【秀麗伝】31話と32話のネタバレ感想。麗華が宮殿で軟禁される!? | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【秀麗伝】31話と32話のネタバレ感想。麗華が宮殿で軟禁される!?

「秀麗伝」しゅってん:Amazon.co.jp

Writer: Kino

秀麗伝しゅうれいでん~美しき賢后と帝の紡ぐ愛~】31話と32話のネタバレ。麗華の手回しにより、人質の救出に成功しました。しかしそのすぐ後で、麗華は劉玄の手の者にさらわれ宮殿で軟禁されてしまいます。この記事では、ストーリーの詳細と感想をお届けします。

©China International TV Corporation All Rights Reserved.

動画配信U-NEXT 、dTV 、FOD

「秀麗伝」の記事一覧

スポンサーリンク

【秀麗伝】31話のネタバレ

さらわれた麗華

馬武が救助に駆けつけたことにより、人質の奪還に成功しました。

劉秀は馬武を通じ、麗華が人質救出のために裏で動いてくれたことを知り胸がいっぱいになります。

その一方で、こたびの救助劇により、陰家の間者のほとんどが死亡しました。

自責せずにいられない麗華が死者の供養をしていると、何者かに宮殿へ連れ去られて軟禁されてしまいます。

彼女を連れ去ったのは、劉玄でした。

一方で、麗華がさらわれたことを知った陰識いんしきは、やみくもに探すのではなくまずは情報を集めることにします。

その結果、劉玄の住む長楽宮にいると分かったため、琥珀と陰興いんきょうを救出に向かわせました。

そこに鄧奉とうほうも加わり、3人で助けることになりました。

宮殿での生活

劉玄は、麗華を宮殿に住まわせていることを周囲に隠しながら、足の治療を受けさせたり共に食事をしたりと、深い寵愛を注いでいました。

それでも、麗華からすれば劉玄は劉縯りゅうえんを殺した相手。

しかし劉玄は「仕方のないことだった」と弁明します。

「殺さなければ自分が殺されていた、劉縯が逆の立場だったなら朕を殺していたはずだ」と。

一方、麗華がかくまわれていることに気づいた韓姫は、麗華と趙姫が反目するように仕向けたものの失敗します。

それどころか、麗華への暴言を劉玄に聞かれて咎められてしまいました。

【秀麗伝】31話の感想

人質の救出には成功したものの、その際に多くの仲間が死んでしまいました。

乱世である以上は、助かる命もあれば どこかで失われる命も必ずあるのだと思わされます。

劉玄が麗華に執着しているのは、愛しているからというよりも、亡き師匠(麗華の母親)の影を麗華に重ねているからでしょう。

劉玄は腹黒い人物ではありますが、麗華を大切に思っていることだけは確かなので傷つけたりはしないはず。

麗華も、以前よりは劉玄に対して心を開いているように見えます。

ただ このまま麗華を寵愛し続ければ、いずれ趙姫までもが麗華と敵対するかもしれません……。

【秀麗伝】32話のネタバレ

丁柔との再会

元緑林軍の暴虐ぶりに憤慨する民の間では、元緑林軍の悪官を侮辱する戯れ歌がはやっていました。

それを劉玄に報告した臣下は、悪官を成敗するよう進言するも逆に自分が処刑されます。

それからというもの、臣下たちの人心が劉玄から離れていきました。

これに焦った劉玄は、元緑林軍の分断を狙うことにします。

麗華は、朱鮪しゅいの屋敷に監禁されている丁柔ていじゅうを助け出すために一芝居うちました。

体調不良を装い、「世話係として丁柔をつけてほしい」と劉玄に懇願したのです。

趙姫の口添えもあり、丁柔と再会することができた麗華は喜びました。

ついに王朗を討つ!

麗華の救出に向かう途中で馬車を降りた陰興と鄧奉は、食事の調達をしにいきます。

その間 1人で待っていた琥珀は、子供からお金を奪おうとしている男を見かけてとっちめました。

しかし実は、お金を盗んだのは子供のほうだったのです。

男は怒るどころか琥珀を気に入り、宿にまで押しかけてきましたが、琥珀は毅然とした態度で追い返しました。

その後、琥珀たちは麗華を救出するために宮中に忍び込みます。

しかし麗華は、自分が逃げれば家族や劉秀に累が及ぶと考え、しばらく宮中に留まることに。

一方で、劉秀たちはついに王朗を討ちました。

この勝利を喜んだ劉玄は、劉秀を蕭王に封じて長安に召還します。

安胎薬

趙姫はここのところ、食欲がなく体調がすぐれませんでした。

趙姫の飲んでいる安胎薬に疑念を持った麗華は、同じものを飲んで原因を確かめてみることにします。

そこへ現れた劉玄が、その薬を侍医に調べさせると、胎児の命にかかわる薬材が混ざっていることが判明。

劉玄は、韓姫のしわざに違いないと確信してすぐに問い詰めようとしますが、麗華に「証拠を見つけてからのほうが良い」と止められます。

【秀麗伝】32話の感想

趙姫は、麗華が陛下(劉玄)に寵愛されていても、嫉妬せずにこれまでのような友人関係を続けています。

ここまで麗華を信じられるなんて、よほど根が純粋なのでしょう。

麗華の周りには、他にも丁柔や琥珀といった裏切らないキャラがいるので安心して見ていられます。

一方の劉玄は、麗華をそばに置くのはただ寵愛しているからではなく、劉秀を牽制するための人質として利用する気持ちもあるのでしょう。

また、宮中には麗華の存在を邪魔に思う者も少なからずいるので、今後はその者たちが麗華を狙ってくるかもしれません。

*次回33話と34話のネタバレ感想は(こちら)から。