【ペーパー・ハウス】 シーズン4第7話、8話。結末は予想外の展開!? | Dramas Note

【ペーパー・ハウス】 シーズン4第7話、8話。結末は予想外の展開!?

ペーパーハウス

© Netflix,lnc.

作品紹介

【ペーパーハウス】シーズン4第7話・8話ネタバレ。ナイロビをガンディアに殺され復讐心に駆られる強盗チームだったが、彼らは負傷したガンディア相手になおも苦戦していた。一方、捕らえられていたリスボンに教授はついに彼女を救出する事を決断する。全ては順風満帆に行くかに見えたが……。

© Netflix,lnc.
 オフィシャルサイト

動画配信

当サイトでご紹介しているものは2020年9月現在のものになります。状況により配信されていない場合がございますので各サービスでご確認ください。

予告動画
『ペーパー・ハウス』パート4 ティーザー予告編 – Netflix

 

関連記事

「プリズンブレイク」シリーズ

スポンサーリンク

【ペーパー・ハウス】 シーズン4第7話・8話あらすじ

なんと8話のネタバレから始まる7話。

ガンディアはトーキョーとナイロビを殺して無事に脱出?

ガンディアに手を焼く強盗チームだったが、教授はスペイン銀行の設計図に載っていない避難室は銀行総裁の部屋の裏に在るはずだと推察。

教授は電磁波で場所を探り電話と監視カメラを切断し、壁に穴を開けて睡眠ガスを注入しろとパレルモ達に指示を出した。

負傷していたガンディアに、タマヨ警視監から電話がかかるがパレルモが電話線を切断した。

内通者アントニャサスを使いリスボンと連絡を取る教授。

アントニャサスはリスボンにパリとだけ伝えるとリスボンは笑みを浮かべた。

パリに一体何の意味があるのか?

スポンサーリンク

【ペーパーハウス】シーズン4第7話ネタバレ

またも問題を起こすアルトゥーロ。

問題児アルトゥーロは、人質の女性から薬を飲まされて意識が朦朧としている間に体を触られた、と訴えられる。

アルトゥーロは、それは幻覚を見ただけだと否定するものの女性はブラがずれていたと反論。

真偽は定かに成らないものの、人質達にアルトゥーロへの不審が拡がった。

リオ虐待がバレて慌てる警察チーム。

銀行を包囲する警察にナイロビの遺体が差し出された。

警察と強盗たち双方は悲しみに包まれたが、それは始まりに過ぎなかった。

教授はリオが虐待を受けていた事を、各種媒体を駆使してスペイン国民にアピールしたのだ。

だが、アリシアが廃墟の小屋で拷問をしたから証拠はないと言うと、安堵した警察達は記者会見を開いてリオ虐待を全否定する事にした。

7話の結末。

タマヨ警視監が記者会見中に教授はリオが拷問されていた事実をメディアに流し、それは記者会見中の記者のタブレットやスマホに流された。

リオ虐待の証拠としてマルセイユが現場に向かい、リオを生き埋めにした人物をカメラに映しだして証言させた。

リオ虐待を事実として認めざるを得なくなったタマヨ警視監は、アリシア・シエラに責任を被せて辞職させリオ虐待問題の解決を図ろうとする。

一方、逮捕後スペイン銀行前に設営された警察のテントにずっと勾留されていたリスボンは、正式に逮捕、起訴される事になり身柄を拘置所へと移された。

スポンサーリンク

ペーパー・ハウス】 シーズン4第8話ネタバレ

教授の目論見は?

アリシアは、プエリト・タマヨ警視監からの責任を被って辞職するという要請を裏切る。

そればかりか、全ては国家とスペイン警察の了解を得てリオの拷問は行われたと、記者会見で全てを暴露した。

タマヨ警視監の目論見は崩れ去った。

そんなアリシアをスペイン警察サイドが見過ごすはずもなく、アリシアには不法監禁、虚偽証言、名誉毀損の門で逮捕状が発行された。

アリシアは逮捕される前に逃れ、監視カメラの映像を調べ独自に捜査を開始。

一方、強盗チームはようやくガンディアの潜む避難室を特定してガンディアを倒した。

ガンディアは教授の要請で生かされる。

果たして教授は何を目論むのか?

リスボンの運命は!?

リスボンは、スペイン銀行前の警察で設営したテントから法廷へと身柄を移される。

予め、リスボンが逮捕された場合に備えて作成しておいた”パリ作戦”を実行に移す。

それはリスボンが法廷で数字を大量に用いて証言し、裁判官を疲弊させて時間稼ぎをするという作戦だった。

リスボンが間稼ぎをしている内に、法廷地下の駐車場の壁に穴を開けて救出チームが侵入するというものだった。

救出チームはリズボンの替え玉を用意して侵入。

護送車に爆弾を仕掛けて警備員を脅し、タマヨ警視監にリスボンが通常通りに留置所と裁判所を移動しているように思わせる事に成功。

リスボンは用意された別の車で脱出。

そして、マルセイユが用意したCH-47チヌークに乗り込みスペイン銀行へと向った。

意外な展開を見せる? 8話の結末。

強盗チームはガンディアを脅してタマヨ警視監と連絡を取らせ、彼が強盗チームと戦闘して屋上へと向っているように思わせた。

そして、スペイン銀行の屋上にはガンディアを救出に来たヘリコプターの姿があった。

しかしそれは、マルセイユとリスボンが乗ったヘリコプターだった。

デンバーがガンディアを装って強盗チームと見せかけの戦闘を屋上で行い、ガンディアを救出すると見せかけてリスボンが強盗チームに合流した

その後、強盗チーム全員で”ナイロビのために”と大合唱。

強盗チームの勝利で終わるかに見えたシーズン4だったが、監視カメラの映像から教授の居場所を突き止めたアリシアは教授に銃を突きつけた……

スポンサーリンク

【ペーパー・ハウス】7話・8話の感想。

シーズン3に続いて、またしてもクリフハンガーだったシーズン4。

噂ではシーズン5で教授が死ぬと言われていますが果たしてどうなるやら。

こんな終わり方をされては続きが気になって仕方有りません。