PR

夢華録(むかろく)17・18・19・20話のネタバレ感想│誠実な求婚

歴史 / 時代劇
©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited
*この記事にはプロモーションが含まれています
作品情報

夢華録(むかろく)17話・18話・19話・20話のあらすじとネタバレ感想。顧千帆は趙盼児に想いを伝えて求婚し、趙盼児も受け入れます。一方、沈如琢に言い寄られている宋引章は彼を遠ざけようとしたものの強引に会う約束をさせられてしまい……。

PR

17話あらすじ

求婚

顧千帆は趙盼児に会いに行き「妻にしたい」と想いを伝えました。趙盼児もその気持ちを受け入れ、2人は抱きしめ合います。

2人が仲睦まじく茶坊デートをしているところを目撃した雷敬は、顧千帆に恋人かと尋ねますが顧千帆は否定しました。趙盼児はその言葉を聞いてショックを受けてしまいます。

2人が茶坊を出ると蕭謂に出くわし、顧千帆は蕭謂のことを「友人」だと噓をついて趙盼児を先に帰らせます。

蕭謂は顧千帆が父の隠し子で長子であることをすでに知っており「長子の座を奪うつもりか」と顧千帆に言いますが、顧千帆は自分は顧家の人間だと言い切りました。

沈如琢は茶坊の開店準備をする宋引章に会いに行き 言い寄りました。宋引章は自分には結婚歴があると言って沈如琢を遠ざけようとしましたが、沈如琢は宋引章の過去を知った上で言い寄っていたのです。

なかなか帰ろうとしない沈如琢に宋引章は、今度演奏を聴かせるからと言って帰らせようとしました。すると、沈如琢は3日後に「金明池」で演奏してほしいとお願いします。

その後、半遮面では茶を飲んだ男性客が死亡する事件が起きました。男性客と一緒に来ていた女性は茶に毒が入っていたと主張しますが、趙盼児は男性が死んだフリをしていることを見抜くのでした。

17話の感想

思っていたよりも早く、顧千帆が求婚しました。求婚した際の、顧千帆の誠実な言葉がとても素敵でした。さっそくラブラブかと思えば、そう簡単にはいかないのがドラマというもの(笑)

顧千帆が雷敬の前で趙盼児との交際を否定するのはまだ理解できますが、趙盼児に対して隠しごと(本当は蕭欽言の息子であること)や嘘をつくのはどうなんだろ……。後から噓だと知ったら、趙盼児はショックなのでは?

沈如琢はいい人なのか悪い人なのかまだ分かりませんが、雰囲気的にはどうにも胡散臭いです(笑)宋引章は押しに弱そうだから心配。

PR

18話あらすじ

事件の主犯

趙盼児のもとにやって来た顧千帆は、先ほどの毒物事件の主犯は高慧の乳母だと教えます。しかし、趙盼児は話もそこそこに仕事に戻ってしまいました。趙盼児は顧千帆に嘘をつかれたこと(蕭謂のことを「友人」だと噓をついたこと)を怒っているのです。

その後、趙盼児は高鵠に会いに行き、高慧の乳母に陥れられそうになったことを話しました。高鵠は話を聞いているうちに、教養があり頭のキレる趙盼児を気に入り、自分の妾にしたいと言い出します。

そこへ現れた顧千帆は自分の妻だと言って趙盼児を連れ帰りました。趙盼児はまだ怒っていましたが、顧千帆は趙盼児を「正妻」として娶りたいと言って趙盼児に全財産を託します。2人は仲直りするのでした。

毒物騒動を起こしたうちの1人、葛招娣が半遮面にやって来て働かせて欲しいと申し出ます。趙盼児はその申し出を受け入れました。

18話の感想

趙盼児は自尊心がとてつもなく高い一方で、心のどこかでは自分自身を下卑しているのかもしれません。だからこそ、趙盼児を貶める他人の言葉にとても敏感であり 深く傷ついてしまうのでしょう。ともあれ、顧千帆と仲直りできて良かったです。

PR

19話あらすじ

帽妖

趙盼児に会いに来た顧千帆は、かつて婚約者がいたものの会ったことはなく すでに婚約破棄したことや、皇城司に入ってからは女性と縁のない生活を送ってきたことを話します。趙盼児も過去の話を打ち明け、2人は熱くキスを交わしました。

一方、宋引章は沈如琢との約束を果たすため「金明池」へ行き琵琶を演奏しました。演奏が終わるとすぐに帰ろうとする宋引章でしたが、沈如琢は強引に次の約束を取り付けます。

そんな折、帽子の形をした空飛ぶ妖怪が現れる事件が続き、顧千帆を始めとする皇城司の面々は真相解明に努めていました。

趙盼児は月のものが来て苦しむ高慧を高慧と知らずに助けると、高慧は後日改めてお礼に伺うと言って立ち去ります。

19話の感想

趙盼児と顧千帆の大人のラブシーンがとても素敵でした。このままずっとラブラブでいて欲しいですが、結婚はすんなりいかない予感。

葛招娣と陳廉はケンカばかりしていますが、何だかんだ言ってお似合いな気がするので、2人がくっつくことを密かに期待しています(笑)

PR

20話あらすじ

ある王妃の物語

顧千帆は趙盼児に、帽妖の騒ぎは皇后派を排除したい者たちの陰謀だろうと話しました。そして、ある王妃の物語を聞かせます。

昔、とある村に美しく才能あふれる娘がいたが、家が貧しく芸で食べていくしかなかった。ある時、郡王に見初められ王妃にまで登り詰めるが、ある1枚の絵画によって本来の低い身分が露呈してしまう。その絵画は有名絵師の作品で、絵画に描かれている1人の妓女が王妃そっくりだったのだ。

物語を聞いた趙盼児は皇后と夜宴図のことだと察しましたが、顧千帆は絵のことも物語も忘れろと言うのでした。

一方、皇帝の使者として仙師に会うため過酷な日々を送っている欧陽旭は、いつか必ず都へ返り咲くことを誓います。


杜長風は客として半遮面を訪れました。杜長風が来たことに気づいた孫三娘は怒って追い帰します。

(杜長風は以前、欧陽旭のために趙盼児に会いにきて「妾になれるだけでも幸せなことだ」と説教したことがありましたが、その説教を聞いて怒った孫三娘に池に突き落とされました。そのため、孫三娘とは犬猿の仲)

後日、杜長風が再び半遮面にやって来て、高家が半遮面に向かっているから逃げるようにと忠告しました。

杜長風の忠告どおり、趙盼児のもとに高家の侍女がやって来ましたが、趙盼児を害しに来たのではなくお礼の品を届けに来ただけでした。この時はじめて趙盼児は、先日助けた女性が高慧だったことを知ります。

20話の感想

ふんだりけったりでボロボロの欧陽旭に思わず笑ってしまいました。彼は極悪人というわけではないですし、出世したいという彼の気持ちも分かるので、個人的にはそんなに嫌いじゃないんですよね(笑)

葛招娣と陳廉のケンカが面白くてかわいい!2人は毎回激しいケンカをしていますが、お互いにときめく時が来るのでしょうか。

杜長風と孫三娘の組み合わせも面白そうです。杜長風は女性に対する考え方は古いけど、根はいい人そうなんですよね。

Photo:「夢華録」©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited
本ページの情報は2024年7月時点のものです。最新の配信状況は公式ページまたは各動画配信サービスにてご確認ください。