【青春の記録】11話ネタバレとプチ情報。ヘジュンの前に再びジアが!その目的とは!? | Dramas Note

【青春の記録】11話ネタバレとプチ情報。ヘジュンの前に再びジアが!その目的とは!?

作品紹介

【青春の記録】11話ネタバレと感想。チャーリー・チョンの死について警察から事情聴取を受けるヘジュン。彼の死をきっかけに、ヘジュンはありもしないスキャンダルに苦しめられることに。今や時の人となったヘジュンに対する世間の攻撃は凄まじく、周囲の者さえも巻き込んでいきます。追い詰められていくヘジュンの元に連絡してきたのは、弁護士を目指す元カノのジアだったのです……!

© CJ ENM All Rights Reserved.
公式サイト
 Netflix公式サイト

動画配信

当サイトでご紹介しているものは2020年10月現在のものです。状況により配信されていない場合がございますので各サービスでご確認ください。

関連記事

【梨泰院クラス】あらすじと全キャスト一覧。
【愛の不時着】あらすじ全話一覧。

スポンサーリンク

【青春の記録】11話あらすじ

着実にスター俳優への道を駆け上がっていたヘジュンは、ある日 警察からの電話でチャーリー・チョンの死を知らされ、参考人として事情聴取を受けることになります。

*チャーリー・チョンが最期に電話していたのがヘジュンだった。

ところが、事情聴取を終えて警察署から出てくる姿を記者に目撃され、世間では彼との関係について憶測が飛び交うようになってしまいます。

彼の死後、チャーリー・チョンが男性モデルらと関係を持っていたことが明るみになり、その1人にヘジュンが含まれていると話題になった。

それでも、当事者であるヘジュンは動じることもなく、念願のハリウッド監督からオファーを受けたりと順調に夢を叶えていきます。

しかし、マネジャーのミンジェはスキャンダルの火消しに追われて手いっぱい。

そんな中、見計ったようなタイミングでミンジェの元にイ・テスから連絡があり、またもマネージャーの先輩としてアドバイスを送ると言い出します。

前回、イ・テスにはめられた経験から警戒するミンジェに”ヘジュンの彼女の存在を公にすれば”この騒動も収まるとアドバイスしつつも、「大きくなりすぎたヘジュンの管理は素人には無理だ」と、彼を自分の事務所へ移籍させるよう打診したのです。

スポンサーリンク

【青春の記録】11話ネタバレ

湧き出るへジュンのスキャンダル

ヘジュンがスキャンダルに巻き込まれたのは、これまでチャーリー・チョンが男性モデルたちと関係を持っていたのが公になったことや、貧しい環境に育ったヘジュンの成功には彼の援助があったからだと紐づけられたのが原因。

そんな中、単独で向かった警察署から出て来るのを記者に見られたことが追い風になってしまったようです。

警察署にヘジュンを迎えに来たミンジェは、自分の立場を理解して動くよう叱りましたが、ヘジュンは”ひとりの人間がこの世からいなくなった、損得勘定で動けない”と反発しました。

ヘジュンは今や時の人。

破滅を狙う者がたくさんいると言われても、善の力を信じていたヘジュンはミンジェの言葉に耳を貸しませんでした。

ヘジュンの話題が報道番組でも取り上げられると勢いを増し、ついには再生回数を稼ぎたいユーチューバーの格好の餌食となって話は膨らむばかり。

そんな状況に動揺するミンジェや家族をよそに、ヘジュンは顔色ひとつ変えませんでした。

ヘジュンを欲するイ・テス

世間はチャーリー・チョンとヘジュンの話題で持ちきりとなり、ミンジェの元には問い合わせなどの連絡がひっきりなしにかかってくるようになりました。

ミンジェはマネージャーという立場から対応に追われるも、経験が浅いためどうしたらいいのかわからず平常心を失っていきます。

そんな最中、イ・テスから連絡があり半信半疑ながらも会いにいくことにしました。

ミンジェはイ・テスに警戒するも、意外にも彼は今回のスキャンダルの火消しについてヒントをくれたのです。

そのヒントとは、ヘジュンの彼女であるジョンハの存在を明らかにすることでした。

マスコミに新たな餌(話題)を与えて食いつかせ、チャーリー・チョンの話題から目をそらせようというもの。

しかし、イ・テスはただミンジェを助けるわけではありませんでした。

彼の狙いは、ミンジェの手に負えないほど大きい存在になったヘジョンを引き渡してもらうことだったのです。

ヘヒョがジアと手を組む⁉︎

ミンジェがジョンハにヘジュンの火消しの話を持ちかけると、「ヘジュンの役に立てるなら」とジョンハはすんなり承諾してくれました。

しかし、ヘジュンは「ジョンハの日常だけは守りたい」と頑なに反対します。

そんな中、ジョンハは自分のYouTubeチャンネルの生放送で、恋人がいることを話し始めていました。

ヘジュンがヘヒョと事務所で話をしていると、ジアから電話で「今日 ある記事が出る」と言われました。

実は、ジアはヘジュンのスキャンダルを公にした記者の元を訪れ、自分は”ヘジュンの元カノ”だと自己紹介をしていたのです。

スポンサーリンク

【青春の記録】11話プチ情報

11話のハリウッド監督との会話にて、流暢な英語を披露したヘジュン。

実はヘジュン演じるパク・ボゴムは、母国語の韓国語に加えて英語中国語日本語を操るクァドリンガル(4ヶ国語を操る人)です。

それぞれの言語の曲も出していたり、会話もスムーズにできるほどの実力を持っています。

さらに、発音もきれいだとネイティブの方々から高評価されるなど、彼の語学力がいかに優れているかがわかります。

これらは役作りのためではなく、ファンとの会話や現地でのインタビューを受けられるよう勉強したとのことで、パク・ボゴムの温かな性格が垣間見て取れます。

スポンサーリンク

【青春の記録】11話の感想

突然のチャーリー・チョンの死から湧き上がってきたヘジュンのスキャンダル。

全く裏取りをしていないことでもネタになればいいという、マスコミや世間の欲深さには恐ろしさと怒りさえも覚えました。

いくら本人が否定したり告訴しようが、盛り上がる嘘の情報の方が信じられてしまうとは悲しいものです。

そんな状況でもひたむきに生きるヘジュンですが、このタイミングでジアが出てきたことが気にかかります。

一体どんな目的があってヘジュンに近づいてきたのか、ヘヒョはジアに何を言ったのかは次回12話で明らかとなるでしょう。

12話はNetflixにて10/13〜配信開始されます。