【アウトランダー】サム・ヒューアンとカトリーナ・バルフ、EPのマリル・デイヴィスがシーズン6フィナーレとクレアとジェイミーの運命について語る | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【アウトランダー】サム・ヒューアンとカトリーナ・バルフ、EPのマリル・デイヴィスがシーズン6フィナーレとクレアとジェイミーの運命について語る

アウトランダーシーズン6ネタバレTV/News
@ 2022 STARZ

解説

【アウトランダー】シーズン6のフィナーレについてクレア役のカトリーナ・バルフとジェイミー役のサム・ヒューアン、そしてエグゼクティブ・プロデューサーのマリル・デイヴィスが米Variety誌のインタビューに答えた。

Dramasnote編集部

「アウトランダー」オフィシャルサイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【アウトランダー】シーズン6最終話あらすじ

この記事には「アウトランダー」シーズン6エピソード8 “I Am Not Alone “のネタバレを含みます。

https://www.youtube.com/watch?v=YfAlI0ER9B4

【アウトランダー】シーズン6は8話構成という、これまでに比べるとタイトなシーズンとなっているにも関わらず、最終話はドラマチックな展開で期待を裏切らない出来栄えだったと米Variety誌は報じている。

最終話の冒頭、ジェイミー(サム・ヒューアン)とクレア(カトリーナ・バルフ)は、リチャード・ブラウン(クリス・ラーキン)とその民兵に直面し、家の中でバリケードを築いていた。

ブラウンはマルバ・クリスティ殺害の容疑で裁判を受けさせるためクレアを迎えに来ていのだ。

リッジのハウスの壁には銃弾が撃ち込まれ、ジェイミーとクレアはこれが2人の物語になるのかと話し合う。

裁判にはトム・クリスティ(マーク・ルイスジョーンズ)が同行し、公正な裁きを受けられるようにすると救いの手を差し伸べた。

クレアとジェイミーは、クレアを魔女や殺人犯と決めつけた群衆にさらされている中、2人の苦境な状況を知ったイアン(ジョン・ベル)が2人の元へと向かう。

その頃、ブリアナ(ソフィ・スケルトン)とロジャー(リチャード・ランキン)は、リッジが大混乱に陥っていることも知らずエディントンに向かっていた。

息子のジェミーのシラミのために髪をカットしようとした時、ブリアナがジェミーの頭にアザがあるのを見つける。ロジャーは「これは遺伝だ」と言い、自分にも同じものがあると指摘した。

これこそ、ジェミーがロジャーの本当の子である証で、ふたりはスティーブン・ボネットの子でないことに喜びを感じていた。

そして最終話の最後、クレアは刑務所に入れられジェイミーと離ればなれになってしまう。

トム・クリスティは、クレアに公正な裁判を受けることを保証する一方で、ブラウン家はライオネル・ブラウン(ネッド・デニー)殺害の罪でジェイミーに裁きを下す決意をする。

ジェイミーがスコットランドに送り返されようとしたその時、チェロキー族を率いたイアンがジェイミーを救いにやってきた。

ジェイミーは、妻クレアを救うため馬を走らせた。

シーズン6についてのインタビュー

米Variety誌は、ジェイミー役のサム・ヒューガンとクレア役のカトリーナ・バルフ、そしてエグゼクティブ・プロデューサーのマリル・デイヴィスに、シーズン6のフィナーレについて話を聞いた。

Question

このフィナーレでは、かなりのクリフハンガーがありますが、第6シーズンが終了すると知ったとき、皆さんはどのようなリアクションをされましたか?

カトリーナ: 本来は12エピソードを撮影する予定でした。でも、どこかでストーリーを止めなければならないとしたら、ここがいいタイミングで自然なことだと思ったんです。これほど素晴らしいクリフハンガーがあるのですから。希望がありながら、次に何が起こるのかハラハラドキドキさせられるの。

サム:最後の2つのエピソードは、とても多くのことが起こります。だから、いい意味でこのエンディングで視聴者が追いつく時間を作るのはいいことだと思います。

Question

もちろんです。今シーズンで面白かったのは、たった8つのエピソードでこれだけのことが起こり、各エピソードがより濃密になったように感じられることです。

カトリーナ:興味深いのは、どのエピソードも脚色されていないことです。12話までやるつもりだったときも、常にそのように書かれていました。その前に長い時間があったので、脚本家たちは自分たちが入れたいものすべてについて深く考え、有機的にそうなったのだと思います。

サム:また、今シーズンはいくつかのエピソードが長くなっている分、登場人物とじっくり向き合える時間が長くなっています。特に最初のエピソードでは、いろいろなことが起こっているのがわかると思います。だから、私はこのシーズンをとても誇りに思っています。本当に強い作品だと思うし、おそらく最強の作品のひとつだと思う。

Question

マリルさん、ここでシーズンを終えるという決断はどのようになさったのでしょうか?

マリル・デイビス:本来は12エピソードの予定だったんですね。COVIDやさまざまな要因で、12話を達成することはできないと、シーズン開始後すぐに気づいたんです。たまたま8回で打ち切ったのがちょうどよかった。というのも、想定していた長さというだけではなく、ジェイミーとクレアが別れるという、シーズンの終わり方としても完璧だったからです。

何が起こるかわからない。クリフハンガーとなる瞬間を残す。だから完璧だったんです。このエピソードの最後には、シーズン7へ向けてのちょっとしたタグがありました。でも正直なところ、それがこのエピソードに加えた唯一の変更点だったの。

このエピソードはずっとこうなるように計画されていたんです、この”O.K.牧場”での銃撃戦はね。私はそれが大好きなんです。冒頭の銃撃戦はとてもクールです。そしてクレアがライフルを持って角を曲がったところのショットが大好きです。

ジェイミーとクレアが壁に背を向けて、世界を相手に戦っている姿はとても印象的です。このシーズン全体を象徴しています。リッジについてよく話しますが、自分の家が敵に回ったらどうなるのか?そのクライマックスがこのエピソードです。

誰もがジェイミーとクレアを敵視している。誰もがクレアがやったと信じていて、誰も彼らのために声を上げません。声を上げるのはごく一部の人たちだけです。そして、トム・クリスティがクレアのために発言したのは大きな驚きです。彼がクレアを有罪だと考えているかどうかはわからないけど、彼女が公平な裁判を受けられるようにするつもりだということはわかる。

Question

トム・クリスティとクレアの関係は実に興味深いものでした。彼は彼女と彼女の仕事に対して、尊敬と嫌悪の間で揺れ動いています。最終回ではクレアの側にいて、ブラウン家の正義を自分たちの手で実現させるという姿勢を貫いています。なぜ彼は彼女のためにそこにいることがそんなに重要なのでしょうか?

マリル:シーズン7では、トムがなぜそのような行動をとったのか、その理由が見えてくるはずです。トムは欠陥のあるキャラクターで、その役をマーク・ルイス・ジョーンズは見事に演じています。彼は葛藤しながらも常に自分自身と戦っています。何が正しいか、何を正しいと思うかを知っている。彼はとても敬虔な男です。とても批判的だ 心の底では公正な男で、娘のために正義を見たいと願っています。

クレアはやってないと 心の底では思ってる。しかし、クレアがやったかどうかに関係なく、彼はこの自警団の正義を受け入れることはできません。リチャード・ブラウンが彼女を連れて行くのを良しとしない。リチャード・ブラウンが連れ去れば 道端で殺されるだけだ 公正な裁判を 受けられなくなる。だから正しい方法で 処理してほしいんです。そしてそれを実現できるのは自分だけだともわかっています。なぜなら… 正義は自分が握っているのだから

ジェイミーとクレアがフィナーレでどのような状況にあるのかを説明しましょう。ジェイミーはイアンに助けられ、妻を救いに行く必要があります。クレアはというと、マルバ殺しの裁判を待つために刑務所に座り、ジェイミーの命を案じています。フレイザーズ・リッジの多くの人々が彼らに敵対しており、このフィナーレは2人にとってかなり不安なものとなっています。

サム:ジェイミーとクレアの世界はここで完全に破壊されました。いつもは人気や評判の強さを活かしていたのに、今回は不思議な感じです。彼らの味方は様々な形で現れる。今回のブラウンズとのにらみ合いでは、トム・クリスティが、ひょんなことから彼らを助けるようになる。

今の状況では、確かにジェイミーはクレアを探しに行くでしょうし、幸いにも味方が残っています。しかし、そこは私たちが慣れ親しんだ世界とは全く異なる場所です。最後の2つのエピソードの旅を通して、それがわかります。

彼らの周りの世界、実際の物理的な世界もまた非常に不穏な状況です。今度の革命で、多くの恐ろしいことが起こります。でも、ひとつだけ言えることは、ジェイミーはクレアを探しに行くということです。

Question

カトリーナは今シーズンは、クレアが耐えてきたトラウマが圧力やきっかけによって、いかに破壊的な形で溢れ出すかを探りました。外見上、彼女はとても強く見える。フィナーレ近くになって、彼女は自分が経験したすべてのことが自分にどう影響しているかに気づき、そのことを打ち明けています。今シーズン、クレアのそのような一面を探ってみてどのように感じましたか?

カトリーナ:今シーズンは、ある意味クレアの解体です。クレアはその時代の産物として、その職業の産物として、常にすべてを区分けすることに長けています。医療分野では、それができないといけないと思うんです。トラウマを経験し、トラウマを目の当たりにしても目隠しをし、なすべき仕事に集中することができなければなりません。

自分の感情を棚上げにするのがうまいんです。クレアはいつもそうしてきたと思います。でも、強い人であろうとなかろうと、その感情を処理せずに生きていける人はいないと思うんです。いずれは出てくるものです。今シーズンのクレアは、その辺を探ってみました。トラウマを処理せず、対処もしないまま、どうやってトラウマを乗り越え、起きたことを癒すのか。

その答えは、トラウマが頭をもたげてきて、彼女が物事に取り組む新しい方法を見つけなければならなくなるということです。美しいのは、彼女が旅を続けている様子をまだ見せていることで、それは今、成長しているようでとても美しいと思うのです。

彼女が新しい対処法を身につけたことがわかります。黙って物事を隠したり、自分ひとりで何とかしようとしたりしてはいけないということを学んだのです。彼女は共有することが必要なのです。

特にジェイミーとの関係では、2人の間につながりがあるわけですが、もし彼女が彼に心を開かず、最も弱い部分を見せないとしたら、彼女は完全に存在できていないことになると思います。それが、シーズン6で彼女が学んだ大きな教訓でした。マルバとのこと、そのすべてです。

第7話は、彼女の潜在意識と彼女が感じている罪悪感を掘り下げているのがよかったですね。第8話の彼女を見ていると、癒されたとは言い難いけど、間違いなくその旅の途中なんです。でも今は、もちろん精神的には良い状態ですが、肉体的には本当にひどい状態です。

休息がとれない彼女にとって今一番切実なのは、この刑務所に閉じ込められていることですが、独立戦争のせいで、本来ならあるはずの司法制度が完全に崩壊してしまっているんです。だからクレアにとって一番怖いのは、このまま牢屋に入れられることだと思うんです。

Question

今シーズンはたった8つのエピソードに多くのことが詰め込まれていました。今シーズンのご自身のキャラクター、または他のキャラクターの物語で最も楽しめたことは何でしょうか?

サム:特に最終回のブリアンナとロジャーのストーリーには、本当に感動しましたし大好きです。特に最終回のブリアナとロジャーのストーリーでは、2人の親密なシーンが印象的でした。

カトリーナ:今シーズンは、他のキャラクターに割かれる時間が多かったように思います。マーサリとファーガスは、序盤は素晴らしいストーリー展開でした。ニューバーンに引っ越してしまったのが残念です。イアンは、彼のバックストーリーをもっとたくさん見ることができます。本当に素敵なことだと思います。世界が広がります。

観客は、この素晴らしいキャラクターたちをもう少し深く知ることができるのです。私たちの周りには素晴らしい俳優陣がいます。そして、彼らが輝く姿を見ることができるのは本当に素敵なことです。

Question

マリルさんは、シーズン6の終わりで多くのキャラクターが残されたことをどのように感じていますか?また彼らの今後について教えてください。

マリル:シーズン6を終えるとき、ロジャーとブリアナは意図的にかなりいい場所にいるようにしました。ジェイミーとクレアがどこにいるのか、まったく知りません。自分たちが危険にさらされていることも知らない。シーズン7では険しい道のりが待っているかもしれないので、意図的にそのような設定にしたんです。

でも、ロジャーとブリアナがようやくこの場所に落ち着いたというのも見たかったんです。前シーズン、彼らは家に帰ろうとしたんです。そして、ようやくここが自分たちの家だと気づき、根を下ろそうとする姿が描かれています。また、今シーズンはブリアナが再び妊娠します。

ジェミーがスティーブン・ボネットの子ではなく、ロジャーの子であることが判明したので、彼らはとても良い場所にいるんです。もちろん、ジェイミーとクレアは良い状態ではない。しかし、それはジェイミーとクレアの典型的な例で、物事がスムーズに運ぶことは長くない。

イアンについては、今シーズンのジョン・ベルにはとても感心しています。毎シーズンそうですが、今シーズンのヤングイアンは一人前になって本領を発揮しています。エピソード4で見たモヒカンの裏話や悲恋の物語など、すべてがそうでした。

イアンとシーズン7がどうなるのか、とても楽しみです。ジョンには本当に感心しているし、あのキャラクターを少年から男に変身させたんです。今シーズンはそれを目の当たりにすることができて、本当に素敵でした。

Question

マルバ・クリスティ殺害の容疑でクレアを拘束しようとするブラウン一家率いる怒れる暴徒から自宅内に身を隠しながら、クレアとジェイミーは、これが終焉である可能性について話し合う。ジェイミーは占い師に9つの命があると言われたことを思い出し、臨死体験を何度か語る。私は、彼は5つだと思います(ウェントワース、カロデン、ラオヘールの銃殺、蛇に噛まれたこと、ドーガルの斧がこれまでの数です)。マリル、フィナーレで起きたことは6回目と考えていいのでしょうか?

マリル:実は面白いんです。彼の命がいくつ残っているのか、曖昧にしておきたいので、わざと死にかけた人物は全部入れなかったんです。私は、この作品が彼の9つの人生のうちの1つだとは考えたことはありませんでしたが、あなたがそれを持ち出すのは興味深いです。ダイアナ・ガバルドンはそのことを考慮したのでしょうか。どうなんでしょうね。

Question

シーズン7の予告があれば教えてください。今シーズンは、「故郷が敵に回ったらどうなるか」がテーマでした。シーズン7はどんなテーマが中心になるのでしょうか?

デイビス:あまりテーマには踏み込めないの。革命がやってくるというのは、「ゲーム・オブ・スローンズ」でいうところの「冬がやってくる」みたいなものですね。来シーズンは、革命の到来です。これまでで最大のシーズンです。多くのストーリーを跨ぐことになり、今シーズンでカバーされる範囲は非常に広い。

誰もがクレイジーな弧を描く今までで一番大きなシーズンで、とても興奮しています。特にイアンには期待しているわ。彼は素晴らしいストーリーを持っています。ジェイミーとクレアについては、ネタバレにならないように、話せないことがたくさんあるんです。

本記事は米Variety誌のインタビュー内容を翻訳してお伝えしています。

© 2022 STARZ