PR

夢華録(むかろく)21話・22話・23話のネタバレあらすじ│蕭府の宴にて

歴史 / 時代劇
©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited
*この記事にはプロモーションが含まれています
作品情報

夢華録(むかろく)21話・22話・23話のあらすじとネタバレ感想。顧千帆は蕭欽言に会いに行き、趙盼児を娶るつもりだと話します。身分の差を理由に反対する蕭欽言でしたが、顧千帆の思いの強さを知り婚姻を認めざるを得ませんでした。

PR

21話あらすじ

墓参り

顧千帆は父である蕭欽言を訪ね、趙盼児を娶るつもりだと報告します。身分の差を理由に反対する蕭欽言でしたが、顧千帆の思いの強さを知り 婚姻を認めざるを得ませんでした。

高慧は欧陽旭が趙盼児と婚約していたことを知り動揺していました。そのつらい胸の内を趙盼児に話すと、趙盼児は高慧の人柄の良さを感じます。

陳廉と葛招娣は会えばケンカばかりしていました。そんな2人の様子を目にした孫三娘は葛招娣に、陳廉がいなければ茶坊を開くことはできなかったと言って陳廉の肩を持ちます。

その日以降、葛招娣は陳廉に対してほんの少しだけ優しくなり、陳廉も葛招娣が気になり始めます。

沈如琢は相変わらず宋引章に言い寄っていました。沈如琢は宋引章に簪を贈り「脱籍」の話をチラつかせます。

顧千帆は趙盼児を連れて母親の墓参りに行きました。その帰り道、顧千帆は父親については今はまだ話せないと言うと、趙盼児は理解を示します。

21話の感想

顧千帆と蕭欽言の父子関係は縮まりそうで縮まりませんね。やはり、幼い頃に蕭欽言に捨てられた心の傷が深いのでしょう。顧千帆が蕭欽言を許せる日は来るのか?

高慧は悪女かと思っていましたが、乳母が好き勝手していただけで高慧本人は悪い人ではなさそう。

PR

22話あらすじ

難曲

顧千帆と趙盼児が墓参りから戻ると、池蟠に遭遇します。幼い頃から顧千帆を知っている池蟠は顧千帆に突っかかり小競り合いを始めました。

その頃、宋引章は蕭欽言の寿宴で演奏することになっている曲を練習していました。その曲の楽譜は顧千帆から贈られたもので難易度の高い曲でしたが、良民にしてやるとほのめかす沈如琢の言葉が気になって練習に身が入りません。

そこへ、顧千帆と趙盼児がやって来ると、顧千帆は宋引章の演奏に対し厳しい言葉を放ちます。宋引章はその日から練習に明け暮れました。

帽妖が再び現れ、顧千帆が帽妖を捕らえると殿前司の崔指揮が帽妖の引き渡しを要求します。引き渡しに応じない顧千帆に崔指揮は、引き渡しは斉牧の意向だと言うのでした。

蕭欽言の寿宴の当日。宋引章は演奏前の待機時間中に倒れそうになってしまったものの、顧千帆に助けられ事なきを得ます。

22話の感想

SNSでよく流れてくる船上のキスシーンはこの回のキスだったのですね。花吹雪を降らせる陳廉、気が利きますなぁ(笑)

池蟠は顧千帆の昔からの知り合いのようです。池蟠はやることなすこと全てがお子ちゃますぎて笑ってしまいます。

PR

23話あらすじ

蕭府の宴

蕭欽言の寿宴に顧千帆が現れました。蕭欽言は喜び、蕭欽言の息子である蕭謂は苛立ちをあらわにして席を立ちます。

宋引章たちの出番となり、張好好は歌を、宋引章は伴奏として琵琶を弾きました。音曲の大家として知られる賓客・柯政は、歌はそこそこだが琵琶はすばらしいと絶賛。

もう一曲披露することになった宋引章は顧千帆からもらった楽譜の曲を演奏すると、賓客は圧倒され拍手喝采が起こります。

これに不満を持った張好好は帰宅後に池蟠に八つ当たりをし、池蟠とケンカ別れしてしまいました。

趙盼児は宋引章を蕭府まで迎えに行こうとしましたが、途中で馬車が故障してしまいます。すると、偶然通りかかった高慧が馬車に乗せてくれました。高慧は乳母が趙盼児を陥れようとしたことを謝罪します。

一方、趙盼児の迎えを待つ宋引章のもとに沈如琢が現れました。沈如琢は宋引章を送り届けると言って船に乗せ、今後は自分が宋引章の世話をしたいと申し出ます。宋引章は考える時間がほしいと答えました。

23話の感想

宋引章は普段は頼りないように見えますが、毅然とした態度で顧千帆の尊厳を守ろうとした姿はカッコ良かったです。気迫のある演奏姿も素敵でした。

宋引章は沈如琢が気になっているというより、脱籍してくれる相手だから気になるという感じでしょうか。宋引章が本当の意味で心惹かれている相手は沈如琢ではなく顧千帆のような気がします。

Photo:「夢華録」©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited
本ページの情報は2024年7月時点のものです。最新の配信状況は公式ページまたは各動画配信サービスにてご確認ください。