PR

【リバーデイル】シーズン7第4話あらすじ ネタバレと解説/考察。

リバーデイル,シーズン7,ネタバレ サスペンス
©Netflix/©CW

【リバーデイル】シーズン7第4話ネタバレと解説/考察。エセルの両親殺害事件の第一容疑者として勾留されたエセルとジャグヘッドは、ヴェロニカに助けを求めます。一方、シェリルと偽りの関係を続けるアーチーはいよいよ取り返しのつかない事態へと追い込まれます。両者の家族間で話し合いが行われ、アーチーとシェリルの結婚が決まりました。

PR

【リバーデイル】シーズン7第4話のあらすじ

©Netflix/©︎CW

ジャグヘッドとエセルは、エセルの両親殺害事件の第一容疑者として勾留されることに。ジャグヘッドの家宅捜査でエセルの描いた両親を殺害する絵が発見されたのが決め手となり、絵を隠していたジャグヘッドもエセルと共に留置所へと連行されます。

その後、事情を聞いて駆けつけたヴェロニカのおかげでエセルの両親の死亡推定時刻が判明し、その時間パーティー会場に居たジャグヘッドは釈放されました。しかしエセルはその時間のパーティーには来ていないうえ、まだ当時の行動を証明できていないことから釈放は見送られます。

ただ、ジャグヘッドは留置所にいる内にエセルからアリバイを聞き出しており、当時エセルはシェリルの双子の兄ジュリアンと一緒に居たとのことでした。

翌日。

ジャグヘッドはエセルのアリバイを立証すべく、ジュリアンに協力を仰ぎます。ところが、ジュリアンはエセルと一緒に居たことが公になるのを嫌がり、挑発的な態度を取りました。

そんなジュリアンの態度に堪忍袋の緒が切れたジャグヘッドはジュリアンを殴り飛ばし、1度くらい正しいことをしろと言い放ちます。

これまでギクシャクした関係を続けていたベティとケヴィンは、互いに大きな価値観のズレがあるとして別れを決意します。その後、ケヴィンが同級生のクレイとデートしているのを見てしまったベティは驚きを隠せませんでした。

一方、アーチーはシェリルと偽りの関係を続けますが、やがて取り返しのつかない事態になっていきます。

シェリルが家族にアーチーと一線を超えたと話したことから両者の家族間で話し合いが行われ、ついにはアーチーとシェリルは結婚することになってしまったのです。これほど大事になってきたにもかかわらず、アーチーは覚悟を決めてシェリルを守るために結婚することを受け入れました。

PR

自覚し始めるそれぞれの感情

©︎Netflix/©︎CW

第2話から徐々にかつての自分を思い出しつつあるベティ、ケヴィン、シェリルの3人は、ようやく自分の感情に気づき始めたようです。ベティとケヴィンが価値観の違いから別れを選び、シェリルが嘘から始めたアーチーとの関係に終止符を打ったのも全て自身に秘める感情に気づいたからでしょう。

さすがにケヴィンが男性を好きだったことには動揺するベティでしたが、その後ケヴィンに自分のセクシャリティに気づいたのは素晴らしいことだと言えるところにはベティの優しさが表れていました。

その一方、シェリルは異性との付き合いに違和感こそ感じているものの、まだ自分が女性を好きだということに確信を持ててはいないようでした。とはいえ、シェリルは自らトニの元を訪れて助けを求めており、これはシェリルにとって大きな一歩だったはずです。

PR

エセルの両親を殺害したのはエセルではない⁉︎

今回、エセルの両親殺害事件の第一容疑者として勾留されたジャグヘッドとエセル。ヴェロニカが協力のおかげでエセルの両親の死亡推定時刻が判明して2人は釈放されますが、事件は振り出しに戻りました。

最も動機があるエセルの犯行ではないとなると、誰が何のためにエセルの両親を殺害したのか気になるところです。この事件に関しては依然として謎が多くて全体像が掴めませんが、もしかしたら明らかな動機のある者による犯行ではないのかもしれません。

例えば、かつてのリバーデイルで暗躍していたTBKのように独自の発想で殺人を行う者による犯行の可能性も考えられます。もしそのような人物の犯行であれば、何の怨恨もない人を無差別に殺害することは十分に考えられますし、これまでのリバーデイルを踏まえたら再び連続殺人鬼が出てきても不思議ではないでしょう。

PR

ジャグヘッドの家が荒らされていたのは本当に家宅捜査によるものなのか

©Netflix/©︎CW

ジャグヘッドは無事に釈放されてトレーラーハウスに帰ってくると、室内が驚くほど荒らされていました。

まるで空き巣にでも入られたかのような荒らされぶりで、あちこちに物が散乱して間接照明や椅子は床に転がっており、アメリカの家宅捜査の方法による違いはあるのかもしれませんが、少なくとも日本の家宅捜査では有り得なさそうな散らかり方でした。

いくら容疑者の家宅捜査とはいえ、家宅捜査に入った時点ではまだ容疑は固まっていないのにここまで乱雑に物を扱うのかについては疑問が残ります。そもそも証拠となる物を探さなければならない状況なら丁寧に物を扱うでしょうし、わざわざ間接照明を床に落としたりする必要はないように思います。

何よりも気になるのは、部屋の荒らされ方が空き巣に近いところ。時間に余裕のない空き巣は乱雑に目ぼしいもを漁るため部屋を荒らしますが、家宅捜査にきた警察が同じような漁り方をする意味がわからず謎が深まります。

©Netflix/©︎CW
本ページの情報は2023年4月時点のものです。最新の配信状況は[Netflix]  にてご確認ください。