マーベル・スタジオのフェーズ5と6:コミコンで判明したマルチバース・サーガのすべて | Dramas Note
スポンサーリンク

マーベル・スタジオのフェーズ5と6:コミコンで判明したマルチバース・サーガのすべて

TV/News
@MarvelStudios

コミコンでMCUのケビン・フェイジ社長は2025年11月に「アベンジャーズ」で完結する予定のフェーズ6で何が起こるかを垣間見せつつ、「シークレット・ウォーズ」を発表した。フェイジ氏は、MCUのマルチバース・サーガを締めくくるのは「シークレット・ウォーズ」であると述べている。ここでは、Variety誌が報じたフェーズ4の残り、フェーズ5、そしてフェーズ6で何が起こるかについて学んだことのすべてを紹介する。

スポンサーリンク

フェーズ4

「シー・ハルク:ザ・アトーニー」初回放送日:2022年8月17日

https://twitter.com/MarvelStudios/status/1551000574778150912

ジェニファー・ウォルターズ(ブルース・バナーのいとこ)役のタチアナ・マスラニー主演のDisney+ (ディズニープラス)  シリーズ。パネルには予告編も含まれており一般公開されている。

「ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー」公開日:2022年11月11日

https://twitter.com/MarvelStudios/status/1551015740404146177

ティ・チャラ(故チャドウィック・ボーズマン)の死後、ナモール(テノッチ・ウエルタ)がMCUにやってくる。ドミニク・ソーン(リリ・ウィリアムズ役)、ミカエラ・コール(アネカ役)、メーブル・カディナ(ネイモア役)、アレックス・リヴァナリ(アトゥマ役)が参加する。本作でフェーズ4が終了するが、具体的にどのように終了するかは不明。

スポンサーリンク

フェーズ5

「アントマン&ワスプ: クアントゥマニア」公開日 2023年2月17日

https://twitter.com/MarvelStudios/status/1337200211106570243

スコットが娘のキャシー・ラング(キャスリン・ニュートン)、ホープ・ヴァン・ダイン(エヴァンジェリン・リリー)、ヘンリー・ピム(マイケル・ダグラス)、ジャネット・ヴァン・ダイン/ワスプ(ミシェル・ファイファー)と共に量子領域に吸い込まれた後、スコット・ラング/アントマン(ポール・ラッド)と出会うカンの登場からフェーズ5が開始される。

ホールHで上映された映像では、ビル・マーレイが量子領域内のジャネットの古い知り合いとしてカメオ出演しているが、「アベンジャーズ」2作品のうちの1作品でカンが主役であることから、メジャーがMCUの物語をどう再構築するかが注目されるところだ。

さらに、ペイトン・リード監督は、マーベルの偉大なヴィランが本作にカメオ出演することを観客に確認し、「MODOKのショットをご覧になったかもしれません」と語った。

「シークレット・インベージョン」公開日:2023年春

https://twitter.com/MarvelStudios/status/1550998012867989504

コビー・スマルダーズ(マリア・ヒル役)が試写会に登場した。ニック・フューリー役のサミュエル・L・ジャクソンに加え、ベン・メンデルソーン(タロス役)、ドン・チードル(ジェームズ・”ローディ”・ローズ)、マーティン・フリーマン(エヴェレット・ロス)らが出演している。

さらに、キングズリー・ベン=アディル(フューリーとの対決で複数の同じ姿に変身)、オリヴィア・コールマン(フューリーに「もう限界だ」と告げる場面)、エミリア・クラーク(銃を振り回す場面)が登場。

全体的な雰囲気はパラノイアと不吉なもので、フェーズ5を貫いているような大きなアンチヒーローの糸に貢献している。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーVol.3」公開日:2023年5月5日

https://twitter.com/MarvelStudios/status/1550998295429857280

ジェームズ・ガンと、クリス・プラット、カレン・ギラン、ポム・クレメンティエフ、ショーン・ガン、ウィル・ポールター、そしてスペースドッグのコスモ役のマリア・バカロワといったキャストたちは、ロケットがどうやって歩くアライグマになったかをほのめかすガーディアン最終作のファーストルックを初公開した。

また、チャック・イウジ(元DCの「ピースメーカー」)は、高度進化論者を演じるキャラクターとして自己紹介した(ロケットの変身に一役買ったことを暗に示していた)。

「Echo」初回放送日:2023年夏

https://twitter.com/MarvelStudios/status/1550998582584418305

「ホークアイ」の敵役マヤ・ロペス/エコー(アラクア・コックス)のスピンオフシリーズ。シドニー・フリーランド(「リザベーション・ドッグス」「スター・トレック:ストレンジ・ニュー・ワールド」)とカトリオナ・マッケンジー(「ウォーキング・デッド」「シャイニング・ベール」)が監督を務める。

「ロキ 」シーズン2放映開始日:2023年夏

https://twitter.com/MarvelStudios/status/1550998760074801152

MCUにマルチバースを導入したDisney+ (ディズニープラス)  シリーズは現在撮影中で、来年の夏にデビューする予定。このシリーズについての言及は全くなかったが、セットからの写真は近年インターネット上で飛び交っている。

「ブレイド」公開日: 2023年11月3日

https://twitter.com/MarvelStudios/status/1550998958385704960

フェイジ氏はキャスティングの発表をしなかったが、2019年にホールHで初めて発表されたマハーシャラ・アリとのマーベルコミックのヴァンパイアフランチャイズのリブートが、2023年のマーベルの最終作となり、10月に撮影を開始することを確認した。バッサム・タリク(『モーグリ』)が監督を務める。

「アイアンハート」プレミア上映日 2023年秋

https://twitter.com/MarvelStudios/status/1550999107447050241

「ワカンダ・フォーエバー」のリリ・ウィリアムズ(ドミニク・ソーン)が、Disney+ (ディズニープラス)  シリーズで主演することが決定。チナカ・ホッジ(「アメイジング・ストーリー」「スノーピアサー」)がヘッドライター、サム・ベイリー(「Dear White People」)とアンジェラ・バーンズ(「Blindspotting」)が監督を務める。

「アガサ:カヴン・オブ・カオス」放映開始日:2023/2024年冬

https://twitter.com/MarvelStudios/status/1550999312460500993

「Agatha: WandaVision(原題)」のスピンオフで、キャスリン・ハーン演じるアガサ・ハークネスを主人公とするこの作品。2023年にマーベルの最後のDisney+ (ディズニープラス)  シリーズとなる予定。”WandaVision “のヘッドライターであるジャック・シェイファーが脚本と製作総指揮を担当する。

「Daredevil: Born Again」放映開始日:2024年春

https://twitter.com/MarvelStudios/status/1551000839283585024

NetflixのマーベルTVシリーズ(名目上はMCUの一部)の一部としてスタートしたオリジナル作品だが、チャーリー・コックス演じるマット・マードックがマーベル・スタジオに(完全に)参加することになり、第1シーズンに前例のない18話のオーダーを受けたDisney+ (ディズニープラス)  シリーズが誕生することになった。

チャーリー・コックス演じるマット・マードックは2021年の 「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム 」で初めて再登場し、宿敵キングピン(ヴィンセント・ドノフリオ)は2021年の 「ホークアイ」で大悪党として飛び出してきた。両キャラクターは 「Echo」に登場することが決まっており、デアデビルは 「She-Hulk」にも登場した後、本シリーズのメインイベントで戻ってくるようだ。

Netflixでは、「デアデビル」シリーズはマーベル・スタジオが直接制作した作品よりもはるかに暴力的で血生臭いもので、MCUのフェーズ5がこれまで以上にモラルの闇に深く踏み込むことをさらに示唆している。

「キャプテン・アメリカ ニュー・ワールド・オーダー」公開日:2024年5月3日

https://twitter.com/MarvelStudios/status/1550999452000718848

Disney+ (ディズニープラス)  のシリーズ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の完結から、サム・ウィルソン(アンソニー・マッキー)がキャプテン・アメリカとして長編映画で戻ってくることは分かっていた。

ホールHでは、フェイジ氏が眉唾物のタイトルと、マーベルの2024年の作品群の中で本作が最も重要な位置を占めることになる公開日を発表した。

「サンダーボルト」公開日:2024年7月25日

https://twitter.com/MarvelStudios/status/1551000955365126149

フェイジ氏は、キャスティングについては別の日に話すと言ったが、ヴァレンティーナ・アレグラ・デ・フォンテーヌ(ジュリア・ルイス=ドレイファス)、ゼモ男爵(ダニエル・ブリュール)、イェレーナ・ベロワ(フローレンス・ピュー)、ゴースト(ハナ・ジョン=カーメン)、Abomination(ティム・ロス)、U.S.エージェント/ジョン・ウォーカー(ワイアット・ラッセル)、タスクマスター(オルガ・キュリレンコ)などすでに多くの候補者が存在する。

スポンサーリンク

フェーズ6

「ファンタスティック・フォー」公開日:2024年11月8日

https://twitter.com/MarvelStudios/status/1551009516602269696

「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のジョン・ワッツ監督は、「ファンタスティック・フォー」の監督を降板したが、マーベル・スタジオはスタン・リー/ジャック・カービーのマーベルコミックのオリジナルシリーズをMCUに導入することに全力を注いでいる。

ファンタスティック・フォーと悪役のドクター・ドゥームは、マルチバース・サーガの最終作のコミックのインスピレーションにおいて重要な役割を果たすので、彼らと共にフェーズ4を開始することは理にかなっている。

驚くべきは、フェーズ6の全作品が1年未満で終わるということだ。

「アベンジャーズ:ザ・カーン・ダイナスティ」公開日:2025年5月2日

https://twitter.com/MarvelStudios/status/1551009643698106368

「アベンジャーズ」の設定と似ている。「インフィニティ・ウォー」が「アベンジャーズ」を設定したのと同様に、フェイジ氏はMCUのフェーズ6、そして「エンドゲーム」を明確にした。

MCUのフェーズ6、そしてマルチバース・サーガは、2本の「アベンジャーズ」で完結することをフェイジ氏は明らかにした。タイトルからして、メジャーが演じる征服者カンは、マルチバース・サーガのサノス(あるいはサノスかもしれない)と推定して間違いないだろう。

「アベンジャーズ シークレット・ウォーズ」公開日:2025年11月7日

https://twitter.com/MarvelStudios/status/1551009742604013568

今年、多くのファン、そして一部のエンターテインメント誌が、MCUは一体どこに向かっているのだろうと疑問に思っていたところで、フェイジはこう話す。

「シークレット・ウォーズ 」は、メインのマーベル宇宙(地球616)と究極のマーベル宇宙(地球1610)の間の侵略を伴う2015年からのマーベルコミックのクロスオーバーミニシリーズを指し、両方の破壊につながる。

その影響で、多くのマーベルキャラクターの亜種あしゅが、バトルワールドと呼ばれるポストアポカリプティックな惑星に住んでいることに気づく。

マーベル・スタジオが2015年の「シークレット・ウォーズ」、あるいはそのインスピレーションとなった1980年代半ばの「シークレット・ウォーズ」ミニシリーズからどれだけ学ぶかは不明である。しかし、最も重要なのは、「シークレット・ウォーズ」の後に何が起こったかということだ。

マーベル・スタジオは事実上リブートし、最も人気のあるタイトルの多くに「まったく新しい、まったく異なる」バージョンを発表し、616と1610ユニバースの一部のキャラクターは、多少リブートしたタイムラインの中で生きていることがわかった。

この記事はvariety誌のニュースを翻訳してお伝えしています。