【楚喬伝】11話・12話・13話のネタバレ感想|星児の逃亡計画 | Dramas Note
スポンサーリンク

【楚喬伝】11話・12話・13話のネタバレ感想|星児の逃亡計画

華流
©Beijing Zhongsheng Huashi Culture Media Co.,Ltd

【楚喬伝(そきょうでん)~いばらに咲く花~】11話・12話・13話のあらすじとネタバレ感想。宋を死なせたことが発覚してはまずいと思った星児は逃亡計画を企てます。ところがその日、宇文玥に祭りに連れ出されてしまい……。

スポンサーリンク

11話のあらすじネタバレ

©2017 China International TV Corporation. All Rights Reserved.

宇文懐うぶんかいが宋の死を蒸し返そうとしていました。

故意でなかったとはいえ宋を死なせたことが発覚してはまずいと思った星児(小六)は、奴隷解放書を偽装し逃げる計画を立てます。

妹の小七と小八を先に逃がし、自身もあとで合流するつもりでした。

ところがその日、星児は宇文玥うぶんげつに祭りに連れ出されます。

祭りの途中で宇文玥の目を盗んで逃げた星児は、梁の公主とその従者である隠心いんしんとすれ違いました。

隠心は、星児がかつて因縁のあった洛河の娘(風雲令主)に似ていると思い、それを確かめるため戦闘を仕掛けます。

そこへ、燕洵えんじゅんが助けに現れ、2人は逃げているうちに穴に落ちてしまいました。

穴を脱出した星児は妹たちとの待ち合わせ場所にたどり着いたものの、妹たちは貴族に連れ去られた後でした。

スポンサーリンク

11話の感想

宇文玥は普段は知的で大人なのに、恋愛が不器用すぎて笑ってしまいました。もしかして初恋でしょうか。

そんな宇文玥を演じる林更新ケニー・リンは、【宮廷女官 若曦】では14皇子役でしたが、雰囲気が全く違うあたりさすがは俳優ですね。

今回登場した隠心は、星児の過去を知る重要人物になりそうな予感。中国版のあらすじを確認したところ、公主と隠心は梁の登場人物のようです。

スポンサーリンク

12話のあらすじネタバレ

©2017 China International TV Corporation. All Rights Reserved.

星児は小七と小八が貴族の男に絡まれているところを助けました。

兵が脱走者を追っている今、自分たちも逃げれば殺されてしまうと思った星児は、妹たちを説得し宇文府に戻ることに。

宇文府では、朱執事らが宋の死体を捜索していました。

そんな中、星児は逃亡しようとしたことを伏せたまま 帰宅が遅くなった理由を宇文玥に説明します。

しかし、彼にはすべてを見抜かれていると分かると、星児は兄を殺した黒幕の宇文懐に仇を討ちたいと本心を打ち明けました。

そして星児は、同じく宇文懐に祖父を殺された宇文玥も宇文懐を憎んでいるはずだと考え、力を貸して欲しいと懇願します。

翌朝。

3つの死体が見つかったものの、その中に宋の死体はありませんでした。実は、宇文玥があらかじめ宋の死体を引き上げていたのです。

こうして 難を逃がれ部屋に戻った星児は、小七と小八から自分は荊家の本当の娘ではないと聞かされます。

スポンサーリンク

12話の感想

宇文玥はひそかに星児を助けてくれていました。冷たく見えても、言動の節々から優しさが感じられます。

対して星児は、宇文玥に話したことがどこまで本心でどこから演技なのか いまいち見えてきません。宇文玥からすると、そんなところが気になって仕方ないのかも?


阿羅役の李春嫒は 【瓔珞】や【コウラン伝】では悪女ポジでしたが、本作では星児を慕う純粋な役どころのようです。こういった可愛らしい役も似合いますね。

スポンサーリンク

13話のあらすじネタバレ

©2017 China International TV Corporation. All Rights Reserved.

魏と燕北の機密である辺境勢力図が流出し、粱の間諜の仕業だと知らない皇帝は燕北に疑いの目を向けます。

そんな中、宇文灼は星児を鍛えるよう宇文玥に命じました。

宇文玥は、16年前に母が極楽閣で乱心した理由と引き換えに承諾します。

星児が再び厳しい訓練を始めると、元嵩がやってきて彼女を花吹雪の舞う場所へと連れ出しました。

朱執事に見張られていると気づいた星児はわざと捕まり、宇文懐と対峙し腹を探ります。

そこへ、燕洵が助けに現れました。

極楽閣。

南朝秘府(江南の秘密組織 )の令牌を持つ隠心いんしんが現れ、宇文席に「蝶紙楼の隠し通路の地図を渡せ」と脅迫します。

逆らえない様子の宇文席はすんなり地図を渡しました。

スポンサーリンク

13話の感想

友人関係にある宇文玥、燕洵、元淳の3人は全員星児が好きなのですね。

今のところ3人の友情はこじれておらず、変にドロドロしていないのが◎。星児をめぐる燕洵と元淳の軽口は微笑ましいものでした。

これだけ色々な人に愛され守られていれば、この先も星児は安全でしょう。

ストーリーは進んでいるようで進んでいない印象を受けますが、星児が間謀として動き出せばその印象も変わるかもしれません。

©2017 China International TV Corporation. All Rights Reserved.

本ページの情報は2022年9月時点のものです。最新の配信状況は公式ページまたは各動画配信サービスにてご確認ください。