているとのことで、大変な盗みになりそうです。

『追憶』が飾られている美術館に下見に行く華たちですが、華はどこかうわの空。

仕事(泥棒)中にミスまでしてしまい、父親に「この仕事から降りろ」と言われます。

その後華は、和馬と別れたことを父親に打ち明けました。

すると父は「今まで“Lの一族を継げ”とプレッシャーをかけすぎたかもしれんな」と申し訳なさそうに話すのでした。

警察の思惑

和馬は、上司の巻に「どんな手段を使ってでもLの一族を捕まえろ」と命を下されました。

巻の話によると、『追憶』という100億円する絵画を、Lの一族は狙うはずだと言います。

さっそく『追憶』のある美術館へ向かう和馬。

そこには、華たち一家も下見に来ていました。

和馬たち警察が来たと分かり、すぐさま逃げる華たち。

しかし和馬は、後に見た防犯カメラに華が映っていることを気づいてしまいます。

後日。警察はLの一族を捕まえるために、ブラックマンバを囮にするという計画を立てました。

極悪窃盗団のブラックマンバにあえて『追憶』を盗ませ、Lの一族と対決させようという魂胆。

仮にブラックマンバがLの一族を殺したとしても、そのままブラックマンバに罪を着せればいい。

どうせ美術館からは出られないようになっているから、ブラックマンバはその後で捕まえればいい。

警察はそう考えたのです。

そして決行日。警察の目論見どおり、ブラックマンバは華を捕らえてしまい……!?

スポンサーリンク

『ルパンの娘』5話6話の感想

4話あたりまではコメディ色が強い印象でしたが、5話以降は恋愛色が濃くなってきました。

泥棒×警察官という、決して結ばれない2人。

せつなさも増してきて、純粋なラブストーリーとしても目が離せなくなっています。

もちろんコメディ要素も健在。中でも、和馬の先輩刑事を演じている加藤諒さんが毎回おもしろいです。

ご本人は真面目に演じていると思うのですが、真面目なシーンであればあるほど笑いがこみあげてきます。

深田恭子さんや瀬戸康史さんも、いつも加藤諒さんがツボだとインタビューで語っていました。

また、いつもは後半に泥棒シーンがあるのですが、今回の6話では前半から泥棒全開!

Lの一族を継ぐと決めた華ですが、仕事(泥棒)中もうわの空で、和馬のことを忘れられない様子でした。

一方の和馬も、上司から「どんな手を使ってでもLの一族を捕まえろ」と命令され、苦悩が見え隠れしていました。

最後は、ピンチに陥った華を助けた和馬。

大勢の敵を相手に、和馬がアクションを繰り広げる姿がかっこ良かったです。

思えば、これまではずっと華が和馬を助けていました。

でも今回、初めて和馬が華を救ったんですよね。華のために必死に戦う姿は胸を打ちました。

しかも、泥棒だと知った上で助けたということは、きっと和馬も気持ちを固めたのでしょう。

泥棒の華をまるごと受け入れると。

泥棒だとバレてどうなることかと思いましたが、2人とも愛を再確認したようで本当に良かったです。

それから、円城寺も相変わらずキレッキレですね。動きが。

前回の5話では、空中を舞う姿に見とれましたが、今回も美しいバク転が炸裂!

しかも「弱っている隙に女性を口説くのは好きじゃない」だなんて、紳士なところも素敵ですね。

円城寺にも素敵な相手が見つかって欲しいものです。