【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2第63話・最終話(64話) | Dramas Note

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2第63話・最終話(64話)

ポロスシーズン2

© One Life Studios Pvt. Ltd.

画像引用:https://www.hulu.jp/porus

【ポロス】シーズン2第63話・最終回(64話)のネタバレ感想。

ついに、シーズン2が終了してしまいました!

敵は追放、身内は和解といった良い終わり方となっています。


なお、シーズン3がいつから配信(放送)されるのかについても推測しました。

スポンサーリンク

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2第63話ネタバレ

プルの演説を聞き入る一同。

ダレイオスはたまらず「アンビ王!早く敵を蹴散らせ!」と声をあげました。

「蹴散らされるのはお前だ、ダレイオス」

プルのその言葉と同時に、続々とパウラヴァの兵士たちが宮殿の外から集まってきます。

プルとダレイオスが睨みあう中、アヌスヤがバムニ王に「あの方も、ここに呼ぶべきでは?」と聞くとバムニ王は頷きました。

アヌスヤは急いで地下牢へ行き、久々にシヴダット宰相と対面。

あの方とは、シヴダットのことだったのです。

開口一番「私は敵だぞ」というシヴダットに、アヌスヤは言いました。

「私を憎む気持ちよりも、母国への愛のほうが勝るはずです」と。

そして剣をシヴダットに渡し、判断は委ねますとだけ言って去るのです。

アヌスヤが戻ると、プルがアンビ王を説得しているところでした。

アンビ王は長らく悩んでいましたが、ついにインド人としてダレイオスを倒すことを決意!

それを見たダレイオスは吠えます。

「ごたくで運命は開けぬぞ、プル!私に差し向ける兵は集めたようだが、武器はどうする?武器は私がすべて押さえた」

プルはふっと笑い、プルの視線の先を見るようダレイオスに促しました。

そこには、武器を持ってこちらに向かうバルシネと兵たちがいたのです。

「私は父上のあらゆる夢を尊重してきました。でも今日は、人としての在り方を尊重したいのです」

バルシネはそう言うと、武器をプルたちのほうへ持っていきます。

プルたち全員が手を取り合ったところで、プルはダレイオスに言葉を投げかけるのです。

「選べダレイオス。客として尊厳を保ったまま帰るか、それとも敵として駆逐されるか」

ダレイオスは、戦うことを選びました。

そうして再び始まった戦いの中、バムニ王は、ピンチに陥ったアンビ王を助けます。

アンビ王とバムニ王の2人は、長年深く憎しみ合っている間柄。

また、劣勢のカニシカのもとにシヴダットが現れて助太刀をします。

戦いの末、プルがダレイオスに剣をつきつけたところで幕がおりました。

スポンサーリンク

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2第64話ネタバレ

♠パウラヴァ/船着き場♠

ペルシャ(ダレイオス)との戦いに勝利したインド人たちは、ダレイオスを見送るため船着き場に来ていました。

プルは、ダレイオスを見据えて言います。

「お前を葬ることもできた。

だが生かしたのは、世界に伝えてもらうためだ。

インドを狙った者は、お前のようにうつむいて帰ることになると」

ダレイオスはずっと黙ったままでしたが、船に乗る直前、インド人たちのほうを振り返って口を開くのです。

「攻防には敗れたが、まだ決着しておらぬ。必ず舞い戻る」

そう言い捨て、ダレイオスはインドを去りました。

ダレイオスの帰国を見届けた後、プルはバムニ王を父上と呼び、シヴダットを放免してほしいと頼みます。

バムニは初めて父上と呼ばれたことに涙し、シヴダットを復職させることを約束するのです。

その頃、アレクサンドロス一行はペルシャに到着しました。

スポンサーリンク

シーズン3はいつから配信or放送される?

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン3のあらすじ全話一覧。
【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン3のあらすじ全話。シーズン2では主に、プルvsダレイオスの戦いが描かれました。シー…

2020年4月20日から、Huluでシーズン3が配信されることが決定しました!

一方、BS日テレでは2020年内にシーズン2が放送されることが決定していますが、シーズン3の放送については情報がありません。

ファンとしては、シーズン2とシーズン3の連続放送を期待したいところですね!

※確かな情報が分かり次第、追記します。

スポンサーリンク

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2第63話の感想

文句なしに、最高に面白い回でした!

敵対していた人物同士や国同士が、今だけはみんな遺恨を捨てて団結するという展開は、最高に胸が熱くなりました。

今まで深く憎しみ合っていた分、団結したときの感動もひとしお。

今回の63話は、本作【ポロス】の良いところがすべて詰まっていたように思います。

深い愛、熱い心、少年漫画的な展開、セリフの素晴らしさ、倫理観、悪役の魅力。

そのすべてがさく裂!本当に興奮しました。

地味に“愛”の伏線を回収していたのもグッド。

以前プルがどん底に立たされた時、ダレイオスは「インド人はゆえに弱い」と言いました。

けれども、プルはその愛(国や人への)を持ってしてインドをひとつにまとめ、大ピンチから形勢を逆転させたのです。

また、シヴダット宰相の久々の登場も熱い!

アクションシーンもいつもの100倍ぐらい気合いが入っていて、この日のためにあえて今まで手を抜いていたのでは?と勘繰りたくなるほどでした(笑)

スポンサーリンク

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン2.最終回の感想

ついにシーズン2が終わってしまいました。

プルたちは、ダレイオスをあっさりと解放。

史実があるのでここで死ぬわけはないだろうとは思っていましたが、まさかこれ程あっさり彼を解放するとは、少し拍子抜けだったかも。

ダレイオスは敵ではありますが、これまでドラマをけん引してくれた素晴らしい存在なので、シーズン3以降もまだまだ登場してほしいです。

プルは、わだかまりがあった父バムニと和解!

できればプルとカニシカの仲良しシーンも見たかったですが、それはシーズン3以降のお楽しみということでしょうか。

また、和解を表現するためだとは思うのですが、バムニ王とアンビ王が手を恋人繋ぎしていたのには笑いました。

一方のアレクサンドロスもペルシャに到着し、最終回はとても良いまとめ方だったと思います!

※シーズン3の全話ネタバレ感想はこちら。

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン3のあらすじ全話一覧。
【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン3のあらすじ全話。シーズン2では主に、プルvsダレイオスの戦いが描かれました。シー…