PR

蒼蘭訣(そうらんけつ)~エターナル・ラブ~12・13・14話ネタバレ

ファンタジー
© BEIJING IQIYI SCIENCE & TECHNOLOGY CO., LTD. All rights reserved.
*この記事にはプロモーションが含まれています
作品情報

蒼蘭訣(そうらんけつ)~エターナル・ラブ~12・13・14話ネタバレ。巽風たちの拝謁の時、小蘭花(心は東方青蒼)は東方青蒼(心は小蘭花)がボロを出さないようについて行きます。それを見た巽風たちはそこまで寵愛されているのかと驚き……。

PR

12話 蒼鹽海に向かう長珩

身代わり

長珩は丹音を自分の姿に変えて身代わりにし、蒼鹽海に向かいます。蒼鹽海では巽風と南北の幽王が東方青蒼に拝謁に来て、小蘭花(心は東方青蒼)は東方青蒼(心は小蘭花)がボロを出さないようについて行きます。

小蘭花が東方青蒼の謁見についてきたのを見た巽風たちはそこまで寵愛しているのかと驚きました。南北の幽王の水雲天の攻撃策を聞いた東方青蒼(心は小蘭花)は怒り出して策が書かれた図面を燃やしてしまいます。小蘭花(心は東方青蒼)は愚策だから燃やされたのだと言ってごまかしました。

ところが東方青蒼(心は小蘭花)は今度は父を殺したことを悔い、今後は残酷な殺生はしないとまで宣言してしまうのでした。

一方、姿を長珩に変えられて涌泉宮で身代わりをしている丹音を父である澧沅仙尊が訪ねてきます。澧沅仙尊は丹音が長珩のもとで仕事をするのを警戒し連れ戻しに来たのです。長珩(心は丹音)は連れ戻されないように丹音は涌泉宮に欠かせない存在だと強調するのでした。

また、長珩(心は丹音)は澧沅仙尊に小蘭花が仙族のどの系統にも属さないのなら滅びた息蘭族なのでは?と尋ねました。澧沅仙尊はかつて息蘭族を見たことがあるが、小蘭花の根や茎は見たことのないものだったと言います。

小蘭花がもし長珩の許嫁の息山神女だったらと心配していた長珩(心は丹音)はホッとするのでした。そこへ容昊が訪ねてきて……。

巽風の確信

蒼鹽海では小蘭花(心は東方青蒼)が沐浴をすると聞いて東方青蒼(心は小蘭花)が慌てていました。

小蘭花(心は東方青蒼)に自分の体を見られたくない東方青蒼(心は小蘭花)は目隠しをさせ、小蘭花の体を洗ってやるのでした。

涌泉宮では澧沅仙尊が帰った後、容昊が目の前の長珩の正体を丹音だと見破りました。丹音は容昊を長珩の親友と見込んで事情を明かします。

蒼鹽海では侍女が巽風に小蘭花が東方青蒼に体を洗わせていたと報告していました。

巽風はそれを聞いて東方青蒼の正体を怪しみ、東方青蒼(心は小蘭花)に腕比べを申し込みます。小蘭花(心は東方青蒼)が口を挟みますが、巽風によそものは出て行くように言われてしまいます。

小蘭花(心は東方青蒼)は東方青蒼(心は小蘭花)に小声で”觴闕”と言い残して部屋を出て行きました。東方青蒼(心は小蘭花)は觴闕に巽風と手合わせをしてやるように命じます。

巽風は東方青蒼(心は小蘭花)に「子供の頃兄上に教わった黒殺斬こくさつざんは恐るべき技です。觴闕に防げるか分かりません」と言いました。

実は東方青蒼は子供の頃巽風に黒殺斬を教えていなかったのですが、それを知らない東方青蒼(心は小蘭花)は否定しません。巽風は今の東方青蒼は何者かがなりすましていると確信するのでした。

夜になり、海市主は巽風に祟気を見せ、弱っている東方青蒼の体内に注入すればたやすく殺せると言いました。

その夜、雷が落ちる場所を予測した小蘭花(心は東方青蒼)は東方青蒼(心は小蘭花)を連れて林の中へ行きます。そこへ海市主と蝶衣が現れ、東方青蒼の中身は小蘭花だと指摘しました。

小蘭花(心は東方青蒼)は東方青蒼(心は小蘭花)の前に出て、海市主の攻撃から守ろうとします。その時、長珩が小蘭花(心は東方青蒼)の前に立ち、海市主の攻撃に応戦しました。

しかし長珩は耐え切れず膝をついてしまいます。小蘭花(心は東方青蒼)は長珩に駆け寄ろうとする東方青蒼(心は小蘭花)を術で遠くへ飛ばしました。

海市主は東方青蒼(心は小蘭花)を追うと言って蝶衣とともに姿を消します。長珩は小蘭花(心は東方青蒼)に一緒に帰ろうと言って手を差し出しますが……。

PR

13話 ”喜び”の感情

雷の中の口づけ

小蘭花(心は東方青蒼)は長珩の手を咬んで逃げ、林の中で東方青蒼(心は小蘭花)を捕まえます。

雷が鳴りそうになり、小蘭花(心は東方青蒼)は急いで口づけしようとしますが、東方青蒼(心は小蘭花)は今元に戻ったら長珩の命が危ないと考えて拒否します。

その時、長珩が小蘭花を捜しに来ました。小蘭花(心は東方青蒼)は東方青蒼(心は小蘭花)を木の陰に残し、1人で出て行きます。

小蘭花(心は東方青蒼)は長珩の前で東方青蒼を月尊様と呼び、”月尊様はあなたと違って私を守り誰にも傷つけさせない だからここに残る”と言い、長珩はショックを受けるのでした。

木の陰で話を聞いていた東方青蒼(心は小蘭花)は思わず音を立ててしまいます。長珩が音の方に向かって攻撃をすると、そこには容昊が立っていました。

容昊は東方青蒼(心は小蘭花)に笑顔を向けて手を引き、木の陰から出てこさせます。

そして容昊から小蘭花と東方青蒼が入れ替わっていると聞いた長珩は自分が術で戻すと言いますが、東方青蒼(心は小蘭花)は東方青蒼が霊力を取り戻したら大変だから解かないでほしいと言います。

長珩と容昊は次のような策を考えました。

東方青蒼の体から小蘭花の魂だけを抜き出して水雲天に連れ帰り、魔法で体を作り直して魂を入れる。そして今の小蘭花の体は東方青蒼の魂を封印したまま破壊する。

ところが容昊が小蘭花(心は東方青蒼)を破壊しようとした時、東方青蒼(心は小蘭花)は小蘭花(心は東方青蒼)に駆け寄って口づけします。その時、雷が鳴り、2人は元に戻りました。

東方青蒼は霊力を取り戻し、長珩と容昊を攻撃。長珩は反撃しようとしますが、東方青蒼は長珩の目の前でわざと小蘭花に口づけします。容昊は長珩を連れて逃げました。

小蘭花は東方青蒼が口づけしたことを怒って立ち去ります。その時、觴闕が宮殿で巽風が謀反を起こしたと報告に来ました。

巽風の謀反

東方青蒼は宮殿に戻って玉座に座る巽風を問い詰めます。巽風は東方青蒼の顔を見て元に戻ったことに気づき攻撃しますが、反撃されて倒れてしまうのでした。

水雲天に戻った容昊は仙気が消えそうな長珩に自分の力を分け与えるのでした。

蒼鹽海では觴闕が東方青蒼に、巽風には海市主が力を貸していたと報告します。また觴闕は東方青蒼に、小蘭花が東方青蒼の体の中にいる時に霊力がなくなっていることを自分に明かしていたことも報告しました。

東方青蒼がなぜ霊力のない時に殺して月尊の座を奪おうとしなかったのかと尋ねると、觴闕は「大事な方を裏切ったりしません」と答えます。

そう言われた東方青蒼は以前に小蘭花が言った「觴闕は裏切ったりしない」という言葉を思い出すのでした。

一方、目覚めて再び蒼鹽海へ行こうとする長珩。丹音は容昊が一生の半分の力を使って傷を治療したのにと言って長珩を止めました。

その後、雲中君が長珩を呼び出して蒼鹽海へ行ったことを咎めます。そこへ容昊と丹音が駆けつけて長珩をかばいました。それにも関わらず雲中君は長珩の霊力を封印してしまいます。

蒼鹽海では東方青蒼が小蘭花の禁足を解きました。東方青蒼は小蘭花が侍女たちと楽しそうにしているのを覗き見します。

東方青蒼は小蘭花の感情が同期されるのを防いでいた幽玉戒を指から外し、目を閉じて小蘭花の”喜び”の感情を感じるのでした。

PR

14話 結黎の策

結黎との再会

小蘭花に根を治す薬を売った結黎けつれいは海市の刺客に追われ、蒼鹽海にやってきます。結黎は小蘭花に偽の司命殿に住まわせるように迫りました。

その時、東方青蒼が偽の司命殿に来ます。小蘭花は結黎を隠れさせて東方青蒼に応対。東方青蒼は小蘭花に早く命簿を修繕するように催促しました。

小蘭花は本当は自分にはあの命簿を修繕する力はないと明かします。東方青蒼は結黎が隠れていることを見抜き、命簿の修繕ができなければ結黎を殺すと言いました。

東方青蒼は觴闕に結黎を見張るように言いますが、小蘭花は觴闕を説得して偽の司命殿で結黎を預かることにします。偽の司命殿で結黎は小蘭花に、東方青蒼に好かれてるなら利用すればいいと吹き込むのでした。

七情

その後、小蘭花は東方青蒼を驚喜させたいと言って偽の司命殿に呼びました。東方青蒼は幽玉戒を外して偽の司命殿に向かいます。小蘭花は結黎に教えられたとおりに東方青蒼に愛嬌を振りまきますが、効果はありません。

東方青蒼は小蘭花に業火を見せ、これを会得するために太古の秘術で七情(喜・怒・憂・思・悲・恐・驚の感情)を断ち切ったと言います。

それを聞いた小蘭花は自分が心の中の七情の木を治すと宣言しますが、東方青蒼はできるわけがないと一蹴。東方青蒼が立ち去った後、小蘭花は結黎から感情をわかせる薬を買います。

その頃、東方青蒼は南北の幽王と巽風の処分について話し合っていました。まだ幽玉戒をはめていなかった東方青蒼は、小蘭花が感情をわかせる薬を飲むたびに急に笑い出したり泣き出したりしてしまいます。

小蘭花の仕業だと気づいた東方青蒼は南北の幽王を下がらせ、觴闕に幽玉戒を取りに行かせました。幽玉戒をはめて落ち着いた東方青蒼は小蘭花と結黎を呼び出します。

東方青蒼は術で結黎の首を絞めて懲らしめ、小蘭花に「次はないと思え」と言うのでした。

水雲天では容昊が長珩の霊力の封印を解いていて……。

PR

感想

東方青蒼(心は小蘭花)は東方青蒼に霊力を取り戻せないために元に戻ることを拒否していたのに、容昊が小蘭花(心は東方青蒼)を破壊しようとしたら結局口づけして元に戻してしまったのですね。

小蘭花は破壊される東方青蒼が哀れになってしまったのでしょうか。

また東方青蒼は元に戻った後、なぜまた小蘭花に口づけしたのでしょうか?長珩に対するマウント⁉

口では七情に未練はないようなことを言っている東方青蒼ですが、陰では幽玉戒を外して小蘭花の”喜び”の感情を感じていたとは……東方青蒼と小蘭花の関係は今後どうなっていくのでしょうか。

Photo:「蒼蘭訣~エターナル・ラブ~」© BEIJING IQIYI SCIENCE & TECHNOLOGY CO., LTD. All rights reserved.
本ページの情報は2024年6月時点のものです。最新の情報は公式ページまたは各動画配信サービスでご確認ください。