【リバーデイル】シーズン6第21話ネタバレ考察 善と悪の戦い突入に予想外の真実が!? | Dramas Note
スポンサーリンク

【リバーデイル】シーズン6第21話ネタバレ考察 善と悪の戦い突入に予想外の真実が!?

海外ドラマ
© 2021 The CW Network, LLC. All Rights Reserved. / © Netflix. All Rights Reserved.

【リバーデイル】シーズン6第21話(第116章:スタンド)アーチーとヴェロニカがパーシバルと交渉する試みは計画通りに進まず、善と悪の力はついに対決した。そして、パーシヴァルを欺き葬ることに成功したが、予想外の出来事が待っていたーーー。

「リバーデイル」オフィシャルサイト

スポンサーリンク

あらすじ

©2022 The CW Network, LLC. All Rights Reserved.

アーチーはパーシヴァルと取引するため、交渉のプロのヴェロニカを連れてパーシヴァルの元を尋ねます。

しかし、交渉は決裂。

パーシヴァルは、レジー、ヴェロニカの祖母、死んだはずのグレン、ジェイソンを黒魔術で操りアーチー、ヴェロニカ、ベティ、シェリルを殺させようとし、町の守護者であるタバサがそれを感じ取ります。

それぞれが自分の能力を駆使して立ち向かっていましたが、ア-チーはレジーを倒したものの、魔法の剣で刺されたため重傷を負ってしまいました。

そこにタバアサとビンゴがやってきます。

ビンゴがアーチーの傷を舐めると傷は全て無くなりアーチーは元の姿に戻りました。(ビンゴには治癒力がある)

すると今度はトニがやって来て、あるぶっ飛んだ計画を伝えました。

スポンサーリンク

【リバーデイル】シーズン6第21話の解説と考察

決戦、パーシヴァルの終わり

©2022 The CW Network, LLC. All Rights Reserved.

パーシヴァルは、リバーデイルを支配もしくは破壊することが目的でしたが、今回ガ-ディアンズが考えた計画により葬ることが出来ました。

決戦の地に選んだのは、ポップの店。

これは、元々ポップの店があった場所で、早急に引っ越し作業を行い元あった場所に移動させます。

この地はかつて、パーシヴァルが処刑されるべき場所であり悪魔と契約した場所と言うことで必須条件でした。

まず、トニの提案でタバサの能力でアンソニーを大人にします。

アンソニーは不死身なので彼が生きている以上、何世紀も追われる恐れがあるためパーシヴァルが一番恐れている相手です。

パーシヴァルはトワイラたちを捨て駒にするつもりで操っていたので、ヘビはまずカジノに襲撃を掛け、アンソニーにパーシヴァルを追い詰めさせます。

ところが、寸前のところでパーシヴァルに逃げられてしまい、カジノはパーシヴァルの魔術によって封鎖され出られなくなってしまいました。

一方で、アーチーたちはポップの店でパーシヴァルを待ち伏せしましたが、能力を逆手に取られてアーチーは鉄の像に、シェリルは氷漬け、ヴェロニカは自分の毒に苦しみ、レジーはマネキンになってしまいました。

ポップの店の中では最後の砦となるジャグヘッドが待っています。

お互いの頭の中に入るという対決を行い、パーシヴァルは自分の方が強いと過信していたようで、まんまとジャグヘッドの罠にかかってしまいました。

実は、パーシヴァルが頭の中に入っている間に、リバーベイルのアーチーたちがパーシヴァルに刺し傷を負わせていたのです。(パーシヴァルがポップの店のドアをくぐった瞬間そこはリバーベイルになっていた)

現実に戻ったパーシヴァルは血だらけで、そのままタバサに1580年のリバーベイルに連れ戻されてしまいました。

なぜなら、悪魔と契約した440年前のパーシヴァルは普通に死ぬ体だったこと、リバーベイルにはサイファーがいるからです。

パーシヴァルがリバーデイルにいる以上、サイファーは手が出せませんがリバーベイルでは別です。

サイファーはそのままパーシヴァルを炎に纏い、連れ去ってしまいました。

パーシヴァルが最後の執念で残した予想外の危機

©2022 The CW Network, LLC. All Rights Reserved.

パーシヴァルはサイファーに連れて行かれる直前に「リバーデイルは渡さない」と何か呪文を唱えました。

リバーデイルに対する執着は相当深いものだったことが伺えます。

パーシヴァルを葬り、彼に処刑された仲間もシェリルの力で取り戻すことが出来、全てが終わったと思い込んでいた矢先、ヘザーがあるものを見つけました。

戦いはまだ終わっていなかったのです。

これは、最後にパーシヴァルが唱えた呪文が原因で間違いありません。

彗星は翌日、空を通るだけではなくリバーデイルに衝突することが分かったのです。

タバサが何度も見た未来図は灰に包まれたリバーデイルの町、これこそが彼女が見たものだったのです。

敗戦により町が焼け跡になったのではなく、彗星が原因でした。

ヘザーの計算によると、彗星は24時間以内にリバーデイルに衝突し、ダメージは破壊的で全てが息絶えてしまうとのこと。

パーシヴァルが居なくなって終わりになったわけではなく、破壊的な結末がやってくるという事態に……。

スポンサーリンク

【リバーデイル】シーズン6第21話の感想

【リバーデイル】シーズン6は22話が最終回となるようですが、シーズン7では「善と悪の戦いが終わり、アーチーはヴェロニカを地獄から救うために一行を率いる。一方、ベティはジャグヘッドとタバサに父親をきっぱりと殺すための協力を求め、ケビンはニューオーリンズから友人を迎える。」というストーリーになるようです。

リバーデイルを救うためにヴェロニカが犠牲になる?彼女を救うために仲間が地獄に向かう?何かとんでもないストーリーになりそうですが、このストーリーラインで考えると彗星から世界を救うことは出来るのかもしれません。

©2022 The CW Network, LLC. All Rights Reserved.

本ページの情報は2022年7月時点のものです。最新の配信状況は公式ページまたは各動画配信サービス公式サイトにてご確認ください。