【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン3第11~15話。あらすじネタバレと感想。 | Dramas Note

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン3第11~15話。あらすじネタバレと感想。

© One Life Studios Pvt. Ltd.

 オフィシャルサイト


【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン3あらすじ感想11~15話。

シヴダットは、プルを暗殺するために毒娘を刺客として送り込みました。

一方のプルたちは、立ち寄った森で女性と出会います。

もしかすると、その女性こそが毒娘なのでしょうか!?

スポンサーリンク

【ポロス~古代インド英雄伝~】11話~15話

11話のあらすじネタバレ

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン3のあらすじ全話一覧。
【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン3のあらすじ全話。シーズン2では主に、プルvsダレイオスの戦いが描かれました。シー…

♦毒娘のアジト♦

シヴダットは、毒娘のアジトにカニシカを連れて行きました。

シヴダット曰く、幼い頃にここに連れてこられた女性はあらゆる蛇の毒を少量ずつ飲まされ、すべての毒耐性をつけた者は毒娘ヴィシュカンニャとして生きることになるのだとか。

ヴィシュカンニャは己の血で相手を殺すことができるらしく、シヴダットはその能力を使ってプルを亡き者にしようとしていました。

♦森♦

ペルシャ行きのメンバーは、プル、ラチ、ハスティ、アンビ王子。

燃えている森に立ち寄ったプル一行は、転がるたくさんの死体を目にしました。

助けようにもすでに手遅れだと判断し立ち去ろうとすると、女性の泣き声が聞こえてきたのです。

その女性は、幼き弟と一緒に地面下の収納庫のような場所に隠れていました。

女性の話では、村の祭りに来たら村が襲撃にあい、弟と自分だけが何とか生きのびたとのこと。

さらに、村に帰りたいから同行させてほしいと頼む女性に、プルはどこか警戒心を滲ませます。

ラチは助けてあげるべきだと主張し、アンビ王子とハスティはそれに反対。

プルは女性の同行を許可した上で、自分たちの正体と目的は絶対に話してはいけないと他のメンバーたちに釘をさしました。

♦ゴルディオスの結び目♦

アダ女王は、アレクサンドロスをゴルディオスの結び目がある場所に連れて行きました。

ほどこうとすると手が痺れてただれるため、歴代の王はみんな失敗したというアダ女王。

ほどくのに失敗すれば兵たちの信頼を失うというリスクがありながらも、アレクサンドロスは不可能を可能にしてみせるとやる気をみなぎらせるのです。

12話のあらすじネタバレ

♦ゴルディオスの結び目♦

アレクサンドロスは、結び目を剣で断ち切りました。

勝負ごとや難題に挑むときには、腕力だけではなく知力が必要だというアレクサンドロス。

そこにダレイオスからの矢文が届き、イッソスで待つと書かれていました。

アレクサンドロスは、すぐに出征しようとするヘファイスティオンを制止し、正面から挑んでくる敵というのは万全を期して待ち構えているものだと言うのです。

実際、ダレイオスは10万の兵を用意し、アレクサンドロスとの戦いに備えていました。

♦船♦

プルは、森で出会った女性を警戒しつつも同行することを許可しました。

女性の弟は、いまだに目を覚ましません。

ラチは、衣を着替えてくるよう女性を促します。

目を覚ました弟は、着替えて戻った女性を見て「あなた誰?」と一言。

弟の一言に、プルたちは固まるのです。

13話のあらすじネタバレ

♠船♠

女性(ヴィシュッディ)は、自分のことを知らないという弟を抱きしめ、きっと頭を打ったせいで思い出せないのだとその場をしのぎました。

ヴィシュッディは、村で起きたことを思い出せと少年(弟)に言います。

♦村での出来事♦

ヴィシュッディの血が混ざった井戸水を飲んだ村人たちは毒死し、生き残った少年の両親もヴィシュッディに殺されました。

すべてを思い出した少年に、ヴィシュッディは自分を姉と呼べと脅すのでした。

♠ペルシャ♠

ダレイオスは、バルシネ王女をイッソスの戦いに連れて行くと言います。

プルとの戦いの時のように身勝手に動かれては困るため、自分の監視下に置くつもりなのです。

ダレイオスは一瞬たりとも目を離すなと、バルシネの監視をモーセに言いつけました。

14話のあらすじネタバレ

暗殺実行のためにプルの寝室に向かったヴィシュッディは、ハスティに呼び止められたため、とっさに浴室を探していると答えました。

浴室に案内されたヴィシュッディは、ハスティに見張りを頼み、故意にカーテンを少し開けて彼を誘惑します。

そうしてハスティを油断させたヴィシュッディは、浴室を抜け出しプルの寝室へと向かいました。

一方、プルの寝室ではプルとラチが密着してラブラブモード。

ラチは、プルに抱き寄せられたまま「何か感じないか」と聞かれ、自制をしているから何も感じないと答えます。

どこまで自制できるか勝負しようとプルに言われますが、ラチは節度を守るべきだと言って部屋を去りました。

プルが1人になったのを確認したヴィシュッディは、部屋に2匹の蛇を送り込むもプルに始末されてしまいます。

立ち去ろうとした拍子に音を立ててしまい、それに気づいたプルは部屋の外を見まわし……。

15話のあらすじネタバレ

♠船♠

物音を聞いて部屋を出たプルは、ラチに何かあったのかと聞かれるも詳しくは話さず、ヴィシュッディを探し続けます。

プルとラチが浴室へ向かうと、見張りをしているらしいハスティが「ヴィシュッディが中で沐浴している」と言うのです。

ハスティいわく、プルの部屋の前にいたヴィシュッディを浴室まで案内したとのこと。

それを聞いたプルは、ハスティが「見るのは無礼だ!」と止めるのもきかず、浴室のカーテンを開けました。

すると、どうやって戻ってきたのかそこにはヴィシュッディがいたのです。

♠ペルシャ♠

ダレイオスの命令でアレクサンドロスの軍営テントに潜り込んだファルスは、アレクサンドロスの兵を殺して軍営テントも燃やしました。

ダレイオスからのふみを残しておくのも忘れません。

ダレイオスは、報告にやってきたファルスを賞賛しますが、どうもファルスの顔は曇っています。

理由を聞くと、ファルスは外を見て下さいと言うのです。

スポンサーリンク

出演者からの動画コメント

ラチ

スポンサーリンク

【ポロス~古代インド英雄伝~】感想11話

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vishkanya . . . @Nalinineg #Porus #Sonytv

Porus Official™(@porus_sonytv)がシェアした投稿 –


新キャラが登場しました!(上記画像)

話の流れからすると、おそらく森にいたこの女性はヴィシュカンニャではないかと思われます。

いつもは困った人を真っ先に助けるプルが、やけに女性を警戒していたことからも、やはり女性は嘘をついていると見てよさそう。

ただ、女性がヴィシュカンニャだとしても弟はどこの誰なのか?

ヴィシュカンニャのアジトにいたのは女性だけだったので、弟はどこからか攫ってきた子供なのかもしれません。

それにしても、シヴダットは悪役として完全復活!?

カニシカ1人なら怖い相手でもないのですが、シヴダットとダックを組むとすぐにプルを陥れようとするので厄介です。

いつになったら兄弟として和解できるのか、もしかするとそんな日は来ないのか、カニシカ兄弟の未来も気がかりです。

スポンサーリンク

【ポロス~古代インド英雄伝~】感想12話

アレクサンドロスが、ゴルディオスの結び目を剣でぶった斬るのには笑ってしまいました。

手が無理なら剣で。

という誰でも思いつきそうな方法を、なぜ今までの王が試さなかったのかと疑問は尽きません(笑)

方法はともかくとして、勝負ごとには腕力だけではなく知力も必要だというアレクサンドロスの主張はさすがでした。

そして!プルたちに同行した女性の弟は、やはり本当の弟ではなかったようです。

おそらく女性は、「弟は精神的なショックで記憶を失った」と言い逃れるのではないかと予想します。

スポンサーリンク

【ポロス~古代インド英雄伝~】感想13話

やはり女性はヴィシュカンニャで、プルを暗殺するために送り込まれたようです。

血を飲ませるだけで殺せるとは、殺傷能力がかなり高いですね。

“毒死”を演出するためだとは思うのですが、死体が紫色すぎて、残虐なシーンなのについ笑ってしまいました。

プルが森に到着したときには、死体は紫色じゃなかったのに……(笑)

※以下、重要なネタバレを含んでいますのでご注意ください。

一方、バルシネ王女は無理やりイッソスに連れて行かれることに。

事実上では、イッソスの戦いで勝ったアレクサンドロスがバルシネを娶ることになっています。

ですので、イッソスでの2人の初対面も見どころになりそう!

スポンサーリンク

【ポロス~古代インド英雄伝~】感想14話

シーズン3では、プルとラチのラブシーンが満載。

といっても、ほとんどがプルからのモーションばかりですが。

今回の2人は、見ている側が赤面してしまうぐらいの密着ぶりでお熱いムードでした。

一方のハスティは、ヴィシュッディに誘惑されてしまいます。

以前にバルシネの部屋を覗く&侵入した前科があるハスティ、やはり今回も普通に沐浴を覗いていました(むしろガン見?笑)

それにしてもヴィシュッディは、村人たちを殺した時のように飲み水に血を入れれば確実に殺せるのに、なぜわざわざ蛇で殺そうとしたのでしょう。

スポンサーリンク

【ポロス~古代インド英雄伝~】感想15話

ハスティは自分は沐浴をガン見していたのに、プルには「見るのは無礼だ!」と言うのには笑いました。

イッソスの戦いでは、アレクサンドロスが危なげなく圧勝するのかと思いきや、ダレイオスもやはりやり手。

戦の前にアレクサンドロスに「贈り物」をしてマウントを取りにいく精神的な攻撃はお見事です。

ただ、あのアレクサンドロスが動じるとは思えません。

現に、ダレイオスに報告をするファルスは浮かない顔をしており、外では何かが起こっている様子でした。

一体外では何が起きているのか、それはアレクサンドロスの反撃なのか、気になるところです!

※次回16話~20話のネタバレ感想はこちら。

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン3第16~20話。あらすじネタバレと感想。
【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン3あらすじ感想16~20話。プルは、ペルシャ行きの船で毒娘ヴィシュカンニャに命を狙…