ドラマ『ラジエーションハウス』3話あらすじと視聴率。病院の独自ルールへの斬り込みが凄い! | Dramas Note

ドラマ『ラジエーションハウス』3話あらすじと視聴率。病院の独自ルールへの斬り込みが凄い!

ラジエーションハウス/サウンドトラック(出典:Amazon)
ドラマ『ラジエーションハウス』3話では、乳がんについてのテーマで描かれました。

マンモグラフィーは乳がん検査では有名なものですが、実はそれだけでは見つかりにくいことも……。

マンモグラフィーで見突かなければ異常なしと診断されてしまう事実に唖然。

ドラマ『ラジエーションハウス』

スポンサーリンク

3話あらすじ

甘春病院に、乳がん検査にやってきた葉山今日子という女性がいました。

患者は結婚を間近に控えており、祖母や母もガンを患い、母はガン発見が遅れて亡くなったことから、彼女は毎年必ずマンモグラフィーによる定期健診を受けていたのです。

今回の検査は、デンスブレストと診断されるも、その症状が出る割合は50%以上ということもあり、病院はその時点で異常が見つからなければ”異常なし”と報告するしかありません。

しかし、唯織は彼女のマンモグラフィーの映像、さらに祖母や母の経歴を見て、早急に超音波検査をした方がいいと薦めます。

ところが後日、今日子はラジエーションハウスを訪れ、診断に”異常なし”と書かれていたことが納得いかず唯織に突っかかります。

そこで唯織は、マンモグラフィーで見つからなければ異常なしと書かなければならないルールがあることを説明。

今日子は納得して超音波検査をすることに同意しました。

『ラジエーションハウス』全話ネタバレと視聴率。医師ではなく技師。すべてはあの日の約束のため。
『ラジエーションハウス』全話ネタバレエピソード。 普段は知られていない、放射線技師の活躍を描い...…

検査の結果は、担当医師にも伝えられましたが、無断で検査をしたことに激怒してラジエーションハウスに乗り込んできます。

それでも唯織は、超音波検査だけでは不十分だと、今度はMRI検査をさせてほしいと、担当医師に頭を下げたのです。

杏も、病院のルールにどこか不満を持っていたようで唯織と一緒に、担当医師に頼み込みました。

医師は渋々承諾し、技師らが見守るなか今日子の超音波検査が許可されたのです。

一方で、羽黒たまき(山口紗弥加)もまた、乳がんが疑われ内密に検査を行っていました。

検査の結果、今日子には乳がんが見つかり、たまきにあったしこりは良性であることが分かったのです。

スポンサーリンク

ドラマ『ラジエーションハウス』3話の感想と見どころ

今回も、唯織の起点でひとりの女性の命が助かりました。

通常、女性の乳がん検診はマンモグラフィーによるものが一般的でしたが、それだけでは見つけられないガンもあると初めて知った方も多いのではないでしょうか。

しかも、マンモグラフィで異常が見つからなければ異常なしと診断する病院ルールがあることも驚きです。

デンスブレストというものは、女性の50%以上に現れることが多く、その都度超音波検査やMRI検査を行っていたら病院に患者が殺到し、パニックになってしまうと言う理由から異常なしと診断されるという事でした。

異常はないと言われれば、誰もが安心してしまうはず。

まさかこんな落とし穴があるとは思っても見ないかったでしょう。

発見が遅れれば命に関わることであり、近年芸能界でも乳がんを告白する方々も増えているので敏感になるテーマで、病院独自ルールへの斬り込みはとても勉強になります。

最後に自分の命を守れるのは自分。

そんなセリフにも納得しました。やはりセカンドオピニオンって必要なのかもしれませんね。

また、ラジエーションハウスはそれぞれが責任ある立場で、仕事にプライドをもっていたのは内面から出ていましたが、五十嵐唯織や広瀬裕乃が入ってから、ずいぶん雰囲気も変わってきたと思います。

患者だけではなく、仲間のこともきちんと見て向き合える環境、つっけんどうでも困った時は助けてくれる。何も言わなくとも分かり合える、そんな素敵な空間だと感じました。

3話の視聴率は11.5%でした(ビデオリサーチ調べ、関東地区)